スポンサーリンク

バーベキュー中の隣人を殺害した野村航史被告(27)に懲役15年の判決 アスペルガー症候群を考慮し求刑25年から減刑

訴訟・裁判
スポンサーリンク

アスペルガー症候群で減刑か。

そもそも、求刑の懲役25年が重過ぎるけど、懲役15年でも重過ぎる気がするな。

個人的には、懲役5年で執行猶予をつけてもええと思ったぐらいなんやけど。

バーベキュー中の隣人刺殺、男に懲役15年判決

隣家でバーベキューの男性を包丁で殺害 男に懲役15年の判決 岐阜地裁
バーベキュー中の隣人刺殺、男に懲役15年判決(読売新聞) - Yahoo!ニュース
昨年5月、自宅の庭でバーベキューをしていた岐阜県瑞浪市の会社員大脇正人さん(当時 - Yahoo!ニュース(読売新聞)
昨年5月、自宅の庭でバーベキューをしていた岐阜県瑞浪市の会社員大脇正人さん(当時32歳)を包丁で刺して殺害したなどとして、殺人と傷害の両罪に問われた隣人の無職野村航史被告(27)の裁判員裁判で、岐阜地裁は10日、懲役15年(求刑・懲役25年)の判決を言い渡した。菅原暁裁判長は「危険性は高く、殺意も相応に強いが、事件には発達障害の影響もあった」と述べた。

菅原裁判長は「被害者に落ち度がないのは明らかで、無念さは計り知れない」と強調。一方で、野村被告には発達障害の影響で聴覚過敏の症状があり、大脇さんの子供の声などに耐えられず、包丁で脅して声を止めようとしたとし、「包丁を持ち出した行為には障害の影響があり、非難の程度を減ずるものとして考慮する必要がある」と述べた。

判決によると、野村被告は昨年5月7日、大脇さん方付近の路上で、大脇さんの下腹部を包丁で刺すなどして失血死させ、助けに入った男性にもけがを負わせた。

菅原裁判長は「被害者に落ち度がないのは明らか」って言うてるみたいやけど、事件当時にも取り上げたけど、そもそも、隣家に断りもなくバーベキューをやるのがトラブルの元やのにこの被害者って…

【殺人】自宅の庭でバーベキュー中の男性殺害事件 逮捕された隣人の男(26)を精神鑑定へ
個人的に「刑法39条」は廃止するべきやと思ってるんで、「精神鑑定」ってのはどうにも納得できんのやけど、これは精神鑑定がなくても「情状酌量」したくなる事件ですな。 バーベキュー中の男性殺害事件 逮捕された隣人の男、精神鑑定へ 岐阜・瑞浪市 ...

他人の墓の前でサンマを焼いたりするような奴やし…

お供え物がこんな感じの人物で…

隣の家に向かってティーバッティングするような奴なんやで。

しかも、アスペルガー症候群で音に敏感ってのもあって、うるさくすると飛び出してきて怒るのを面白がって、日常的に騒音を出してたわけで…

「被害者に落ち度がないのは明らか」

って事はないやろな。

「正当防衛」とまでも言わんけど、被害者の落ち度も相当なもんがあると思う。

だからと言って殺して良いとまでは言わんけど、懲役15年はちょっと重過ぎる気がするな。

しかも、アスペルガー症候群。

アスペルガー症候群で15年も刑務所に入れるってのは、地獄の苦しみを与えるようなもんやん。

独房ならええけど、雑居房なら自殺するかもしれんな。

何にしても、懲役15年は重過ぎる気がするんで、野村航史被告の弁護士は控訴して、加害者側の「落ち度」も裁判で追求してやって欲しいもんです。

コメント