スポンサーリンク

「ビッグ・エー 東岩槻店」に刃物を持って強盗に入った吉田伸一容疑者(37)を逮捕 警察官が拳銃を構えるも発砲せず

スポンサーリンク

吉田伸一は、職質中に刃物を振り回してるんやから、その時に発砲してりゃ良かったのに。

そうすりゃ、通行人が包丁を突きつけられる事もなかったわけで、日本もこうやって刃物を持ち歩いてる何かをやらかす事件が増えてるんやから、発砲基準を見直すべきですな。

スポンサーリンク

職務質問中に逃走した吉田伸一容疑者(37)を逮捕 警官が拳銃で警告も 埼玉 川口

職務質問中に逃走の男を逮捕 警官が拳銃で警告も 埼玉 川口 | NHKニュース
埼玉県川口市で17日、警察官から職務質問を受けた男が逃げ出し、近くの交差点で女性に包丁を突きつけたため、警察官が拳銃を構…
埼玉県川口市で17日、警察官から職務質問を受けた男が逃げ出し、近くの交差点で女性に包丁を突きつけたため、警察官が拳銃を構えて警告しました。さらに男は逃走しましたが、約15分後に取り押さえられ、公務執行妨害などの疑いで逮捕されました。警察官は発砲せず、女性にけがはありませんでした。

17日午後6時40分ごろ、さいたま市内のスーパーに刃物を持って押し入り、現金を奪おうとしたとして、強盗未遂などの疑いで逮捕状が出ていた川口市の無職、吉田伸一容疑者(37)が、自宅近くで警察官から職務質問を受けた際に逃げ出しました。

吉田容疑者は、約380メートル離れた交差点でバイクに乗っていた女性に包丁を突きつけたため、警察官が拳銃を構えて「刃物を捨てろ」と警告したところ、再び逃走したということです。警察官は発砲せず、女性にけがはありませんでした。

吉田容疑者は、職務質問を受けてから約15分後に、さらに100メートル余り離れた駐車場で、駆けつけた警察官にさすまたで取り押さえられ、公務執行妨害や強盗未遂などの疑いで逮捕されました。

警察によりますと、調べに対し、いずれも容疑を認めているということです。埼玉県警岩槻警察署の田中守副署長は「拳銃の使用は適切だったと考えている」とコメントしています。

犯行現場

現場は「さいたま市内のスーパー」のスーパーって事やけど…

この埼玉県警のツイートから

埼玉県さいたま市岩槻区諏訪2丁目1−7の「ビッグ・エー 東岩槻店」と判明。

この「ビッグ・エー 東岩槻店」ではモノを持って押し入って「強盗未遂」で逃走して、自宅近くで職質を受けたって事やけど、この時にも…

吉田伸一容疑者は職質中も刃物を振り回していた

職質の男逃走、通行人に包丁=けが人なし、現行犯逮捕―埼玉県警(時事通信) - Yahoo!ニュース
埼玉県川口市内で17日夜、男が職務質問中に逃走し、通行人の女性(52)に刃物を突き付 - Yahoo!ニュース(時事通信)
同署によると、防犯カメラなどから吉田容疑者が浮上。17日午後6時45分ごろ、川口市の自宅近くで捜査員2人が職務質問し、任意同行を求めたところ、包丁を振り回しながら逃走した。

包丁を振り回して逃走してるんやから、この時点で発砲するべきやろ。

たまたま女性が刺されてへんから良いようなものの、刺されてたたらどう責任取るつもりなんやろね。

車での逃走でも発砲せんけど、そのせいで事故に巻き込まれてる被害者が出てるわけで、二次被害を出さん為にも発砲するべきやねん。

日本の警官は…

警察官の発砲基準

警察官職務執行法

警察官職務執行法
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。
第七条 警察官は、犯人の逮捕若しくは逃走の防止、自己若しくは他人に対する防護又は公務執行に対する抵抗の抑止のため必要であると認める相当な理由のある場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、武器を使用することができる。但し、刑法(明治四十年法律第四十五号)第三十六条(正当防衛)若しくは同法第三十七条(緊急避難)に該当する場合又は左の各号の一に該当する場合を除いては、人に危害を与えてはならない。

