井手克哉と小嶋拓海と18歳少女を逮捕 歌舞伎町1丁目らんざんビル3Fの店舗で無許可営業でぼったくり行為

井手克哉と小嶋拓海と18歳少女を逮捕 歌舞伎町1丁目らんざんビル3Fの店舗で無許可営業でぼったくり行為

マッチングアプリで客引きして、ぼったくり店に連れて行くのって効率悪いような気がするけど、1年で4500万円の売上があるならそうでもないんやな。

それだけ騙される男が多いって事か。

スポンサーリンク

歌舞伎町の「プチぼったくり店」摘発 井手克哉容疑者ら3人逮捕

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
東京・歌舞伎町の飲食店で無許可で接待営業をしたとして、警視庁保安課は1日、同店経営、井手克哉(23)=新宿区西新宿8=と従業員の少女(18)=中野区=ら男女3人を風営法違反(無許可営業)の疑いで逮捕したと発表した。同店は男性客にアルコールを注文させ、少し高い代金を請求する「プチぼったくり店」と呼ばれており、都内では同様の店舗が最近増えているという。開業した2020年9月以降で約4500万円を売り上げたとみて調べている。

逮捕容疑は11月9日、新宿区歌舞伎町1のビル3階にある店舗で、都公安委員会の許可を受けずに20代男性に接待営業をしたとしている。井手容疑者は否認し、少女は容疑を認めているという。

同課によると、男性はマッチングアプリを通じて少女と知り合った。一般人を装った少女から「知人の店に行こう」と誘われ、カクテルなどを注文。代金として約3万5000円を請求されたという。

同店を巡っては20年9月以降、「マッチングアプリで知り合った女性に連れて行かれ、通常より高い料金を請求された」などという相談が警視庁に約30件寄せられていた。いわゆる「ぼったくり店」は客に法外な料金を請求するケースが多いが、同店は請求代金を10万円以内に抑え、客がギリギリ支払える範囲内にしていたという。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

井手克哉と小嶋拓海と18歳少女を逮捕 歌舞伎町1丁目らんざんビル3Fの店舗で無許可営業でぼったくり行為

警察はぼったくりじゃ民事不介入で動かんからねぇ。

30件も相談が寄せられてようやく重い腰を上げて、風営法の無許可営業で逮捕したと。

大阪はぼったくり禁止条例があるから、ぼったくりでも動けるけど、東京では風俗にしか適用されとらんからなぁ。

ぼったくりを撲滅するのは、なかなか難しいようで。

スポンサーリンク

現場は新宿区歌舞伎町1丁目らんざんビル3Fの店舗

現場は

現場は新宿区歌舞伎町1丁目らんざんビル3Fの店舗

この画像から

東京都新宿区歌舞伎町1丁目4−8らんざんビル3Fの店舗と。

店名は分からんけど、とにかくここにマッチングアプリで誘い出した客を連れて行って、ぼったくったわけですな。

それにしても、マッチングアプリで客引きするのって効率悪いような気がするんやけど、それが増えてるんですな。

スポンサーリンク

激増する“マッチングアプリ詐欺“

マッチングアプリで「ぼったくりバー」に連れていかれた…注意すべき女性とは | 日刊SPA!
激増する“マッチングアプリ詐欺“の被害者に直撃!出会いの場には色恋をちらつかせて犯罪行為を行う不届き者も紛れ込む。それはマッチングアプリも同様。江川敬之さん(仮名・32歳)もアプリで出会った女性から…
出会いの場には色恋をちらつかせて犯罪行為を行う不届き者も紛れ込む。それはマッチングアプリも同様。江川敬之さん(仮名・32歳)もアプリで出会った女性から”ぼったくり被害”に遭ったというのだ。

「マッチングアプリ歴はもう5年近くあり、外国人女性からの『金銭援助してほしい』など“国際ロマンス詐欺”は避けるなど、警戒心は高いほうでした。ただ、魔が差したというべきか……。

某アプリで上戸彩似の女性とマッチングし、『アプリじゃなくLINEでやり取りしない?』『近いうちに会わない?』と、トントン拍子すぎて舞い上がっていたみたい……」

女性と待ち合わせたのは歌舞伎町

女性と待ち合わせたのは、緊急事態宣言下で人けの少ない歌舞伎町。彼女は「Instagramが“映え”する店があるから、そこに行こう!」と連れていかれたのは雑居ビルにある地下のバーだった。

「看板も出ていなかったので違和感はありました。でも、女性から『隠れ家的なバーだから』と言われ、チャンスを逃したくなくて入店。

料金表を見て驚愕で、カクテル一杯3000円、“映え”どころか貧相なサラダが5000円。

彼女も態度豹変して、僕の話はほぼシカト。怖くなって帰ることを告げたら、僅か20分の滞在で総額5万円の伝票を渡されました……」

激増してるって事は、これがぼったくりの常套手段になってるわけか。

1年で4500万円も売り上げるんやから、それだけ客が釣れるって事なわけで、それだけ悲しい男が多いって事なんですな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、この手のプチぼったくり店が増えてるようなんで、注意しましょうって事ですな。




Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました