スポンサーリンク

新幹線殺傷事件を受け菅官房長官が関係省庁に対応の検討を指示 JR各社「(手荷物検査は)困難」

時事問題
スポンサーリンク

利用客数やらダイヤの過密さを考えたら手荷物検査が現実的やないのは分かるけど、何かしらせんと防ぎようがないからなぁ。

AIで自動のX線検査とかできんもんかね。

JR、手荷物検査は「困難」 新幹線殺傷、五輪へ課題

YouTube
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000034-asahi-soci
走行中の東海道新幹線車内で9日夜、男女3人が刃物で襲われ男性1人が死亡した事件。JR東海は11日、「亡くなったお客様に心からご冥福をお祈り申し上げます。安全確保に取り組みます」とのコメントを発表した。菅義偉官房長官は11日午前の記者会見で、内閣官房を中心に関係省庁の局長級による会議で対応を検討するよう指示したことを明かした。

また国土交通省は10日、JR各社と大手民間鉄道会社に対し、セキュリティー確保の徹底を文書で要請。駅などに警備員を配置し、「警戒中」と記した腕章をつけさせるなど、「見せる警備」での犯罪抑止の一層の徹底を求めた。また、非常通報装置を適切に使い、車内の異常への素早い対応を要請した。

新幹線車内では2015年の「のぞみ放火事件」のほか、刃物を使った殺傷事件も起きている。

中国など海外では、高速鉄道の駅で空港のような手荷物検査が実施されており、新幹線でも導入を求める意見がある。だがJR各社は「乗客の利便性を著しく損なう」と消極的。国交省の幹部も「乗降客数やダイヤの過密さ、駅の形状からも困難」と話す。

一方で01年の米同時多発テロ以降、防犯カメラや非常用ブザーの設置を強化。JR東海は新幹線全車両の9割で客室やデッキに防犯カメラを設置済みという。ただ、客室内の異常覚知や犯罪抑止の効果はあるが、今回のような凶器の持ち込みや突発事態は防げない。

「警戒中」って書いた腕章をつけた警備員を配置して、「見せる警備」で抑止力を働かせるって言うても、新幹線には逃げ場がないわけで、やる奴は、死ぬつもりとか捕まる事を覚悟してんとやらんからなぁ。

そういうのは、抑止力にならんと思うな。

やるとしたら、ソチ五輪でも活躍した…

防犯監視システム DEFENDER-X

Defender-X | システムスクエア株式会社
DefenderX,防犯,犯罪防止,不審者検知,監視カメラ,顔認証
DEFENDER‐Xの特徴

DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します。
既存の防犯システムへの付加も容易で用途に合わせた様々な活用が可能です。
新たな技術で安心・安全な社会作りに貢献します。
•不審者を入場時点で事前に検知し追跡及び救援要請することにより犯罪を未然防止
(従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残りません)

照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知
(犯罪者のデータベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可です)

•リアルタイム監視映像はもちろん過去の録画映像からも不審者の検知
(犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)

•既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない
(既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)

導入用途多彩。
外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより薬物による被害防止。
犯罪者に対しての早期解決及び抑止力効果が得られます。

「DEFENDER-X」を導入するぐらいやろな。

個人的には、前科、前歴、通院歴のある人間の移動の制限を設けて欲しいところなんやけど。

何にしても、新幹線爆破テロでも起きりゃ手荷物検査導入になるやろうけど、この程度じゃ「利便性」の方が重視されるって事ですな。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント