伊勢神宮の外宮と内宮を結ぶ県道で路線バスが石灯籠に接触 灯籠の上部が落下し西沢政信さん(81)に当り死亡

事故・交通違反
スポンサーリンク

接触したバスが悪いのは当然としても、県の管理責任も問われそうですな。

ちゅうか、この程度の接触で落下するんじゃ、軽い地震でも落ちるやろうし、ようこんな危険なの放置してたわ。

バス接触で落下した石灯籠、男性に当たり死亡

YouTube
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180414-00050104-yom-soci
14日午前9時55分頃、三重県伊勢市楠部町の伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮(ないくう)を結ぶ県道で、路線バスのミラーが歩道上に立つ石灯籠(高さ2・5メートル)に接触した。

灯籠は上部が落下して歩道にいた同市神田久志本町、無職西沢政信さん(81)に当たり、西沢さんは頭などを打って死亡した。バスの乗客約10人や運転手にけがはなかった。

県警伊勢署の発表によると、路線バスはバス停で停車しようとして歩道に寄った際、左側のミラーが石灯籠に接触したという。

石灯籠は約60年前、民間団体が市内に設置。団体が解散後は道路占用許可の期限が切れ、老朽化が進んで安全性が問題となっていた。

石を積み重ねただけで接合されとらんのなら、そりゃ落ちるわな。

しかも、安全性が問題になってたなら、管理責任者の県の責任も重いやろ。

そもそも、路上側に寄り過ぎなんちゃう?

歩道の端でもええと思うんやけど。

まぁ、見た目は風情があってええけど、一歩間違えたら死ぬもんが置いてあるってのは問題やな。

伊勢神宮は観光客も多いんやし。

外国人が死んでたら、もっと大問題になってたかもしれんで。

これで、全部撤去って事になるんやろうけど、そうなったらなったで、「何で人が死ぬまでやらんねん」「だから言うたやん」って怒られるんやろな。

まぁ、仕事が遅いとこうなるって事ですな。

何にしても、歴史的な建造物でもないんやし、どうせ設置するなら、ちょっとやそっとで壊れんような頑丈なもんを設置して、こういう事故が起きんようにして欲しいもんです。


史上初! おかげ横丁公式ガイドブック 『 伊勢神宮とおかげ横丁 』

事故・交通違反
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント