スポンサーリンク

『妻が願った最期の「七日間」』 妻を看取った71歳男性の新聞投書に反響

泣ける話
スポンサーリンク

これは泣ける(涙)

「妻が願った最期の『七日間』」の最後の7日目しか叶わんかったみたいやけど、そういう最期を迎えられたのは幸せやったやろな。

「一日目には台所に立って」 妻を看取った71歳男性の新聞投書に反響…「泣いた」「自分もこんな夫婦に」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180317-00000001-jct-soci
神奈川県在住のパート勤務の男性(71)が朝日新聞の「声」欄に寄せた投書が感動的だと、ツイッター上で反響を集めている。

「妻が願った最期の『七日間』」。投書は、2018年3月9日付朝刊に載り、こんなタイトルが付いていた。

■最後の「七日間」でしたかったことを詩に残す

投書によると、1月中旬に亡くなった男性の妻は、最後の「七日間」にしたかったことを1編の詩につづっていた。詩を書いたノートが、入院した病院のベッドの枕元にあったそうだ。

妻は、病院から抜け出して最後の元気な時間がほしいと神様に嘆願し、こう願い事を書いた。

「一日目には台所に立って 料理をいっぱい作りたい あなたが好きな餃子(ぎょうざ)や肉味噌(みそ) カレーもシチューも冷凍しておくわ」

二日目から六日目は、愛犬を連れて夫と思い出の箱根にドライブしたり、友達と女子会でカラオケに行ったりしたいと願った。そして、最後の七日目には、夫との時間を大切にするつもりだと明かす。

「あなたと二人きり 静かに部屋で過ごしましょ 大塚博堂のCDかけて ふたりの長いお話しましょう」

夫に手を執られて静かにこの世を去る――詩の最後の部分は、願いがかなった。それ以外はかなわなかったというが、男性は投書の最後に、「2人の52年、ありがとう」と妻に呼びかけている。

52年間の積み重ねがこういう最期を迎えさせてくれたんやろな。

ちょっと早い最期やけど、こういう最期が迎えられる人生は、幸せな人生やったと思う。

奥さんの年齢が分からんけど、旦那さんの年齢からして…

愛と死をみつめて

愛と死をみつめて - Wikipedia
愛と死をみつめて』(あいとしをみつめて)は、大学生河野實(マコ、1941年8月8日 – )と、軟骨肉腫に冒され21年の生涯を閉じた大島 みち子(ミコ、1942年2月3日 – 1963年8月7日)との、3年間に及ぶ文通を書籍化したものである。

1963年(昭和38年)12月25日、大和書房より刊行された。本書は160万部を売り上げる大ヒットを記録。また、1964年の年間ベストセラーの総合1位を記録した。

関連本として、大島著の『若きいのちの日記』や河野著の『佐智子の播州平野』も出版された。実際に交わされた手紙等をもとにした往復書簡集ではあるが、『世界の中心で、愛をさけぶ』や『いま、会いにゆきます』等の純愛小説の先駆け的存在であったといえる。ラジオドラマ・テレビドラマ・レコード・映画化された。

難病で死に別れる恋人をテーマにした純愛映画としてはアカデミー作曲賞、ゴールデングローブ賞を受賞した1970年公開のアメリカ映画「ある愛の詩」が有名であるが、それより6年先駆けて公開されている。

あらすじ

兵庫県立西脇高等学校に通うミコ(大島みち子)は、顔に軟骨肉腫ができる難病に冒されていた。阪大病院に入院した際、同じ病棟で長野県出身の浪人生マコ(河野実)と出会い、互いに18歳のタイガース・ファン同士で意気投合し、文通を始める。

その後、ミコが京都の同志社大学、マコが東京の中央大学へ進学してからも文通は途切れず、ミコの病気が再発して再入院した後も、マコは夏休みに大阪駅ホームのビール売りのアルバイトを続けてミコを励ます。夏休みが終わって、東京に戻ったマコとの文通が闘病生活の大きな支えになっていく。マコはその後もアルバイトをして長距離電話で励ましたり、旅費を工面して阪大病院を訪れるなどし、2人の愛は深まるばかり。

しかしミコは手術で顔の半分を失い、さらに病気は悪化していく。そして、マコの22歳の誕生日の前日に、自らのメモリアルデーを刻んで、この世を去って逝く。

YouTube
YouTube

オイラも映画版は観た事あるけど、この「愛と死を見つめて」には、かなり影響されてるやろな。

この「愛と死を見つめて」の原作の「若きいのちの日記」に…

病院の外に健康な日を三日ください。

一週間とは欲ばりません、ただの三日でよろしいから

病院の外に健康な日がいただきたい

一日目、私はとんで故郷(ふるさと)に帰りましょう。

そして、お爺(じい)ちゃんの肩をたたいてあげたい。

母と台所に立ちましょう。

父に熱燗(あつかん)を一本つけて、

おいしいサラダを作って、楽しい食卓を囲みましょう。

そのことのために一日がいただきたい

二日目、私はとんであなたのところへ行きたい。

あなたと遊びたいなんていいません。

お部屋のお掃除をしてあげて、

ワイシャツにアイロンをかけてあげて

おいしい料理を作ってあげたいの。

そのかわりお別れの時、優しくキスしてね。

三日目、私は一人ぽっちで思い出と遊びましょう。

そして、静かに一日が過ぎたら、

三日間の健康をありがとうと、

笑って永遠の眠りにつくでしょう。

って一文があるんやけど、それと同じやもんな。

自分の死期が近づいたら、旦那さんに言おうと思ってたんやろな。

ただ、こういう最期を迎えられた方は幸せやったやろうけど、遺された方は…

かなりキツいやろうけど、奥さんの分も残りの人生を幸せに過ごして欲しいもんです。

何にしても、良い話を聞かせてくれてありがとうございました。

涙腺が決壊したけど…

謹んでご冥福をお祈り致します。

続報

『妻が願った最期の「七日間」』 宮本英司さんと容子さん夫婦の物語 闘病中に始まった「交換日記」
先月の投書だけでも泣けたのに、中身を知ると余計に泣ける(涙) でも、先月も書いたけど、やっぱり幸せな夫婦やなと思うな。


日活100周年邦画クラシック GREAT20 愛と死をみつめて HDリマスター版 [DVD]

コメント