スポンサーリンク

包丁を持って妻を追いかけたDV夫の片山浩行容疑者(54)に警官が拳銃を構える 夫はその場で自殺

スポンサーリンク

DV野郎でも自殺するんやな。

まぁ、DV野郎ってのは基本的に気が小さいみたいやし、お巡りが拳銃を構えりゃ相当ビビるか。

ちゅうか、54歳にもなって面倒臭いおっさんですな。

それにしても…

スポンサーリンク

「包丁捨てろ」拳銃構えた警官、男は自殺 妻がDV被害

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000039-asahi-soci
4日午前5時5分ごろ、大阪府東大阪市川田2丁目の市道で、近くに住む女性(53)が包丁を持った夫(54)に追いかけられているのを、110番通報で駆けつけた警察官が見つけた。府警によると、河内署の男性巡査長が拳銃を構えると、夫は自らの首や胸を刺した。夫は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され、搬送先の病院で死亡した。女性は夫から家庭内暴力(DV)を受け、2月から実家に戻っていた。

河内署によると、夫は栃木県栃木市皆川城内町、無職片山浩行容疑者。午前5時前に女性の実家を訪れ、「話をしよう」と玄関先に入ってきたという。女性が逃げだすと、持参していたとみられる刃渡り18センチの包丁を持ち、追いかけた疑いがある。巡査長は住宅街の路上で拳銃を構え、「包丁を捨てろ」と警告したが、数分後に自らを刺したという。

女性は栃木県警や大阪府警にDV被害を相談していた。府警は女性の携帯電話番号をシステムに登録しており、女性の110番通報を受けてすぐに駆けつけたという。同署の荒木亨(とおる)副署長は「現時点では適正な拳銃使用であると考えている」とのコメントを出した。

何で毎度毎度「適正な拳銃使用であると考えている」ってお約束のコメント出すねん。

発砲すらしとらんのに。

近所の会社員女性(27)は、大きな音を聞いて窓から外を見ると、警察官と男がやり取りしていた。男が「こいつが悪いんや」と叫び、警察官が「わかったから(包丁を)置け」「置かないと撃つぞ」と言っていた。「キャー」という女性の悲鳴が何回か聞こえ、男が担架で運ばれるとき、女性が泣き崩れていたという。

包丁持って女性が悲鳴をあげてるのに拳銃構えんかったらいつ構えるねん。

ちゅうか、こんな事でいちいちこんなコメントしてたら、テロリストを射殺なんか絶対にできんやん。

今は車で突っ込むのが流行ってるんやし、日本でもやろうと思えばいつでもできるんやで。

その時に射殺して止めんかったら、被害が拡大するわけで、その為にも発砲する事に慣れてとかなあかんやろ。

こういう時に必ずこういうコメントしてたら、いざっちゅう時に拳銃を構える事すら躊躇するようになる。

まぁ、マスゴミが言わせてるんやろうけど、日本もISから名指しされとるわけで、いつテロが起きても不思議やない。

ちゅうか、死刑があるのに死刑は執行せん、凶暴な犯人に発砲もせんって、こんなおかしな国は日本だけやで。

よそは、死刑がなくてもバンバン射殺してる。

何にしても、日本でも車で逃走してるのを追いかけて、犯人の車が歩行者を死なせるなんて事も起きてるわけで、そういう事を二度と起こさん為にも犯人を射殺して被害の拡大を防ぐって事を選択できる環境をつくって欲しいもんです。


DV(ドメスティック・バイオレンス)――殴らずにはいられない男たち

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました