スポンサーリンク

「好きな異性のタイプ」で分かる性格と相性

「好きな異性のタイプは?」の答えで性格や相性が分かるらしい…今日この頃。
“Ωヾ( ̄o ̄)ヘェー

オイラがネタ集め用に取ってるメルマガに載ってたんやけど、個人的にはこの手の話題にゃ興味ないからアレなんやけど、メルマガの性格上たまにはこういう話題も。
(;^_^Aフキフキ

分類もオイラはどこに分類されるんか、よう分からんねんなぁ。

「理想のタイプは?」って聞かれると完全に面食いなんやけど、現実的に「好きなタイプは?」って聞かれると、「その時好きになった人」で、好きなタイプが一つに収まる事がないからな。

まぁ、オイラの話はこの辺して、解説を…

スポンサーリンク

「顔」や「体つき」などの「見た目」が好みの「ビジュアル重視派」

顔や体つきなど、“見た目”の条件を真っ先に挙げる“ビジュアル重視派”は、動物的な直感によって恋をしていると言えます。

動物は求愛行動に会話がなく、匂いなどを含む“見た目”で相手を判断しているわけです。

このタイプは、恋愛に多くの理論を持ち込まず、感覚や本能で異性を好きになるタイプです。

長続きするかどうかは別として、情熱的な恋愛をしやすいでしょう。

よく、「人は中身だ」などと言われるように、外見で判断するのは浅はかだとする風潮もありますが、恋愛に視覚効果は非常に重要であり、見た目で惚れた相手の場合、多少のことは許せてしまうものです。

直感には実体や確証がない分、不確かなものと思われがちですが、人間のそれはなかなか侮れないものなのです。

このタイプは、イメージ先行型の恋愛をする傾向があります。

直感が外れた場合は、勘違いや空回りの恋愛に陥りやすい。

このタイプは相手を思いやったり気遣ったりするよりも、自己中心的に感情を押し付ける傾向も強く、身勝手な恋愛をすることが多いようです。

相性

感覚や本能で情熱的な恋愛をしやすいあなたは、同じように感覚派のビジュアル重視派、あるいはモーション重視派と相性がいいはずです。

ただし、ビジュアル重視派同士は互いに身勝手なので、その辺りで衝突を起こす可能性もあります。

恋愛経験の豊富なフリースタイル派は、その現実主義なところがどちらとも言えない相性です。

一番相性が悪いのは、頭でっかちで理屈っぽいパーソナリティー重視派です。

感情派と理論派では、気持ちの上ですれ違いが起こりがちでしょう。

スポンサーリンク

「優しい」や「面白い」などの「性格」が好みの「パーソナリティ重視派」

性格

「優しい」「面白い」など性格を好みの条件として挙げる人は、恋愛相手の人間性や存在そのものよりも、「一緒にいて自分が楽しいか、心地良いか」という恋愛中の自分の状態を重視する傾向が強いようです。

そこには、恋愛によって何かしらの良い影響を、相手から享受したいという貪欲な思いもあるのでしょう。

このタイプは意外と理屈っぽく、「私は(俺は)こういう性格だから、恋人はこういう性格の人がいい」など、自分や人をよく分析しています。多少頭でっかちなところもあって、一目惚れはしない、信じない、といった直感の鈍い人も多いかもしれません。

自分に向いている恋愛パターンというものを、ある程度固めてしまっている様子が伺えますので、感情的に盛り上がる恋愛には縁遠い人も少なくありません。

しかし、相手との関係を真面目に考える分、交際中は誠実で、長続きすることが多いと言えます。

相性

同じパーソナリティー重視派同士は、互いに互いを理解し合い、愛情を深めやすい好相性の組み合わせです。

恋愛経験が豊富なフリースタイル派にも、あなたの恋愛観は受け容れられやすいでしょう。

ただし、情熱的で自分勝手な恋愛を好むビジュアル重視派とは相性が良くありません。感覚的でムードや空気を大事にするモーション重視派とも、互いの価値観を理解しづらいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

