準強姦未遂罪に問われたプナルバシ・オンデル被告(23)に無罪判決 被害者に付着した体液は証拠にならず

シェアする




被害者の尻に体液がついてるのに、それが証拠にならんかったら、中出し以外は強姦にならんようになると思うんですけど…

準強姦未遂罪に問われた被告に無罪判決 東京地裁

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000045-asahi-soci
被告は2015年12月、知人でトルコ国籍の無職少年(当時16)=少年院送致=と共謀し、酒に酔った30代女性を東京都北区のJR赤羽駅近くの多目的トイレ内で暴行した、として逮捕された。逮捕時から一貫して否認し、準強姦未遂罪で起訴されていた。

検察側は、女性の尻についた体液が被告のDNA型と一致したと主張したが、石井裁判長は「(性交とは無関係の)何らかの理由で付着した可能性があり、犯人の裏付けにはならない」と退けた。

「性交とは無関係の何らかの理由」って何やねん(笑)

いきなり、シコりだしたって事?(笑)

仮にそうでも強制わいせつが成立するやろ。

ちゅうか…

公衆トイレで女性乱暴し、金奪う 難民申請中のトルコ人2人逮捕

公衆トイレで女性乱暴し、金奪う 難民申請中のトルコ人2人逮捕 警視庁
公衆トイレで集団で女性を乱暴して現金を奪ったとして、警視庁組織犯罪対策2課は集団強姦と強盗の疑いで、ともにトルコ国籍の埼玉県川口市前川の解体作業員、プナルバシ・…
逮捕容疑は、平成27年12月27日午前0時半ごろ、東京都内に住む30代の日本人女性を東京都北区のJR赤羽駅近くの公衆トイレに連れ込み、乱暴したうえ、現金9千円を奪ったとしている。プナルバシ容疑者らと女性に面識はなかった。

同課によると、プナルバシ容疑者らは昨年8月と10月に「親族間のトラブルがあり、トルコに戻れない」などとして難民申請をしており、審査中の期間に認められる「特定活動」の在留資格で日本に滞在していたという。

公衆トイレに連れ込んで、尻に体液が付着してるのに無罪になるんやったら、たいがいのレイプは無罪やで。

ほんま、理解に苦しむ判決ですな。

まぁ、「強姦」が成立するには「姦淫」がないとあかんから、要するにわいせつ行為はあったかもしれんけど、挿入されたかどうか分からんって判断なんやろうな。

挿入されたかどうかの証拠を出すには、被害者が病院に行って、性器をいじくられて診断書を出してもらわなあかんからねぇ。

そこまでせんと、「疑わしきは罰せず」ですよっと。

理屈は分からんでもないけど、やっぱり理解に苦しむ判決ですな。

それにしても、難民申請中にこんな事をしでかすんやからねぇ。

ほんま、移民、難民の類はお断りしたいもんですな。


今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路: 「移民政策のトリレンマ」が自由と安全を破壊する

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

『準強姦未遂罪に問われたプナルバシ・オンデル被告(23)に無罪判決 被害者に付着した体液は証拠にならず』へのコメント

  1. 名前:名なしさん 投稿日:2017/07/29(土) 22:44:17 ID:73d3514ab 返信

    「検察最低」と書いてるが何でやろう?
    検察は起訴してるから問題ないと思うが❗
    検察ではなく、言うならば判決を下した判事に問題あると思うが。

  2. 名前:ぶんぐ 投稿日:2017/07/30(日) 00:23:51 ID:74230f4b2 返信

    「検察最低」なんて書いてませんけど?

  3. 名前:DEVIL 投稿日:2017/07/30(日) 12:35:23 ID:d53c7fd07 返信

    犯罪を犯す外人は即強制送還出来る法律にすべき。そうすると在日朝鮮人の70パーセントはいなくなります。

  4. 名前:大学生 投稿日:2017/08/24(木) 06:32:37 ID:5fcd7a6f5 返信

    これ普通に「尻に着いた」ってのは
    衣服に着いた訳じゃないのだから
    この判決おかしいですよね?

    衣服を脱がさなければ体液が尻に付かないのだから。

    移民、難民は困りますわ。

    特に重要なのは、難民受け入れの拒否権が被害者の女性にない事ですよね。

    難民受け入れの法律を民主党が勝手にいじっておかしくなりましたわ。

  5. 名前:名なしさん 投稿日:2017/09/08(金) 15:58:39 ID:62ce9414c 返信

    日本人は痴漢冤罪でも有罪なのに、外国人様はレイプしても無罪かよ

    日本の司法マジでゴミだな
    恥を知れ