スポンサーリンク

大坂なおみが全米オープンで日本人初優勝 表彰式で客席からブーイング 「こんな終わり方ですみません」

オリンピック・スポーツ関係
スポンサーリンク

いくらセリーナのホームの全米オープンとはいえ、優勝してこんな事を言わなあかんとは…

まぁ、大坂なおみの優しさが表れてるとも言えるけど、表彰式でこれはないわ。

大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」

全米オープン日本人初の快挙 大坂なおみ選手が優勝(18/09/09)
大坂なおみの優勝にブーイング 20歳の新女王が涙の謝罪「こんな終わり方ですみません」(産経新聞) - Yahoo!ニュース
【ニューヨーク=上塚真由】テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間 - Yahoo!ニュース(産経新聞)
テニスの全米オープン女子シングルス決勝で8日(日本時間9日)、元世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=を6-2、6-4のストレートで破り日本選手として初優勝を飾った大坂なおみ(20)=日清食品=に、客席からブーイングが浴びせられた。

「子供の頃から決勝でセリーナと戦うことを夢見てきた。でも負けるような夢は見ていない」。そう語っていた大坂は、日本選手初の四大大会制覇の偉業を成し遂げると、憧れのS・ウィリアムズから抱きしめられ祝福された。母親やコーチが見守る客席に駆け寄った。コートサイドのベンチに戻ると、しばらく頭からタオルを被って優勝の喜びをかみ締めた。

しかし、試合は客席からのコーチング(指導)の疑いで警告を受けたS・ウィリアムズが、主審を「嘘つき! 謝れ!」などと罵るなど荒れた展開となっていた。表彰式が始まると、S・ウィリアムズの出産後初の全米制覇を期待していた客席からブーイングが起こった。

大坂の目から涙がこぼれ落ちた。S・ウィリアムズに肩を抱かれても表情は硬いまま。偉業達成の感想を問われた優勝インタビューでも涙をこぼし、異例の言葉を口にした。

「ちょっと質問じゃないことを語ります。みんな彼女(S・ウィリアムズ)を応援していたのを知っている。こんな終わり方ですみません。ただ試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」

そして、S・ウィリアムズにお辞儀をして「プレーしてくれてありがとう」。プレー中とは正反対の弱々しい大坂の姿に、ブーイングを浴びせていた客席が一瞬、固まった。

関連動画

【マッチハイライト】大坂なおみ vs セレナ・ウイリアムズ/全米オープンテニス2018 決勝【WOWOW】

それにしても、ブーイングに対しても「試合をを見てくれてありがとうございます。本当にありがとう」って言えるって、どこまで出来た人間なんやろな。

けど、できれば…

大坂なおみ インタビュー(準決勝直後オンコート)/全米オープンテニス2018【WOWOW】

いつものこういうのを見たかった。

ブーイングの元になったのが…

セリーナが苛立ちラケットを壊す 審判に抗議しゲームペナルティを取られる場面も

大坂、日本人初の4大大会制覇!苛立ちラケット壊したセリーナにストレート完勝(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
◇テニス全米オープン第13日 女子シングルス決勝(2018年9月8日 ニューヨー - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

第2セットは第4ゲームでセリーナがこの試合初めてのブレークも、大坂は第5ゲームですぐさまブレークバック。自らのプレーに納得のいかないセリーナは、ラケットを地面に叩きつけて破壊するなど苛立ちをあらわにした。

対する大坂は表情一つ変えずに冷静なプレー見せ、第7ゲームでブレークを奪取。判定に納得の行かない様子のセリーナは、ゲーム間に審判に激しく抗議しこの試合3度目の警告を受け、大坂に1ゲームが与えられる珍しい場面があった。

セリーナの態度やと思うけど、まぁ、それだけ手も足も出んかったって事なんやろな。

そのセリーナが…

“大荒れ”セリーナ 表彰式では元女王らしい姿「もうブーイングはやめましょう」

“大荒れ”セリーナ 表彰式では元女王らしい姿「もうブーイングはやめましょう」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
テニスの全米オープンは8日、女子シングルス決勝が行われ、第20シードの大坂なおみ - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

表彰式が始まると、地元のセリーナに声援を送っていたファンから大きなブーイング。異様な雰囲気に涙を流す大坂にセリーナは優しく言葉をかけ、観客席には「彼女はいいプレーをしました。彼女にとって最初のグランドスラムの優勝です。もうブーイングはやめましょう」と呼び掛けた。

最後は「おめでとうナオミ」と大坂を祝福。元女王が見せた器の大きさに、ファンから大歓声が沸き起こっていた。

ブーイングを収めてくれたのが救いやけど。

それにしても、この全米オープンでの大坂なおみは凄かったな。

父が明かす快進撃の立役者バインコーチの操縦法

大坂なおみ4大大会初!日本女子決勝進出 父が明かす快進撃の立役者バインコーチの操縦法(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
【ニューヨーク6日(日本時間7日)発】テニスの全米オープン(ビリー・ジーン・キン - Yahoo!ニュース(東スポWeb)

快進撃の立役者は昨年12月から師事するドイツ人のサーシャ・バインコーチ(33)だ。大坂に強打よりも精度と教え、テニスの質が格段に向上した。この二人三脚が成功の理由をハイチ出身の米国人で大坂の父、レオナルド・フランソワさんは本紙にこう明かした。

「彼女に合わせて、上から教えてるんじゃなくて同じ目線。だからいい環境をつくり上げている。彼女はそういうのじゃないとダメ」。フランソワさんによれば、大坂が子供のころから「自分で勉強したくなかったら身につかない」と自主性を重視してきた。上から押さえつける指導は彼女の性格に合わずに「強く言うほど嫌がる」。バイン氏はフランソワさんの思いを汲んで徹底的な対話路線を敷き、大坂の能力を開花させたのだ。

その手法は日本テニス界にとっても目からウロコ。協会の土橋登志久強化本部長(51)は「見事だなと思う。これからのコーチっていうのは、そうでなければいけない」と目を細めた。「何かあれば必ずコミュニケーションを取って一方的ではなく、なおみから言葉を引き出して、お互いに納得して次のステップにいくところがある。試合前はナーバスになるんですけど、それをうまく和らげながら、試合の準備をしている」

日本のパワハラコーチも見習うべきですな。

ちゅうか、インタビューでも分かるように、技術的な事よりもメンタルの弱さが目立ってた大坂なおみが、この全米オープンではそんなの見えんかったもんなぁ。

ほんま、集中力が凄かった。

「体罰」を使わんでもメンタルは鍛えられるっていう良い見本になりました。

何にしても、大坂なおみ選手、全米オープン優勝おめでとうございます。

コメント