浜松市の看護師遺体発見事件で出頭してきた40代の男を逮捕 20代男の身柄確保 男らはインターネットで知り合う

シェアする




完全に「闇サイト殺人事件」と同じ構図ですな。

それにしても、名古屋市内の警察署に出頭したって事は名古屋の人間なんやろうけど、満喫の殺人事件といい、新幹線無差別殺傷事件といい、愛知の人間が立て続けてにとんでもない事をやらかしてるけど、これは偶然なんやろか?

静岡の29歳女性遺棄、出頭の40代男逮捕 20代男も身柄確保

静岡の29歳女性遺棄、出頭の40代男逮捕 20代男も身柄確保(産経新聞) - Yahoo!ニュース
静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で - Yahoo!ニュース(産経新聞)
静岡県藤枝市の山中で浜松市の看護師(29)とみられる女性の遺体が見つかった事件で、浜松東署捜査本部は監禁の疑いで40代の男を逮捕した。捜査関係者によると、既に20代の別の男の身柄も確保しているという。捜査本部は、男らが女性が死亡した経緯についても知っているとみて調べる。

40代の男は11日夜、名古屋市内の警察署に出頭した。監禁の容疑を認め、女性とは面識がなく、複数人で連れ去ったと話しているという。捜査本部は男らがインターネットを通じて知り合ったとみている。

捜査本部や捜査関係者によると、女性は5月26日、浜松市内の病院での勤務を終えた後、帰宅。午後1時ごろに車で外出して、同市内のフィットネスクラブを訪れた。

夕方、クラブの駐車場で自分の車に乗ろうとした際、複数の男に押し込まれて車ごと連れ去られる様子が防犯カメラの映像に写っていた。女性はそのまま行方が分からなくなり、家族が28日、行方不明届を出した。車は三重県桑名市内で見つかった。

映像ニュースはコチラ↓

山中に女性遺体 40代男を“監禁”で逮捕(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
静岡県藤枝市の山中で女性の遺体が発見された事件に関連し、40代の男が逮捕監禁の疑 - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

拉致現場の地図

遺体発見現場の地図

ネットで知り合った男が見ず知らずの女性を拉致って殺して、山中に埋めるっていうと…

闇サイト殺人事件

闇サイト殺人事件 - Wikipedia
闇サイト殺人事件(やみサイトさつじんじけん)とは、2007年(平成19年)8月24日深夜、愛知県名古屋市千種区春里町の住宅街路上で、インターネット上の闇サイト「闇の職業安定所」で集まった男3人組により、帰宅途中の会社員女性A子(事件当時31歳)が拉致され、同県愛西市内で殺害された後、岐阜県瑞浪市内の山中に遺体を遺棄された、強盗殺人・死体遺棄事件である。

事件の概要

インターネット上の携帯電話用闇サイト「闇の職業安定所」で、過去に2件の連続強盗殺傷事件(碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件を参照)を起こした余罪のある者を含め、互いに面識のない男3人が集まり、金品を得る目的で共謀した。3人は、互いに虚勢を張り合い、犯罪計画を練った上、面識のない通行人の会社員女性を、通り魔同然に強盗目的で拉致・殺害し、遺体を山中に遺棄した。事件後、実行犯のうち1人(本文中X)が、量刑の軽減を目論んで自首したことにより、事件が発覚した。

第一審・名古屋地方裁判所では、被告人3人が互いに、「主犯は相手だ」と主張するなど、責任転嫁に終始したり、被害者を中傷する言動を取るなどした。検察側は、犯行の凶悪さ、被害者遺族の峻烈な処罰感情などを踏まえ、3人全員に死刑を求刑した。殺害された被害者数が1人であることから、1983年の最高裁判所判例で示された、死刑適用にあたっての判断基準とされる「永山基準」の下で、死刑の適用可否が争点となったが、名古屋地裁は、自首した1人には無期懲役判決を、残る2人には死刑判決を言い渡した。

3人全員が、名古屋高等裁判所に控訴したが、1人(本文中K)は控訴を自ら取り下げ、死刑が確定し、その後執行された。

控訴審・名古屋高裁では、残る2人に無期懲役判決が言い渡され、2012年までに確定した。

しかしその後、無期懲役刑が確定した男1人(本文中H)は、碧南市パチンコ店長夫婦殺害事件など、過去の連続強盗殺傷事件の余罪が発覚したことで、逮捕・起訴された。その後、この被告人は、これらの事件の刑事裁判で、一・二審と死刑判決を受け、最高裁判所に上告している。

携帯電話の闇サイトをきっかけに、互いに面識のない男たちが共謀した、特異な犯罪グループであること、何の落ち度もない被害者女性に対し、無差別に牙を剥いた、あまりにも無軌道な犯罪であること、加害者らに反省の態度が見られないことなどが、度し難い犯罪として、日本社会を震撼させ、強い衝撃を与えるとともに、犯行グループに対し、極刑を求める世論が沸き上がった。

被害者の母親は、加害者全員への死刑適用を求め、刑事裁判終結までの5年間で、約33万筆の署名を集め、鳩山邦夫法務大臣・但木敬一検事総長(いずれも当時)に対し、請願の手紙を送った。その後も、犯罪被害者・遺族に対しての、支援拡大・権利保護を求め、日本各地での講演活動など、積極的に活動を行っている。

この闇サイト殺人事件と全く同じなんやけど、これも名古屋で愛知なんやな。

名前を公表せんってのが気になるけど、闇サイト事件では被害者が1人でも死刑判決を出せたんで、この事件でもきっちり死刑にして欲しいもんです。

何にしても、こうも立て続けに凶悪事件が起きると体感治安が悪化するんで、ほんま勘弁して欲しいもんです。


いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件