スポンサーリンク

千葉淳容疑者(79)を逮捕 釜石市内の山林で10代女性に強制性交 「遺体 明日への十日間」で西田敏行が演じた主人公のモデル

千葉淳容疑者(79)を逮捕 釜石市内の山林で10代女性に強制性交 「遺体 明日への十日間」で西田敏行が演じた主人公のモデル

映画のモデルになるほどの美談がありながら何をやってるねん。

そもそも、79歳で10代の少女に強制性交ってのが理解に苦しむ。

スポンサーリンク

10代女性に暴行疑い 千葉淳容疑者を逮捕

10代女性に暴行疑い79歳逮捕|NHK 岩手県のニュース
去年12月、釜石市の79歳の男が、10代の女性を無理やり市内の山林に連れ出し、性的な暴行をしたとして、警察に逮捕されました。 男は、警察の…
去年12月、釜石市の79歳の男が、10代の女性を無理やり市内の山林に連れ出し、性的な暴行をしたとして、警察に逮捕されました。
男は、警察の調べに対し「私はやっていません」と容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、釜石市中妻町の会社員、千葉淳容疑者(79)です。
警察によりますと、千葉容疑者は、去年12月、10代の女性を車で無理やり釜石市内の山林に連れ出し、車内で性的な暴行をした疑いが持たれています。
女性は、事件の直後から警察に被害を相談していて、警察は、捜査を進めた結果、容疑が固まったとして、14日朝、千葉容疑者を逮捕しました。
調べに対して、千葉容疑者は「私はやっていない」などと容疑を否認しているということです。
千葉容疑者は、葬儀会社に勤めていた経験から、東日本大震災の直後、釜石市内の遺体安置所でボランティアとして遺体の引渡しなどの活動を行っていて、震災をテーマにした映画のモデルにもなっていました。

79歳がどうやって10代の女性を車に乗せたんやろな。

知り合うって事もなさそうやし、民生委員もやってるからそっち方面からの可能性が高そうやけど、無理やり拉致したとかあるかもしれんな。

しかも、車で山林に連れ出して…

何とも恐ろしい爺さんですな。

で、こんな事をしでかした奴をモデルに映画化されたのが

スポンサーリンク

千葉淳は映画『遺体 明日への十日間』の主人公のモデル

第3回 釜石市民生委員・千葉淳さん(主人公・相葉常夫モデル):映画『遺体 明日への十日間』短期集中連載 - シネマトゥデイ
2011年3月11日、東日本大震災という未曾有の悲劇が起きた。震災から2年目を迎え、報道では伝えられなかった遺体安置所の真実を描いた映画『遺体 明日への十日間』。

千葉淳は映画『遺体 明日への十日間』の主人公のモデル

2011年3月11日、東日本大震災という未曾有の悲劇が起きた。震災から2年目を迎え、報道では伝えられなかった遺体安置所の真実を描いた映画『遺体 明日への十日間』。本作に関わったスタッフ、キャストたちの思いとは? 連載第3回は、本作で西田敏行が演じた主人公の相葉常夫のモデルとなった釜石市の民生委員・千葉淳さんが登場。民生委員の千葉さんは、東日本大震災の発生直後から遺体安置所でボランティアとして、遺体の身元確認の仕事をしていた。安置所で一人一人に優しく語りかける千葉さんに、多くの人が心を動かされた。そんな千葉さんが作品への思い、そして故郷への切なる思いを語った。

映画化の話を知ったときのこと

遺体安置所でボランティアをしているときに、原作を書かれた石井光太さんにお会いしたのですが、ただ、彼から「同行させてください」という申し出を受けただけでしたので、彼が本を書くということすら、初めは知りませんでした。ですから、本当に自分の助手のような感じで、一緒に時間を過ごしていました。

そのときのことが本になっただけでもびっくりしたのに、今度は映画になると聞いて……。驚いたなんてもんじゃなかったです。ですが、東日本大震災のとき、こういうことがあったんだ、という事実を風化させないためにも、映画化することは素晴らしいことだと思いました。何十年か後、また震災が起こったときに同じことを繰り返さないためにも……。今回のことを形あるものに残せるのはいいことだと思います

千葉淳は映画『遺体 明日への十日間』の主人公のモデル

映画『遺体 ~明日への十日間~』予告編
映画 遺体 明日への十日間

映画を見てないんで何とも分からんけど、この主人公が性犯罪者やと思うと泣けんわな。

スポンサーリンク

千葉淳の自宅

震災映画モデルの男逮捕強制性交容疑、岩手
岩手県警釜石署は14日、抵抗できないようにして10代女性と性交したとして、強制性交の疑いで同県釜石市の会社員千葉淳容疑者(79)を逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。同署などによると、千葉…
岩手県警釜石署は14日、抵抗できないようにして10代女性と性交したとして、強制性交の疑いで同県釜石市中妻町1の4の2、会社員千葉淳容疑者(79)を逮捕した。「やっていない」と容疑を否認している。同署などによると、千葉容疑者は東日本大震災直後の遺体安置所の様子を描いた西田敏行さん主演の映画「遺体 明日への十日間」の主人公のモデルになった。

逮捕容疑は昨年12月5日ごろ、釜石市内の山林に止めた車の中で、県内に住む10代の女子学生と性交した疑い。女性の関係者が被害を届け出て、署が捜査していた。

地方紙はここまで住所を出すんですな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、79歳にもなって、しかも映画のモデルになっても抑止力にならんってのは、ほんま困ったもんですな。

しばらく閉じ込めといて欲しいもんです。

スポンサーリンク
性犯罪・わいせつ関連
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました