スポンサーリンク

タスポは実に胡散臭い

スポンサーリンク

禁煙しようかと思う…今日この頃。
~~~-y( ̄Д ̄)。o0○

タバコの害自体は科学的根拠がないとする側の人間なんやけど、今日から始まった「タスポ」どうにも胡散臭い。

P業界におった時にあったパッキーカード、パニーカード以上の胡散臭さですわ。

何と言ってもタスポの発明者、大津洋三郎っちゅうのがどうにも胡散臭い。

あんまり書くと怒られるから、詳細は省くけど、調べりゃ調べる程鼻が曲がる程胡散臭い。

しかも、このタスポ導入にかかる費用が1台当り7万円。

全国のタバコの自販機の台数は…

56万5252台。

しかも、このタスポの特許範囲はタバコだけに留まらん。

まぁ、顔写真も含めて「個人情報満載」のカード。

それだけで終わらすわけないわな。

タスポ導入は、「未成年者保護」っちゅう大義名分やけど、裏側は個人情報管理のプロローグっちゅう事ですわ。

いずれ国民全員が対象になるやろな。

被害者が喫煙者だけで終わるように、注視しましょう。

それにしても大津洋三郎の何が胡散臭いって、この大津洋三郎っちゅうのがスネに傷があり過ぎやねん。

朝鮮総連やら、工藤会やら…

まぁ、ネット上の情報やから定かやないけど…

それにしても、何でこんなカードが必要なんか意味が分からん。

自販機撤収して、どこのコンビニでも買えるようにしたらええだけの話。

顔写真やら個人情報より、対面販売の方がよっぽど未成年者保護やろが。

いずれは、これに電子マネーもついて、さらに大儲けっちゅう算段かい。

タバコを吸い始めて、初めてやめようかと思った今日この頃です。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました