スポンサーリンク

新国立競技場の建設工事に関わっていた23歳の新卒男性が今年3月に失踪し過労自殺 時間外労働212時間

スポンサーリンク

エンブレムのパクリ問題から始まって、色々とトラブル続発の2020東京五輪やけど、とうとう死者が出たか。

それにしても、新卒の人間に新国立の現場監督なんかやらせるんやな。

スポンサーリンク

五輪・新国立競技場の工事で時間外労働212時間 新卒23歳が失踪、過労自殺

五輪・新国立競技場の工事で時間外労働212時間 新卒23歳が失踪、過労自殺(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
新国立競技場の建設工事に関わっていた23歳の新卒男性が今年3月に失踪し、長野県で遺 - Yahoo!ニュース(BuzzFeed Japan)
何が起きていたのか。

男性は、大学卒業直後の2016年4月、都内の建設会社に就職し、現場監督をしていた。

2016年12月17日、新国立競技場地盤改良工事に従事することになって以降、極度の長時間労働、深夜勤務、徹夜が続いた。自殺直前の1カ月で、徹夜が3回もあり、夜22時以前に仕事が終わったのは5日だけだったという。

男性は2017年3月2日、突然失踪した。「今日は欠勤する」と会社に連絡があり、それを最後に一切連絡がとれなくなった。誰からの連絡にも応じなくなった。

そして、4月15日に長野県内で遺体が発見された。警察・病院の捜査の結果、「3月2日ごろに自殺」と判断された。

男性は診断を受けていないが、遺族側代理人の川人博弁護士は、業務上のストレスもあいまって精神障害を発病した、と推定できるという。

「新国立」工事、スタートの遅れが……

男性が関わっていたのは、セメントを注入して、軟弱な地盤を改良していくという地盤改良工事。チームは5人程度で、新卒は彼ひとりだけだった。現場では、写真撮影、材料の品質管理、安全管理などを担当していた。

新国立競技場は、設計段階で計画が二転三転し、工事のスタートが非常に遅れた。

この結果、競技場建設に携わる労働者には、「オリンピックに間に合わせる」ため、大きな重圧がかかっていたと、川人弁護士はいう。地盤改良は、基礎工事の前段階で、すべての工事の前提となるものだ。その作業日程は、極めてタイトなものになっていた。

新国立も色々あったトラブルの1つでザハ・ハディドのデザインを実現する為の建設費2500億円が高すぎるって事で白紙撤回されて着工が1年遅れとるのに、その新国立の現場監督を新卒にやらせるってのがそもそも理解不能ですわ。

まぁ、自殺するぐらいなら辞めりゃええと思うけど、真面目な人間なら確実に追い込まれる環境にあったやろな。

で、遺書が…

「突然このような形をとってしまい、もうしわけございません。身も心も限界な私はこのような結果しか思い浮かびませんでした」

「家族、友人、会社の方、本当にすみませんでした。このような結果しか思い浮かばなかった私をどうかお許しください。すみません」

この遺書からも真面目で責任感が強い人柄が伝わってくるけど、死なんとそのまま失踪してりゃ良かったのに。

何とも切ない遺書ですな。

ちゅうか、前回の東京オリンピックの英雄の円谷幸吉も自殺しとるんやけど、その時の遺書が…

円谷幸吉の遺書

円谷幸吉 - Wikipedia
父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。
干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。
又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。
モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません。
何卒 お許し下さい。気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました。

何か似とるな。

こうやって真面目で責任感の強い若者をよってたかって死に追いやるってのは、50年前から何にも変わっとらんって事ですな。

若者の死因1位が自殺なのもしゃあないか。

何にしても、今後のスケジュールを考えると、まだ犠牲者が出るかもしれんので、その辺の労働管理はちゃんとして欲しいもんですな。

ちゅうか、アベノミクスとやらで上の方はウハウハみたいやけど、こうやって若者が過労自殺に追い込まれる。

ほんま、この国はどこに行こうとしてるのやら。


2020年 東京五輪の黒いカネ

虐待・虐め・自殺
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました