スポンサーリンク

元象印副社長事件 西口宗宏被告(57)の上告を最高裁が棄却 西口宗宏被告の死刑が確定

スポンサーリンク

2人殺してるし、強盗殺人やし、死刑以外にないわな。

弁護側の反論がイラッとさせるけど、こういうのを弁護する時は、どんな気持ちで弁護しとるんか聞いてみたい。

スポンサーリンク

元象印副社長ら2人を強殺した西口宗宏被告の死刑が確定

YouTube
表示できません - Yahoo!ニュース
堺市で平成23年、象印マホービン元副社長の尾崎宗秀(そうしゅう)さん=当時(84)=ら2人を殺害し、金品を奪ったとして強盗殺人などの罪に問われ1、2審で死刑判決を受けた無職、西口宗宏(むねひろ)被告(57)の上告審判決で、最高裁第3小法廷(岡部喜代子裁判長)は12日、被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

岡部裁判長は判決で「犯行は強固な殺意に基づく計画的なもので、殺害方法も冷酷というほかない。被害者に全く落ち度はなく、動機も身勝手で酌量の余地はない」と指摘した。

1、2審判決によると、西口被告は23年11月、堺市南区の商業施設で、主婦の田村武子さん=同(67)=を車に押し込み、現金約30万円などを強奪して殺害。同12月には、堺市北区の尾崎さん宅に侵入し、約80万円などを奪った後、尾崎さんを殺害した。

30万円と80万円の為に人を殺すとか、ほんま理解に苦しむな。

事件の概要は…

堺市連続強盗殺人事件

堺市連続強盗殺人事件 - Wikipedia
堺市連続強盗殺人事件(さかいしれんぞくごうとうさつじんじけん)とは2011年(平成23年)11月から翌12月にかけて大阪府堺市で発生した連続殺人事件。

この事件では象印マホービンの元副社長、尾崎宗秀(おざき そうしゅう)が巻き込まれた。

概要

2011年11月15日、大阪府堺市南区に住む主婦(当時67歳)が買い物帰りに失踪し、翌日ATMで主婦の口座から現金が引き出された。12月1日、同市北区の象印マホービン元副社長、尾崎宗秀(当時84歳)の自宅で尾崎が結束バンドで拘束され顔に食品用ラップが巻かれた状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。自宅からは所有マンションから集金した家賃計74万円が無くなっていた。

12月6日、主婦の口座から現金を引き出した容疑で同市に住む男N(当時50歳)を窃盗罪で逮捕した。取り調べでNは2人を殺害し、主婦の遺体を焼却して河内長野市の山中に遺棄し、それぞれ現金を奪ったことを認めたため、大阪府警察は翌2012年2月14日にNを強盗殺人罪、死体遺棄・損壊罪で起訴した。3月15日には尾崎に対する強盗殺人罪でも起訴された。

被告人

裕福な家庭で生まれ育ったNは、地元の高校を卒業後建設関係の会社で働き始め、30代で独立するも失敗し、その後は無職で多額の借金を抱えていたと報道されていたが、一方で娘に5万円以上するブランド服を着せるなど浪費癖が目立っていた。1999年に死亡した母親の遺産として預金7000万円と不動産を相続してからは、生活はますます派手になり、遺産を3年足らずで使い果たした挙句、2004年3月に保険金詐欺目的で3600万円の火災保険をかけた自宅に放火した現住建造物等放火罪で逮捕・起訴され、有罪判決を受け服役しており、今回の事件は8月に仮釈放されてから3ヶ月後に起きた出来事であった。尾崎とNは向かいの家に住んでおり、Nが幼かった頃から付き合いがあった。

母親の遺産を食いつぶして、自宅に火をつけて保険金詐欺をして、服役して仮釈放後3ヶ月で強盗殺人。

こんな生き物を税金で生かし続ける意味が分からんな。

死刑以外にあり得んのやけど、弁護側は…

西口宗宏被告の弁護側「死刑は残虐な刑罰で無期懲役が妥当」

弁護側は「絞首刑は首が切断される可能性もあり、残虐で違憲だ」とも主張。1審大阪地裁堺支部の裁判員裁判では「死刑制度の是非」が争点となり、死刑執行に立ち会った経験のある元刑務官らの証人尋問など憲法論議が中心となる異例の経過をたどった。

「絞首刑は残忍で違憲」とか意味が分からん。

この西口宗宏はもっと残忍な事をやっとるがな。

それは許されるんか?

残忍な事をすりゃ、残忍な刑罰を受けるのは当然。

コイツには、死刑すら生ぬるいやろ。

弁護士はこれが仕事とはいえ、どういう気持でこんな弁護してるんやろな。

こういうのは、「被害者侮辱罪」とかに出来んもんかね。

ほんま、死刑反対の弁護士には色々とイラッとさせられる。

何にしても、死刑が確定しても、死刑執行までが長いんで、刑事訴訟法第475条を守って、判決確定から6ヶ月以内に死刑を執行して欲しいもんです。

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました