バナナからエイズの特効薬が開発されたらしい

スポンサーリンク

バナナからエイズの特効薬

バナナからエイズの特効薬が開発されたらしい…今日この頃。
(◎皿◎)ナンデスト!!

どこぞでバナナの品切れが起きたりして(笑)


バナナがエイズを治療する!


ミシガン州立大学内科専門教授David Markovitzh率いる研究者たちがバナナの成分から、C型肝炎やエイズなどの広範囲なウイルスの治療に効果的な“特効薬”を作り上げました。

エイズだけやなくて、C型肝炎にも効くんかいな。


この成分は“バナナレクチン”または“BanLec”と呼ばれるプロテインです。これは5年前に発見され、エイズ治療に効果的だと思われていましたが、ひどい副作用を改善しなければなりませんでした。

5年前から知られてたけど、副作用が酷かったと。

へぇ。初めて聞いた。

更に…


今回BenLecはネズミがインフルエンザにかかるのを防ぎました。

ネズミとはいえ、インフルエンザも防ぐと。

何この万能薬(笑)

何か、いまいち信じられへんけど、これが事実やと凄い事なんで、1日も早く実用化して欲しいもんです。

それにしても、ウイルスを無害化して体外に排出するってのは、事実やとしたらノーベル賞もんの発見なんとちゃう?

ノロだのヘルペスだの、あのエボラもウイルスなわけで、これが実用化されたら「感染症」ってもんを撲滅できるやん。

いまいち信じとらんけど、人類はウイルスに悩まされ続けとるんで、事実ならこれほど有り難い事もない。

ほんま、「事実」である事を願います。


バナナの世界史――歴史を変えた果物の数奇な運命



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

科学・医療・似非科学
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました