【社会】JR車掌「言葉遣いに気を付けろ」 北陸線、乗客の胸ぐらつかみ暴言

シェアする




JR車掌「言葉遣いに気を付けろ」 北陸線、乗客の胸ぐらつかみ暴言

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010001-fukui-l18






これ謝罪せなあかん話かね。

トラブルを起こしたのはJR西日本金沢支社福井運転センターに所属する30代の男性乗務員。学生側によると、男子学生は11日午後6時ごろ、無人の王子保駅(福井県越前市)から乗車。敦賀駅(同県敦賀市)に向かう途中で切符の有無を車掌に確認され、購入しようと「いくらっすか?」と尋ねたところ、車掌が学生の胸ぐらをつかみ「言葉遣いに気を付けろ」とにらみつけたという。また、音楽を聴いていたイヤホンを引き抜かれたり、購入後に再び胸ぐらをつかまれ「こっちに来いや」と引っ張られたりしたという。

キセルがバレて開き直ってるガキに注意しただけやん。

胸ぐらつかんだのが行きすぎなんかもしれんけど、キセルするようなクソガキやで。

これぐらいやらんと効き目ないやろ。

イヤホン引き抜いたのも…

同支社広報室は「車掌からは、学生が車内改札時に寝たふり、聞こえないふりをしているように見えて、イヤホンを外して声かけしたと聞いている。乗車駅を聞いてもなかなか答えないと思ったようだ」としている。

当然やろ。

何が悪いんかさっぱり分からん。

ちゅうか、こういう悪態ついてて、ちょっと胸ぐら捕まれたぐらいで泣きつくんやな。

学校で「体罰、体罰」だの「教育委員会に言うぞ」って言う最近のクソガキらしい話ですな。

自分では何にもできんくせに、大きな力を利用する小賢しさだけはあると。

それもこれも、いちいち全てのクレームに対応する風潮のせいですな。

真っ当なクレームには、真摯な対応をするべきやけど、クレームの中にはどう考えても相手が悪いのもあるわけで、それを全て同じ対応する必要はないねん。

「お客様は神様」ってのを真に受けて、客やから何しても良いと思ってるアホがおるけど、客だろうがあかんもんあかんし、客を選ぶ権利ってのもある。

そろそろ、クレームに対するこういう対応から卒業して欲しいもんです。


サービス発展途上国日本―“お客様は神様です”の勘違いが、日本を駄目にする

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!