スポンサーリンク

韓国の裁判所が新日鉄住金への資産差し押さえを認める 元徴用工訴訟

スポンサーリンク

とうとうこの日が来ましたな(笑)

個人的には、この日を待ってたんやけど、あとはいつ執行するかですな。

ここからが始まりなんで、今後どうなるか色々と楽しみです。

スポンサーリンク

元徴用工訴訟 新日鉄住金への資産差し押さえを韓国の裁判所が認める

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190108-00000076-asahi-int
韓国大法院(最高裁)が昨年10月、元徴用工訴訟で新日鉄住金に賠償を命じた問題で、原告代理人の弁護士は8日、原告2人が大邱(テグ)地裁浦項支部に申請した同社の韓国内資産の差し押さえが3日付で認められたと明らかにした。日本政府は差し押さえの場合、日韓請求権協定に基づく協議を韓国政府に要請する方向で調整している。

映像ニュースはコチラ

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190108-00409277-fnn-int

差し押さえられるのは新日鉄住金とポスコの合弁会社の株式

原告側代理人によると、差し押さえられるのは、新日鉄住金と韓国の大手鉄鋼会社ポスコの合弁会社の株式で、関係文書が合弁会社に届き次第、株の売買や譲渡ができなくなる。

その新日鉄住金とポスコの合弁会社の株式ってのが「PNR」って会社で、新日鉄住金が保有してるのが…

新日鉄住金が保有するPNRの株は289億ウォン(約29億円)

新日鉄住金の韓国内財産289億ウォン…強制徴用被害者弁護人「差し押さえ手続き踏む」| Joongang Ilbo | 中央日報
「新日鉄住金が原告側と協議する意思がないということを確認し、資産の差し押さえ手続きを踏んでいく」先月、強制徴用の大法院(最高裁に相当)判決の被害者(原告)側代理人が新日鉄住金に対する資産差..
イム弁護士は「新日鉄住金は世界的な鉄鋼会社で、韓国内の財産が相当数確認された」とし「ポスコ合弁会社であるPNRの株式30%を新日鉄住金が保有している。これに対する差し押さえ手続きを優先的に検討する」と明らかにした。

PNRは2008年1月にポスコと新日鉄住金の前身である新日本製鉄が提携して発足した製鉄副産物リサイクル専門の合併法人だ。2017年末事業報告書基準で、資産962億3400万ウォン(96億1500億円)のうち30%である289億ウォン余りを新日鉄住金が保有している。

新日鉄住金の他の資産とは違い、PNR投資金は法的に差し押さえが可能だという。これまで差し押さえ対象に挙げられた新日鉄住金のポスコ持分3%はADR(米国預託証券)形態でニューヨーク市場で取り引きされているため「韓国国内資産」に該当しない。

29億円分と。

しかも、その株はニューヨーク市場で取引されてるから、『「韓国国内資産」に該当しない』ってか(笑)

まぁ、韓国人らしい話ですな。

何にしても、この流れは個人的に大歓迎なんで、どんどんやって国交断絶までもって行って欲しいもんです。

特定亜細亜
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。