日米の顔文字の違い 日本は「目」で感情を表しアメリカは「口」で感情を表す

顔文字の違いで、日米の違いが分かる…今日この頃。
“Ωヾ( ̄o ̄)ヘェー

こんな事研究してる人おるんやな。

ちゅうか、こんなとこにも「文化」の違いが表れてることに感動した。
(=∩_∩=)

何がどうちゃうかっちゅうと、日本の顔文字は「目」で表情を表してるのに対して、アメリカじゃ口で表しとるねんな。

「笑う」

日本
(⌒ー⌒)

アメリカ
🙂
※90度回転させて下さい。

「悲しい」

日本
(T_T)

アメリカ
🙁

「驚く」

日本
w(°o°)w

アメリカ
:-O

明らかに日本の方がセンスが上やな。
( ̄ー+ ̄)ニヤリ

ちゅうか、何で横やねん。見辛くてしょうがない。

まぁ、目が必ず「:」やから横にせな顔にならんわな。

ちなみに「ウインク」は…

😉

ちゅう風に日本の顔文字は「目」で表情を作ってるのに対して、アメリカは「口」で表情を作ってるのがよく分かるやろ。

顔文字の文化自体が日本発祥って話もあるから、バリエーションの多さでは日本が多いのは当然なんやけど、「目」と「口」ちゅう着眼点はおもろいな。

ようするに、日本人は「目」で相手の感情を読み取ろうとしてて、アメリカ人は「口」で感情を読み取ろうとしてるってことやな。

本音と建前の文化がある日本じゃ、口から出る言葉と目が発してる真意が違うことの表れなんやろ。

それだけアメリカ人が本音で話してる裏返しでもあるか。

「目は口ほどにものを言う」

っちゅうのは、日本人の発想なんやな。

「目を見て話せ」

とも言うし、日本人は自然と「目」を意識するようにプログラムされとるんやろな。

笑ってても「目が笑ってない」って言うしな。

とにかく、日本人のコミュニケーションには「目」が大事ちゅうことですな。
d(°-^*)⌒☆

それにしても、顔文字の文化が発展した裏側には、文字の多さも関係しとるやろな。

欧米人が使えるのはアルファベットと記号のみ。

それに対して日本人は、アルファベットはもちろん漢字、全角かな、半角かな、しかもひらがなとカタカナがある。

この使える文字の多さが顔文字文化の発展に繋がっとるんやろな。

テキストアートも日本のはスゴイもんなぁ。

たかだか「顔文字」でも奥が深い。

何にしても、これだけの文字を駆使してる民族なんやから、顔文字だけやなくて「言葉」自体も大事にして欲しいもんですな。



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

日本語・日本
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました