「嫌韓流」ならぬ「嫌阪流」っいう言葉がある

嫌韓流ならぬ嫌阪流っちゅう言葉がある…今日この頃。
“r(^_^;)ポリポリ

「月刊スレッド」だかっちゅう雑誌で「嫌阪流」の特集をやっとるんやけど…

まぁ、同和に在日、ヤクザにホームレスなどなど日本の闇が凝縮されとるからのぉ。
(= ̄▽ ̄=)

それと大阪人のイメージの、「声が大きい」、「我が強い」、「図々しい」などのイメージが嫌われる元なんやろな。

まぁ、この件に限らずこういう事を書くと…

「○○にもいい人はいる」

「一緒くたにするな」

などなど下らん反論をする人がおるけど、そういう反論する時点で「事実」と認めとるっちゅう事に気付いとらんのやろか?

そういう反論をする時点で「自浄作用」がない証でもあるしな。

まぁ、大阪に限らず京都も奈良も日本の中心やった歴史があるから、「関西人」はプライド高いとこもあるわな。

それに、そういう歴史があるからこそ、闇の歴史もあると。

光が強ければ、闇も濃くなるのが道理ですわ。

何が書かれてるんか分からんから、これ以上何とも言いようがないんやけど。

ロクな事書かれてへんのやろうけど、読むしかないか。

まぁ、「嫌い」っちゅうネガティブな話だけやなくて、その「嫌い」の元が何かまで辿ってくれてると、なかなか興味深い話になるんやけどなぁ。

読んで検証してむるかな。

個人的には、嫌いなヤツに好かれようと思っとらんから、「嫌阪流」って言われてもどうでもええねんけど…

話のネタに読んどこっと。



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

日本語・日本
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました