スポンサーリンク

女子中学生につきまとった赤山貴洋容疑者(34)を逮捕 11年前も女子高生に対する「強制わいせつ致傷」で捕まっている

スポンサーリンク

こういうのは死なな治らんねんな。

何度も書いてるけど、そろそろ「懲役」以外の罰の導入を本気で検討してくれんかね。

スポンサーリンク

女子中学生にストーカー 赤山貴洋容疑者(34)を逮捕 和歌山・紀の川市

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181216-00010000-asahibcv-l30
女子中学生につきまとう行為を繰り返したとして、和歌山県紀の川市の34歳の男が逮捕されました。

県の迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された赤山貴洋容疑者(34)は、県内に住む中学2年の女子生徒に、繰り返しつきまといや待ち伏せ行為をした疑いが持たれています。以前、勤務していた店に来店した女子生徒に好意を抱いたということで、警察の調べに対し、容疑を一部否認しているということです。警察は、他の女性にも同様の行為をした疑いがあるとみて、余罪を調べる方針です。

今回は「つきまとい」だけみたいやけど、11年前は…

赤山貴洋は11年前に強制わいせつ致傷と強要で捕まっている

農協は死んだ!! | ログ速
強制わいせつ:容疑でJA職員を逮捕--和歌山東署 /和歌山

和歌山東署は8日、紀の川市桃山町最上、JAわかやま職員、赤山貴洋容疑者(23)を強制わいせつ致傷、強要などの容疑で逮捕した。

調べでは、赤山容疑者は、今年8月9日午後3時半ごろ、和歌山市内の民家を訪ね、出てきた女子高生(16)の体に無理やり触るなどし、同日午後8時ごろ、自転車で帰宅中の女子高生に抱きつき、転倒させて約1週間のけがを負わせた疑い。

さらに10月3日午後7時半ごろ、この家に電話をかけ、女子高生に写真をばらまくなどと脅し、携帯電話のメールアドレスを教えさせた疑い。「目を付けていた」などと供述しているという。

同JAによると、赤山容疑者は営業の外回り担当で、8月9日午後3時半ごろは勤務時間だった。8日、赤山容疑者の懲戒解雇を決めた。

「強制わいせつ致傷」に「強要」。

写真を撮って、それをバラ撒くって脅すまでやってるんやからなぁ。

この時も「余罪」があったみたいやけど、今回も「余罪」があるとみて捜査。

もう、これは懲役じゃどうにもならんで。

まぁ、「強制わいせつ致傷」から「つきまとい」に変わってるんで、そこだけを見たら更生プログラムの効果もありそうな気もするけど、性癖が変わってない以上、ここからエスカレートするやろうし、いずれは「強姦」までやる。

そもそも、この赤山貴洋に限らず性犯罪者の再犯率は高いし、未成年者に対する性犯罪者の再犯率は8割を超えるってデータもある。

だからロリコン性犯罪者には、体に害を加える罰を導入するべきやねんな。

せめて…

ミーガン法

ミーガン法 - Wikipedia
ミーガン法(Megan’s Law)(ミーガンほう)は、本来1994年にアメリカのニュージャージー州で成立した性犯罪者情報公開法の俗称である。被害者女児の名を由来としている。その後他州や連邦レベルでも類似の法律が制定されるようになり、現在ではこれらを含めアメリカの性犯罪者情報公開法を一般的にミーガン法と呼ぶことが多い。一般に性犯罪者とよばれる人々をさまざまなメディア、場合によってはインターネット上に公開して身元を特定することを司法権力に要求するものである。

概要

性犯罪で有罪になった者が刑期を終えた後もその情報を登録し、一般に公開する制度を規定している。

内容は各州によって差があるが、出所(仮釈放)時や転入・転出に際して、住居周辺の住民への告知が行われる。住居に性犯罪歴があることを示すしるしを掲げるよう求めている州や、累犯者に対してホルモン療法を強制する州もある。

犯罪者の社会復帰を妨げているとの批判もあるが、ミーガン法の存在によって再犯が促されるというような事実はない。その一方でミーガン法が性犯罪の抑止や再犯防止に役立っているという事実もない。憎悪から住民が出所者に危害を加えうるのではないかという指摘があり、実際に性犯罪の前科を持つ者が暴行を受けたりしている被害については、世論として自己責任の範囲内であり犯罪抑止力であるととらえられている。

この「ミーガン法」みたいなGPSの装着義務とホルモン療法っていうか、化学的な去勢は今すぐ導入するべき。

何にしても、「犯罪者の人権」とかうるさいけど、優先すべきは犯罪者の人権よりも少女のはず。

なので、導入が難しいにしても、そろそろ本格的な議論ぐらいは国会でして欲しいもんです。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました