スポンサーリンク

任天堂がコロプラを特許侵害で提訴 「白猫プロジェクト」の配信停止と44億円の損害賠償を請求

スポンサーリンク

とっとと謝って特許使用料払ってりゃ良かったのに。

コロプラも白猫プロジェクトが配信停止させられて、44億円も賠償金払ったら潰れるんちゃう?

スポンサーリンク

任天堂 コロプラを特許権侵害で訴訟

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-00000018-ascii-sci
コロプラは10日、12月22日付で特許権侵害に関する訴訟を任天堂より提起され、1月9日に訴状内容を確認したことを発表した。

訴えの内容は、「特許権侵害に基づく損害賠償請求」「特許権侵害に基づく弊社アプリ『白猫プロジェクト』の生産、使用、電気通信回線を通じた提供等の差止請求等」。損害賠償請求として44億円および遅延損害金、差止請求の対象アプリとして「白猫プロジェクト」が挙がっている。

コロプラの発表によると、2016年9月に、同社のゲームが任天堂保有の特許権を侵害するとの指摘があったという。1年以上をかけて説明したものの、「考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」と発表。

「当社は、当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針です。なお、本件が当社グループの業績に与える影響を現時点で見通すことは困難でありますが、今後開示すべき事項が発生した場合には速やかに開示いたします」

「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信」って言うても、相手は最強伝説のある「任天堂法務部」やからねぇ。

任天堂法務部

任天堂法務部とは (ニンテンドウホウムブとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
任天堂法務部とは、任天堂株式会社が誇る最終兵器である。 概要 一般企業における法務部とは、企業に関する法律事務を請け負う部署であり、主にコンプライアンスや訴訟対応などを担当する。 日本を代...
任天堂法務部とは、任天堂株式会社が誇る最終兵器である。

概要

一般企業における法務部とは、企業に関する法律事務を請け負う部署であり、主にコンプライアンスや訴訟対応などを担当する。

日本を代表する企業の一つである任天堂にも法務部は存在するが、任天堂が関わった訴訟や裁判などでは任天堂側がことごとく勝訴しており、「任天堂法務部は最強」という伝説がまことしやかに流れることになった。

しかし全戦全勝というわけではなく、敗訴・若しくは限りなく敗訴に近い和解に至った事例もある。

著名な訴訟歴

「ドンキーコングはキングコングのパクリ」裁判

「ドンキーコングはキングコングのパクリ」とアメリカのユニバーサル社から訴えられた事件。
法務部の調査によりユニバーサル社がキングコングの映画のリメイク権を取得していなかった事が発覚し、任天堂はユニバーサル社を名誉棄損罪で逆提訴。ユニバーサル社は敗訴し、任天堂に160万ドルの賠償金を支払った。

なお、その際の弁護士の一人にカービィがいた。もちろん某ピンクの悪魔のことではなく、「ジョン・カービィ」という名前の人間である。凄腕の弁護士であったらしく、出番が来た最初の一言で相手にキングコングの著作権が存在しないことを証明、しかも逆にユニバーサルがライセンスしていた「キング・コング」のゲームはドンキーコングのパクリであるという事を裁判所に認めさせた。

全戦全勝ってわけやないけど、かなりの勝率を誇ってるからなぁ。

ただ、去年のマリカーの時も取り上げたけど…

「マリカー」商標止められず、任天堂の異議却下
「マリカー」商標止められず、任天堂の異議却下

これなんか、どう考えても任天堂の勝ちやろと思ったけど、負けたケースもあるんで、裁判してみな分からんわな。

まぁ、白猫プロジェクトなんかやった事もないし、個人的にどっちが勝っても関係ないんで、どっちも頑張れって事にしときます。


特許戦争―“知財立国”日本の生きる道

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。