「なぜ、ナナが突然…」 ライオンが飼育員襲う 関係者に衝撃 長野

シェアする

「なぜ、ナナが突然…」 ライオンが飼育員襲う 関係者に衝撃 長野

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170227-00000009-san-l20







「なぜ」って本気で言うとんのか?

小諸市動物園のアイドル的存在だった雌のライオン「ナナ」が26日、女性飼育員に襲いかかって重傷を負わせた。平成16年10月に同園にやって来て以来、飼育員はじめ人間に危害を加えたことは皆無だったという。その衝撃に動物園関係者は「なぜ、ナナが突然…」と絶句した。

同園を管理する小諸懐古園によると、負傷した飼育員の大井沙耶香さん(22)は、2人の担当飼育員のうちの1人で、ナナとの“付き合い”は約2年になる。「ナナは大井さんにとても懐いていた」と動物園関係者はいう。

あのねぇ、飼い猫ですら、飼い主に噛みついたり引っ掻いたりするんやで。

ライオンが襲うのは当たり前やろ。

人間同士でも仲良くても喧嘩する時もあるわけで、いくら懐いてても機嫌が悪けりゃこうなるやろ。

ライオンが襲った事に「なぜ」って言うより、そういう事を想定しとらんのが「なぜ」ですわ。

そもそも、ちゃんと鍵をかけて作業してりゃこういう「事故」は起きとらんねん。

それを気の緩みか何か知らんけど、「今までこんな事は起きてない」っちゅうアホ理論で作業するから、こういう事になる。

ちゅうか、これを本気で「なぜ」って言うようじゃ、起こるべくして起きた「事故」ですな。

こういう人間のミスでライオンが殺処分される事になるってのは、ほんまライオンが不憫ですわ。

人間の都合で見世物にされて、人間のミスで殺される。

ほんま、人間ってのはどこまでも我が儘な生き物ですな。

何にしても、命を扱ってるんやから、それなりの覚悟と緊張感を持って仕事をして欲しいもんです。


ライオンの飼い方―猛獣・海獣・珍獣・巨獣といっしょに暮らす!!


にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

フォローする