一 死刑又は無期若しくは長期三年以上の懲役若しくは禁こにあたる兇悪な罪を現に犯し、若しくは既に犯したと疑うに足りる充分な理由のある者がその者に対する警察官の職務の執行に対して抵抗し、若しくは逃亡しようとするとき又は第三者がその者を逃がそうとして警察官に抵抗するとき、これを防ぎ、又は逮捕するために他に手段がないと警察官において信ずるに足りる相当な理由のある場合。

二 逮捕状により逮捕する際又は勾引状若しくは勾留状を執行する際その本人がその者に対する警察官の職務の執行に対して抵抗し、若しくは逃亡しようとするとき又は第三者がその者を逃がそうとして警察官に抵抗するとき、これを防ぎ、又は逮捕するために他に手段がないと警察官において信ずるに足りる相当な理由のある場合。

「正当防衛」か「緊急避難」か、死刑又は無期若しくは懲役3年以上の凶悪な犯罪を犯して、更に警察官の職務執行に抵抗した場合にしか発砲できんって法律で決まってるし、更に…

警察官等けん銃使用及び取扱い規範

警察官等けん銃使用及び取扱い規範
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府令・省令・規則)の内容を検索して提供します。
(あらかじめけん銃を取り出しておくことができる場合)
第四条 警察官は、職務の執行に当たりけん銃の使用が予想される場合においては、あらかじめけん銃を取り出しておくことができる。

2 前項の規定によりけん銃を取り出しておく場合には、けん銃を奪取されることのないよう細心の注意を払うとともに、相手を殊更に刺激しないよう配慮しなければならない。
(けん銃を構えることができる場合)
第五条 警察官は、法第七条本文に規定する場合においては、相手に向けてけん銃を構えることができる。

2 前項の規定によりけん銃を構える場合には、相手の人数、凶器の有無及び種類、犯罪の態様その他の事情に応じ、適切な構え方をするものとする。

(けん銃を撃つ場合の予告)
第六条 けん銃を撃とうとするときは、けん銃を撃つことを相手に予告するものとする。ただし、事態が急迫であつて予告するいとまのないとき又は予告することにより相手の違法行為等を誘発するおそれがあると認めるときは、この限りでない。

(威かく射撃等をすることができる場合)
第七条 警察官は、法第七条本文に規定する場合において、多衆を相手にするとき、相手に向けてけん銃を構えても相手が行為を中止しないと認めるときその他威かくのためけん銃を撃つことが相手の行為を制止する手段として適当であると認めるときは、上空その他の安全な方向に向けてけん銃を撃つことができる。

2 前項の規定により威かく射撃をする場合には、人に危害を及ぼし、又は損害を与えることのないよう、射撃の時機及び方向に注意するとともに、その回数も必要最小限にとどめるものとする。

3 事態が急迫であつて威かく射撃をするいとまのないとき、威かく射撃をしても相手が行為を中止しないと認めるとき又は周囲の状況に照らし人に危害を及ぼし、若しくは損害を与えるおそれがあると認めるときは、次条の規定による射撃に先立つて威かく射撃をすることを要しない。

4 第一項に定めるもののほか、警察官は、法第七条本文に規定する場合においては、その事態に応じ合理的に必要と判断される限度において、狂犬等の動物その他の物に向けてけん銃を撃つことができる。

(相手に向けてけん銃を撃つことができる場合)
第八条 警察官は、法第七条ただし書に規定する場合には、相手に向けてけん銃を撃つことができる。

2 前項の規定によりけん銃を撃つときは、相手以外の者に危害を及ぼし、又は損害を与えないよう、事態の急迫の程度、周囲の状況その他の事情に応じ、必要な注意を払わなければならない。

こうやって事細かく決められてるから、拳銃を使うと「拳銃の使用は適切だったと考えている」っちゅう訳の分からんコメントを出さなあかんようになってる。

まぁ、警察も「国家公認のヤクザ」って揶揄されるぐらい信用されてへんから、これぐらい細かく厳しくした方が良い面もあると思うけど、最近は包丁を振り回す事件が増えてるし、車で暴走しながら逃走する事件も増えてる。

地域住民の安全を守るには、犯人を射殺若しくは撃って行動不能にするのが一番やねん。

なので、「拳銃の使用は適切だったと考えている」コメントを出すなら、発砲せずに二次被害を出した時に警察としてどういう責任を取るんか明確にして欲しいもんですな。

何にしても、外人も増えてるし、もう少し発砲基準を緩めて、二次被害を出さん事に全力を上げるようにして欲しいもんです。

コメント

テキストのコピーはできません。