「話し方」や「振る舞い」などの「動作や仕草」が好みの「モーション重視派」

性格

話し方や食べ方と言った漠然としたものから、女性なら「男性の煙草を吸う仕草」や「車の運転をする動作」、男性なら「髪をかき上げる仕草」や「笑った時、顔に添える手つき」などの具体的なものまで、しぐさや動作の条件を好みとして挙げる人は、動作による愛情表現に敏感な人が多いようです。

元々、動作という意味の英語「motion」には、異性に積極的に誘いをかける、という意味もあります。

このタイプは、比較的性的欲求の強い人が多く、異性の特定のしぐさや動作に発情する傾向があります。顔や体つきを条件に挙げる“ビジュアル重視派”と同じように、動物的な感覚が鋭敏だと言えます。視覚や聴覚ではわからない、空気や雰囲気を大切にする人です。

恋愛においてはムードを大事にします。ちょっと気障な振る舞いをしたりされたり、気取ったデートなどを好む傾向もあるでしょう。

美的センスの優れた人も多いのも特徴です。

相性

時にに気障な行動を取ったり、ムード重視の気取ったデートを好む傾向にあるモーション重視派と相性が悪いのは、現実主義者のフリースタイル派。

理屈っぽいパーソナリティー重視派とは、関係もシラケやすいでしょう。

相性の良い感覚派の中でも、まったく同じモーション重視派は相手のことがわかり過ぎてしまって刺激が足りないかもしれません。

自己中心的に感情をぶつけてくるビジュアル重視派のほうが、情熱的な恋愛に発展しやすい好相性です。

「その時好きになった人」が好みの「フリースタイル重視派」

性格

特定の条件を挙げず、「そのとき好きになった人がタイプ」と答える人は、恋愛において「理想と現実は違う」ということを自ら体験して知っているため、恋愛経験の豊富な人だと推測することができます。なかには、これまで好きになったタイプに一貫性のない、恋愛体質の人も少なくないでしょう。

このタイプの人は、そのとき好きになったタイプに対し、臨機応変に付き合う術を持っていることが多いものです。

どんなタイプにもある程度合わせたり、あるいは相手に合わさせることが上手なはず。

博愛主義者や八方美人タイプが多いことも否めません。

人を分析し、大まかな括りで決め付けたりすることはせず、人の短所を見ずに長所を探し出すことに長けている傾向があります。

社交的で同性の友人も多く、周りはいつも賑やかで人が集まってくるタイプだと言えるでしょう。

相性

どんなタイプとも比較的うまく付き合えますが、やはり一番合うのは同じように恋愛経験の豊富なフリースタイル派。

その次に、自分や人の性格を分析して理解しようという誠実なパーソナリティー重視派とも、相性が良いほうです。

ある程度の経験によって現実主義になっているあなたには、ビジュアル重視派やモーション重視派のような、感覚的で感情的な恋愛の機微は、遠い昔のことのようにリアルに伝わらないかもしれません。

特に、モーション重視派のムードづくりには、ウ材と感じる可能性もあるでしょう。

当ってるんか、外れてるんかは別にして、それなりに説得力もあるし、ネタとしてはおもろいわな。

飲み屋に行った時に使わせてもらおっと。
(= ̄▽ ̄=)

まぁ、この手の話を飲み屋の姉ちゃんにしても相手の方が1枚も2枚も上手なんやけどな。

よう見てるっちゅうか、何ちゅうか…

支払いの仕方がどうととか、車を必要以上に大事にする男はどうとか、逆にすぐ乗り換える男はどうとか…

経験に基づいたうんちくが腐るほど出て来るからな。
(= ̄▽ ̄=)

個人的には「好きなタイプは?」の答えより、好きな食べ物を先に食べるか、最後に食べるかの方が性格が出ると思うけど、はてさて。

読んだ感想を教えて下さい。

占い・心理・診断
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました