五頭連山で渋谷甲哉さん(37)と空くん(7)が遭難してる件で新潟県警が謝罪 「初動の遅れがあった」

シェアする




これって警察が謝罪せなあかん話なんやろか?

まぁ、ミスはミスとして謝罪するとしても、そもそも、この前まで幼稚園児やった子供を連れて軽装で雪山に登るのがおかしいと思うんやけど。

父子の山岳遭難、連絡ミスで初動に遅れ 新潟県警が謝罪

父子の山岳遭難、連絡ミスで初動に遅れ 新潟県警が謝罪(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山へ5日に登山に出かけて行方不明になっている親子を - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)
新潟県阿賀野市の五頭(ごず)連山へ5日に登山に出かけて行方不明になっている親子をめぐり、県警は10日夜、記者会見を開き、連絡ミスで捜索の開始が遅れていたと明らかにした。県警阿賀野署管内の駐在所員が従来の説明より約9時間早く遭難の可能性を知らされていたが、署や県警本部に伝わっていなかった。水沢晴夫・県警地域課長は「捜索を組織的に始めるべきだった。初動の遅れがあった」と謝罪した。

署によると、行方不明になっているのは新潟市北区の会社員渋谷甲哉さん(37)と、長男で小学1年の空くん(6)。

署はこれまで、渋谷さんの父(73)が6日午後6時ごろに署を訪れて遭難届を出したと説明。だが実際は同日午前9時20分に父が管内の駐在所を訪れ、駐在所員の60代男性巡査長に口頭で、5日に親子から道に迷った連絡を受けたと伝えていた。駐在所員は署に伝えず、自ら山のふもとにパトロールに行ったという。9日、阿賀野市から署への情報提供で明らかになった。

県警が捜索を始めたのは7日早朝。親子の行方は10日夜時点でわかっていない。

親子は5日午前に入山したとみられる。松平山(標高954メートル)に向かう登山道で5日午後2時ごろに似た親子が目撃されている。5日夕、渋谷さんの父に携帯電話で「道に迷ったので野宿する」との連絡があり、6日朝には「これから下山する」と話したという。

松平山は標高は低いからって事で子供でも大丈夫やと思ったんかもしれんけど…

健脚向きで一般登山者はご遠慮下さいって言うとるんやから、どう考えても6歳にゃ無理やん。

「ミス」があるとしたら、この時点で最大のミスを犯してるって事ですな。

まぁ、60代の駐在も何を思ってパトロールに行ったんやろな。

1人で行っても何もできんやろうに。

この時点で本部に連絡してりゃ、違う方法が取れたかもしれんってのは理解できるし、それでこれを「ミス」としたいのも分かるけど、これだけ捜索して手掛かりがないんやから、どっちにしても変わらんかった気がするな。

駐在がボンクラなのは間違いなさそうやけど。

それにしても、新潟県知事が援交で辞任したと思ったら、親子が遭難に、女児が殺されて線路に置かれる凶悪事件と、何とも重なるもんですな。

この謝罪で捜索の人員を増やすって事になるんやろうけど、女児殺害の犯人も捜さなあかんし、新潟県警にそんな余裕あるんかね。

個人的には、女児殺害の犯人捜しに全力をあげて欲しいとこやけど。

何にしても、気軽に山に登って気軽に遭難するケースが増えてるけど、登山は自己責任なんで、遭難する事も想定して、十分な準備をして登山して欲しいもんです。


山岳遭難は自分ごと 「まさか」のためのセルフレスキュー講座

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!