警視庁が遺体を取り違えて引き渡す 妻が「火葬した夫が帰ってきた」と届け出た事で発覚

シェアする




これ、奥さんも色々と複雑やろな。

1年以上も失踪してるぐらいやから夫婦仲も良くはなかったやろうし、むしろ死んでてくれた方が…

「火葬した夫が帰ってきた」…警視庁が遺体の身元誤り、別人の家族に渡す

「火葬した夫が帰ってきた」…警視庁が遺体の身元誤り、別人の家族に渡す(産経新聞) - Yahoo!ニュース
警視庁は12日、昨年6月に東京都葛飾区の江戸川で見つかった都内の30代男性の遺体 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
警視庁は12日、昨年6月に東京都葛飾区の江戸川で見つかった都内の30代男性の遺体を千葉県松戸市の40代男性と誤って判断し、家族に引き渡していたと発表した。同庁によると、40代男性は行方不明届が出され、妻ら親族3人が遺体の顔をみて本人に間違いないと話したことが根拠となっていたが、妻が今月6日に「夫が帰ってきた」と届け出たため誤りと分かった。

その後の捜査で、採取していた遺体の指紋などから身元が30代男性と判明。遺体は火葬されており、警視庁は双方の家族に経緯を説明し、遺骨を引き渡す手続きが行われている。

昨年6月下旬、江戸川で意識不明の男性が見つかり、搬送先の病院で死亡。3日前に千葉県警松戸署に行方不明届が出ていた40代男性と特徴が似ていたため、警視庁亀有署が妻ら親族3人に顔の確認を求め、3人は「間違いない」などと認めた。この直後、30代男性の家族が同署に行方不明届を提出した。

警視庁は通常、家族による顔の確認で身元を特定できたと判断した場合、指紋やDNA型の照合はしていないといい、「本件を教訓に再発防止を図りたい」としている。

溺死体やったら顔も判別不能になってるはずやから奥さんや親族が見間違うのも分かるんやけど、意識不明で病院に運ばれて死亡してるから遺体の損傷もそれほど酷くないはず。

それで「間違いない」って言い切るのが何か引っかかるわ。

夫の素性が分からんので何とも言えんけど、会社経営者やったとかやったら、それなりに遺産もあるし、保険もそれなりに掛けてるやろうし、死んでくれてた方が色々と助かったんかもしれんしな。

夫が借金まみれで債権者がうるさいって場合でも死んでくれてた方が助かるし。

夫の方も、ほんまは帰るつもりはなかったんとちゃう?

住民票を取りに行ったとか免許の更新が出来んかったとかで、仕方なく戻って来たってとこやろ。

個人的な妄想やけど、1年以上も失踪してるんやから、素直に「生きててくれて良かった」にはならんと思う。

葬式費用も無駄になるし、保険金やら遺産をあてにして、盛大にやってたら、腹立ってしゃあないやろな。

それにしても、指紋で身元が分かったって事は、警察に指紋があった人物って事になるわけで、本当の家族もこれまたややこしい事になりそうですな。

何にしても、身元確認はDNA鑑定とかでちゃんとやらんとこういう事になるんで、家族や親族の確認だけやなくて、最初からちゃんとやって欲しいもんです。


3.11 Identity 身元確認作業に従事した歯科医師の声を未来へ

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!