フランス人が笑う!日本で見つけた変なフランス語トップ10を見て感心した

シェアする

フランス人が笑う!日本で見つけた変なフランス語トップ10を見て感心した…今日この頃。
“Ωヾ( ̄o ̄)ヘェー

オイラ、アメリカ大陸1周したことがあるんやけど、その時、カナダの東側がフランス語って事を知らんくて、えらい困った事を思い出した(笑)

で、そのトップ10なんやけど…




フランス人が笑う!日本で見つけた変なフランス語トップ10


1.ラ・フランス=La France

フランスじゃラ・フランスって言わんか(笑)

正しくはLa poire(ラ・ポワー)なんやって。


2.ランデブー=Rendez-vous

「ランデブー」なんか今時歌詞にも出て来んと思うけど…

ちなみにフランス語で「ランデブー」は人と会う約束全般を指すらしく、歯医者の予約もランデブーなんやと。


3.ルージュ=Rouge

ルージュは赤で、口紅はRouge a levres(ルージュ・ア・レーブル)なんやと。

ピンクとかオレンジの口紅を「ルージュ」って言うのはそもそも間違いらしい。


4.アンニュイ=Ennui

アンニュイは、退屈、面倒、不安って言葉で、日本人の使う「ミステリアスな雰囲気」みたいな意味はないらしい。


5.アベック=Avec

アベックも死語やけど、そもそもの意味は英語の「with」で恋人限定やないんやとか。


6.アラカルト=a La Carte

本来の意味は、コース料理やなくて単品で注文することらしい。

日本人は料理以外でも「アラカルト」って使うもんな。


7.ミルフィーユ=Milles Feuilles

本来の発音は、ミルフォイユなんやと。

ミルフィーユをフランス人が聞くと「千人の女の子」になるらしい。


8.シュークリーム=Chou a la creme

そもそも「クリーム」が英語やん。


9.シュール=Surrealisme

フランス語のシュールは、「超現実主義な芸術の形態」なんやとか。

日本で「シュール」って、「ちょっと変わった」とかって意味か?

いまいち使い方が分からん。


10.コッペパン=coupe pao

パンはポルトガル語やからな。

そもそも、あんな柔らかいパンってフランスにないやろ。

とにかく、「外来語」は、日本人がだいぶアレンジしてるようですな。

言葉遊びの好きな日本人ならではか。

ちゅうか、フランス語って触れる機会がないからなぁ。

大学でも第2外国語はドイツ語やったし…

それに、フランス語は、聞き取りづらい(笑)

まぁ、2度と触れることも使うこともないからええか。

何にしても、色々と発見があっておもしろかったです。


間違いだらけのカタカナ英語―知らないと恥をかく外来語の基礎知識

シェアする

フォローする