葦原中国平定(大国主の国譲り)|日本神話(古事記)19

シェアする

それでは前回の続き。

タケミカヅチは、アメノトリフネで出雲に行き、伊奈佐の小浜に降り立った。

もう登場シーンからして、今まで雰囲気がちゃうな。

そして、剣を抜き、地面に逆さまに立て、その剣先にあぐらをかいて座り…

何か、よう分からんけど、とにかくスゴそうなのは分かる(笑)

そして、タケミカヅチはオオクニヌシに…

タケミカヅチ
「おいオオクニヌシ!!よう聞け!!

この葦原中国は、アマテラスオオミカミの御子が統治せなあかん国やねん。

お前は、それについてどない思っとるんや?」

登場シーンからして、迫力あんのに、この問い詰めにさすがにビビッたオオクニヌシは…

オオクニヌシ
「わ、私にはお答えすることができません。我が子のコトシロヌシ(言代主神)が代ってお答え致します。

しかし、今は狩りや漁をする為に美保の岬へ行ったまま、まだ帰って来ておりません」

敬語やから標準語に…

すると、アメノトリフネは、美保の岬に飛んで行き、コトシロヌシを連れて帰ってきた。

アメノトリフネは、船やけど、一応神様やねん。

で、コトシロヌシに同じ事を聞くと…

コトシロヌシ
「こ、この国は、アマテラスオオミカミの御子様のものでございます…」

と答えると、乗って来た船を踏みつけて、逆手で手を打って青柴垣に変化させると、その中に隠れてしまった。

そして、タケミカヅチは、オオクニヌシに…

タケミカヅチ
「お前の息子は、こない言うとるけど、他に何か言う息子はおんのか?」

すると、オオクニヌシは…

オオクニヌシ
「もう1人タケミナカタ(建御名方神)という息子がおりますが…」

と、オオクニヌシが答えると、タケミナカタが、千人で運ばな動かん程の大岩を手の上で転がしながら登場。

タケミナカタ
「さっきから、そこでゴチャゴチャぬかしとんのは誰じゃ!!」

するとタケミカヅチが…

タケミカヅチ
「俺は、アマテラスオオミカミの命令でこの国を貰いに来た、タケミカヅチや」

それを聞いたタケミナカタは…

タケミナカタ
「何ぃ~!!この国を貰いに来たぁ!!

そやったら、俺と力比べをしろ!!まずは、俺からや!!」

そう言うて、タケミナカタがタケミカヅチの手を握ろうとすると、手が氷柱のように凍っていまし、そして剣に変ってしまう。

タケミナカタ
「なっ何じゃこりゃ!!」

驚いたタケミナカタが後ずさりすると、タケミカヅチが…

タケミカヅチ
「今度は俺の番やな」

って言うて手を握ると、その手を若葉を摘むように握りつぶして投げつけたので、タケミナカタは、すっかりビビッてしまい逃げ出してしまう。

タケミカヅチ
「俺から逃げられると思っとんのかい」

タケミカヅチは、タケミナカタを追って、科野国の州羽の海(諏訪湖)まで追いつめる。

諏訪湖って…

一瞬にして、島根から長野まで逃げたんかいな。

追い詰められて観念したタケミナカタは…

タケミナカタ
「どうか命だけは…

私は、二度とこの地からでません。父オオクニヌシ、兄コトシロヌシに従います。この葦原中国は、アマテラス様の御子様の国でございます」

と、負けを認める。

このタケミナカタが祭られてるのが「諏訪大社」

このタケミカヅチとタケミナカタの力比べが、相撲の起源になってるらしいわ。

オオクニヌシの息子2人が、葦原中国は、アマテラスの子供の国と認めて、タケミカヅチがもう1度オオクニヌシに…

タケミカヅチ
「コトシロヌシとタケミナカタは認めたな

で、お前はどうなんや?」

すると、オオクニヌシは…

オオクニヌシ
「仕方ありません。息子2人が従うと言うのなら私も従います。

ただ…」

タケミカヅチ
「何や?」
オオクニヌシ
「その代わりと言っては何ですが、私の住む所として、天の御子が住むのと同じくらい大きな宮殿を建てて下さい。

そして、私の百八十の息子達は、コトシロヌシを先頭にお仕えしますので、御子様に背く者はいないでしょう」

こうして、タケミカヅチは、出雲の多芸志(たぎし)の小浜に神殿を造り、クシヤタマ(櫛八玉神)が身の回りの世話をした。

これが、今の「出雲大社」

巨大神殿やった事が事実やった痕跡が色々と発見されてるんで、この話は「事実」に基づいて書かれてるんやな。

こうして、葦原中国平定を終えたタケミカヅチは、高天原に戻り報告をしたとさ。

これが、「大国主の国譲り」ってことになっとるんやけど、どの辺が譲っとるんやっちゅう話やな。

完全に強奪…

まぁ、何にしても、これで大和朝廷の一応の統一がされたことになる。

いよいよ古事記上巻(日本神話)も終盤。

神武天皇誕生まであと少しやな。

今回はここまで。


大和朝廷成立の謎―古代出雲王国から邪馬台国へ





にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

フォローする