スポンサーリンク

「大人の粉ミルク」各社続々投入 「粉ミルク」を飲む大人が増えているのはなぜ?

スポンサーリンク

「大人の粉ミルク」って、また妙なもんが流行りだしたな。

そもそも、粉ミルクなんか大人が飲んだら腹を下すと思うんやけどなぁ。

スポンサーリンク

「粉ミルク」を飲む大人が増えているのはなぜ? 新商品も続々投入

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170927-68581742-trendy-bus_all
「粉ミルク」といえば誰もがイメージするのは、あの丸い缶に入った乳児用の粉ミルクだろう。ところが雪印メグミルクグループの雪印ビーンスタークが2017年9月に発売したのは、“大人のための粉ミルク”とうたう「プラチナミルク」シリーズ。実は約1年前の2016年10月3日には、森永乳業が大人のための粉ミルク「ミルク生活」を通信販売限定で発売。さらにその1年半前となる2014年4月には、救心製薬がその名もズバリ「大人の粉ミルク」を発売している。

関連動画↓

YouTube

こんだけ出すって事は、それなりに需要があるんやと思うけど、「粉ミルク」やないとあかんのやろか?

「以前からシニアの方が『健康のために育児用ミルクを飲んでいる』という声が寄せられていたが、それが近年増えてきていると感じるようになった。調べてみるとお客さま相談室に届いた件数は、年間約100件に上っていた。『10年間、コーヒーに入れて飲んでいる』『実際に飲んで健康に良い効果があった』という声とともに『飲んでも問題ないのか』『大人用の粉ミルクはないのか』という声も多かった」(森永乳業 営業本部  ウェルネス事業部 マーケティング統括グループ  ヘルスケア食品マーケティンググループの小菱悟マネージャー)。

健康の為って言われてもなぁ。

まぁ、赤ちゃんが飲むもんなんで栄養満点やし、カロリーも高いやろうけど、それを大人が飲んだらカロリー過多になるんちゃう?

コーヒーに入れるなら、クリープでええがな。

これに対して救心製薬は「牛乳が苦手だがカルシウム補給のために無理をして飲んでいる人、牛乳を飲むとおなかがゴロゴロしてしまう人のために、赤ちゃんの栄養源である粉ミルクを大人に転用したらいいのでは」という発想から開発を始めたという。

牛乳を飲むとおなかがゴロゴロするから粉ミルク?

それやと、むしろ粉ミルクの方がゴロゴロするやろ。

おなかがゴロゴロするのは…

乳糖不耐症

乳糖不耐症 - Wikipedia
乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう、Lactose intolerance)とは、消化器系統で乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のこと。多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。

人を含むほとんどの哺乳動物は、離乳するとラクターゼの活性が低下する。活性が続いている場合に乳糖持続症である。

この「乳糖不耐症」が原因なわけで、牛乳よりも粉ミルクの方がむしろ「乳糖」が多い。

牛乳飲んでゴロゴロするなら、粉ミルクも飲んだらゴロゴロするっちゅうの。

まぁ、“大人の”って謳ってるから、その辺は改良してるんやろうけど。

ほんま、よう分からんもんが登場したもんです。

何にしても、個人が好きで飲むんやから、好きにやってくれりゃええけど、「大人のほ乳瓶」なんか出て来て妙な方向にだけは行かんようにして欲しいもんです。


大人のための粉ミルク ミルク生活 18回分

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました