スポンサーリンク

花水川橋付近の金目川でへその緒がついた赤ちゃんの遺体が見つかる 神奈川県平塚市唐ケ原

スポンサーリンク

コインロッカーに入れるのが増えてきたと思ったら、今度は川ですか。

野良妊婦の産み落としなんやろうけど、それなりに痛い思いもしてるやろうに、ようこんな事ができるな。

スポンサーリンク

神奈川県平塚市の花水川橋付近の金目川で赤ちゃんの遺体が見つかる

YouTube
エラー|NHKオンライン
13日午前、神奈川県平塚市と大磯町の境を流れる川に赤ちゃんの遺体が浮いているのが見つかり、警察が詳しい状況を調べています。

13日午前10時前、平塚市と大磯町の境を流れる川に赤ちゃんの遺体が浮いているのを、近くにいた警察官が見つけました。

警察によりますと、赤ちゃんは体の大きさなどから生まれてまもないとみられ、裸だったということです。

赤ちゃんの性別やへその緒がついていたかなどは確認中だということで、警察が現場の状況を詳しく調べています。

現場はJR東海道線の平塚駅から南西におよそ2キロほど離れた、花水川橋付近です。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

遺体発見現場は花水川橋付近

現場は

この画像から

神奈川県平塚市唐ケ原の花水川橋付近と。

それにしても…

赤ちゃんはへその緒がついた状態で川に浮いていた

へその緒がついた状態で捨てたって事は出産間もないわけで、こんなとこに捨てられる体力がようあるな。

ほんま、こういう事ができる奴ってのは、繁殖能力が高い。

もう1つ分からんのが、何でこんな事ができるんやろな。

妊婦は出産後に母性ホルモンが分泌する

母乳が出るしくみ|母乳のはなし|和光堂わこちゃんカフェ
母乳が出るしくみについて、わかりやすく解説いたします。

赤ちゃんが生まれると、プロゲステロンのはたらきは弱まり、かわってオキシトシンというホルモンが分泌されるようになります。オキシトシンは母乳を噴出させるはたらきのあるホルモンです。

乳腺を発達させ母乳を作るプロラクチンは、赤ちゃんを守ろうという気持ちを作るホルモンとも言われ、“母性ホルモン”と呼ばれ、オキシトシンはママに幸福感や恍惚感を与える作用があり、“しあわせホルモン”と呼ばれることもあります。

この2つのホルモンは、赤ちゃんに乳首を吸ってもらうことが刺激となり、たくさん分泌されるので、最初は母乳が出にくいと思っている人も赤ちゃんに乳首を吸わせていることで出るようになることもよくあります。また、オキシトシンには子宮を収縮させるはたらきもあり、妊娠によって拡がった子宮を早く回復させる助けにもなります。

出産後はプロラクチンとかの母性ホルモンが分泌されて、母親は赤ちゃんが可愛くて仕方がないはずなんやけどねぇ。

この仕組があるから動物ですら赤ちゃんが生まれりゃ子供を可愛がるのに、人間はその本能が薄れてきてるんかね。

しかも、「十月十日」も自分の胎内で育ててるのに。

何でこんな事ができるんか、ホルモンから何から詳しく調べてくれんやろか?

何にしても、何度も書いてるけど、「望まぬ妊娠」をしても…

特別養子縁組の支援

一般社団法人ベビーライフ | 養子縁組・特別養子縁組なら
望まない妊娠、予期せぬ妊娠、育てられないお悩みならまずはお気軽にご相談ください。養子縁組を通して生まれてくる赤ちゃんのために、温かく安心な家庭を築ける「育ての親」を一緒に探すお手伝いをします。
ベビーライフでは妊娠されている方で、赤ちゃんを産んでも育てられない事情のある方への相談事業と特別養子縁組の支援を行っております。

中絶したくはないけれど、赤ちゃんを育てることができない状況でお悩みの方は、ご相談下さい。ご相談の秘密は絶対に守りますのでご安心ください。

生まれてくる赤ちゃんのために、温かく安心な家庭を築ける「育ての親」を一緒に探すお手伝いをします。

今は「特別養子縁組」って制度があって、それを支援してくれる組織もある。

こんな風に捨てる前に一度相談して欲しいもんです。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました