スポンサーリンク

ガソリンの適正価格は? ガソリン価格のカラクリ

スポンサーリンク

ガソリンの値段が上がってるけど…な、今日この頃。
/(-_-)\ ウ~ン

ガソリンが「高くなった、高くなった」って騒がれてるけど、ほんまに「高い」んやろか?

ガソリン価格の高騰の原因は、原油をおもちゃ(マネーゲーム)にしとるのアホがおるからなんやけど、1リットル150円が高いんかどうか気になって調べてみたところ…

実は「安い」んちゃうかと思い出した。

ガソリン税はそうたいして変わっとらんから、単純に原油価格の推移と比べてみると、意外に安いし、卵と比べても値段の変化は少ないねんな。

昭和20年頃はガソリン税もなかったおかげで、1リットル20円代。

この頃の原油価格は1バレル2ドル程度。

昭和40年代はガソリン税が出来た影響もあって、1リットル50円代になる。

この頃の原油価格は1バレル5ドル程度。

で、原油価格も安定してたんやけど、中東戦争の影響でイスラエル支援国には原油価格を2倍にすることになったんやな。

日本もアメリカと同盟組んでるから、これの影響を受けることになる。

これがオイルショック

この昭和49年のオイルショックで1リットル100円代に。

この頃の原油価格は1バレル10ドル程度。

ここまで見ると、きれいに原油価格とガソリン価格が比例してるのが分かるわな。

1バレル2ドルの時は、1リットル20円。

1バレル5ドルの時は、1リットル50円。

1バレル10ドルの時は、1リットル100円。

さて問題です。

今の原油価格は1バレルいくら?

11/7の時点で1バレル96ドル。

ちゅうことは、きれいに比例してるんやから、1リットル960円にならなおかしないか?

中東依存からの脱却やら、色々要因はあるんやろうけど、この流れを知ると1リットル150円っちゅうのが不思議な感じがする。

今までがぼったくってたんか、誰かがどこかで調整しとるんか…

ぼったくってたんやったら、まだええねんけど、これが誰かが調整してるとなると、ちょっと不安やな。

日本政府が調整してるんやったら別に構わんのやけど、アメリカが噛んでるとなると…

安い値段に慣らしておいて、一気に上げる。

そうなると日本中がパニックになる。

ガソリン価格の上昇が原油価格の上昇よりも、テロ特措法を延長せんかったのをアメリカが怒って、嫌がらせをしとるんやったらって考えると…

それは、ないか。

まぁ、来年の3月には租税特別措置法の期限が切れるから、ガソリン税が半分になって、一気に24円程安くなるけど、どうなることやら。

テロ特措法は延長出来んかったけど、こっちの特措法はあっさり延長したりして…

まぁ、陰謀説とかの妄想は置いといても、ガソリン価格はいくらが妥当なんやろな。

昔に比べて、精製技術もアップしたやろうし、コストダウンもしてるから、一概に原油価格と比べたらあかんのやろうけど…

ガソリン業界に詳しい人がいたら、ガソリン価格のカラクリを教えて下さい。

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました