スポンサーリンク

スマホの「4年縛り」「SIMロック」が「独占禁止法上、問題となるおそれ」 公正取引委員会が報告書

スポンサーリンク

今更って感じもするけど、「4年縛り」が独禁法違反ちゅうても、車でも残クレみたいな売り方してるし、実質リースみたいな形なんで、これを問題視すると色んな方面に飛び火するけどええんやろか?

そもそも、問題なんはここやなくて、通信会社が端末を売ってるって事やねんな。

スポンサーリンク

公取委、スマホ「4年縛り」是正へ=料金プラン再検討求める

スマホの“2年しばり・SIMロック”は違反 公取委(18/06/28)
表示できません - Yahoo!ニュース
公正取引委員会は28日、携帯電話会社がスマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」について、「独占禁止法上、問題となるおそれがある」とする見解を盛り込んだ報告書を公表した。利用者の選択を狭め、不当な囲い込みにつながるとみており、総務省と連携し是正を促す。

4年縛りは、携帯大手3社のうち、KDDI(au)とソフトバンクが米アップルのiPhone(アイフォーン)などの最新端末を対象に導入。2年後に再び4年縛りの契約を結ぶなど条件を満たせば、残りの端末代金を支払わずに機種を変更できる。再契約しなければ、残りの代金は免除されず、長期間の契約を結ばざるを得ないため、公取委は「消費者の選択権を事実上奪うおそれ」と問題視した。携帯大手は料金プランの再検討を迫られそうだ。 

「4年縛り」にしろ「SIMロック」にしろ、通信会社が端末を売ってるからこそメリットがあるわけで、通信会社と端末会社を分離すりゃこんな事は起きんようになる。

そもそも、端末が安くならんのも、ここに原因があるねんな。

端末が高くても、縛り契約すりゃ割引きがあるからお得ですよって売り方をしてるわけで、端末が高けりゃ高いほど縛れる。

だから、端末価格が高くなる。

まぁ、割引き詐欺みたいなもんですな。

これがあるから端末価格を下げる努力をせんし、客も高い端末を安く買いたいから縛り契約を望むわけで、問題の本質はここにある。

これを解消するには、端末会社と通信会社を分離するしかないねんな。

総務省にしろ公取委にしろ、ここに触れん限り、いつまで経ってもいたちごっこですわ。

まぁ、役人とキャリアが「仕事やってる」って事を演出をする為の出来レースなんやろね。

何にしても、端末の値段がドンドン高くなってるんで、そろそろ安い端末も提供するようにして欲しいもんですな。


格安SIM&格安スマホ 得する! 乗り換えガイド

インターネット・スマホ・携帯
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました