【森友学園問題】大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請

シェアする

【森友学園問題】大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請

大阪 松井知事 森友学園の小学校 認可答申の背景に国の要請 | NHKニュース
学校法人「森友学園」が大阪・豊中市に建設していた小学校は、認可の申請を取り下げたことで、来月の開校ができなくなりました。大阪府の私学審議会が…







これは爆弾発言ですな(笑)

大阪府の私学審議会は、おととし1月に開いた臨時の会合で、条件付きで認可するのが適当だとする答申をまとめていました。さらに、その翌月に開かれた国の審議会では、建設予定地だった豊中市の国有地を森友学園に10年以内に売却することを条件に、借地契約を結ぶことが了承されていました。

これについて、大阪府の松井知事は13日、「当時、国からは国有地の売り渡しを審議会にはかるため、小学校の認可の見込みを発表してくれと言われた。国の担当者が大阪府教育庁の私学課に何度も足を運んでいた」と述べ、府の私学審議会が答申をまとめたのは、国有地の売却を早く進めたい国の要請を受けたものだったという認識を示しました。

「国が土地を売りたいから、小学校を認可してくれって何度も足を運んでた」って、さらっと言うとるけど、これはアウトやろ(笑)

高値で売りさばいてるならまだしも、実質ゼロ円で、そんなに急ぐ理由はないわけで、何かしら「謎の力」が働かんと小役人がここまでやらんがな。

誰が急がせたんですかねぇ(笑)

何か申請取り下げで終わりそうな雰囲気やったけど、これでまた燃えるやろ。

何にしても、「国の関与」が明らかになったわけで、この辺の真相を解明する為にも少なくとも松井知事は国会に呼ぶべきですな。


サンデー毎日 2017年03月19日号 [雑誌]


にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

フォローする