スポンサーリンク

この国で進んでるのは「少子化」じゃなく「少親化」

TV・マスコミ・芸能関係
スポンサーリンク

少子化じゃなく少親化らしい…今日この頃。
フムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!

ドラマGOLDの天海祐希演じる早乙女悠里のセリフなんやけど、少子化について聞かれて…


「私は子供が少ないというより親が少ない、つまり”少親化”がこの国で進んでいると考えています」

で、さらに、親になる覚悟も資格もない大人が増えてると。

さすがは、「同情するならカネをくれ!!」っちゅう流行語を生み出した野島伸司。

本質の見極めが見事です。

で、「覚悟」とは…


子供が何か犯罪を犯したら、一緒に刑務所に入ること

「親」になるっちゅうことは、それだけに「責任」があるっちゅうことですな。

で、資格とは…


犬を飼えるかどうか

食事やうんち、散歩、そういう世話が出来るかどうかっちゅうことなんやけど、散歩中にうんちしてもそのまんまとか、自分の都合で捨てたりするヤツようけおるからなぁ。

犬の世話すらできんのに子供の世話なんか以ての外ってことですな。

だから、覚悟も資格もないのに子供を産む必要はないと。

うなずくことの多いドラマですわ。

少子化問題とか、格差社会、ゆとり教育、ひきこもり、平等社会の否定、今の家族間の問題をズバッと斬ったドラマなんやけど、何故か視聴率が回が進む度に下がっとるんですけど…

良い問題提起してるのになぁ。

テーマは重いけど、天海祐希と長澤まさみのコントで見やすくなってるのに…

こういうドラマは、もっと家族で見るべきやと思うな。

それにしても、こういう親子の問題もそうやけど、「男女間に友情はあるか」とか、「親友はいるか」とか、なかなか本質を突いた正論で、しかもそれを天海祐希に言わせるから、グゥの音も出んわな(笑)

ちゅうか、価値観が一緒で、大いにうなずいてるわ。

何で視聴率が10%ちょっとなんやろ?

まぁ、今、ドラマで視聴率取るのって、大河ドラマぐらいやからなぁ。

価値観を共有するのは難しい時代なんかもな。

話は変るけど、野島伸司っちゅうとノリピーとつき合ってたこともあるんやけど、あんな事件があったからひとつ屋根の下の続編ってもうないんやろなぁ。

個人的には、続きが見たいんやけど…

何にしても、こういうドラマを見て、国民全員が「共通の価値観」を持って、ネグレクトやら虐待やら、子供の自殺や殺人のニュースが少しでも減ればええと思う今日この頃です。


ふにゃふにゃになった日本人―しつけを忘れた父親と甘やかすだけの母親

コメント