ミシュラン一つ星の「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴さんが愛猫に噛まれ10日後に亡くなる

ミシュラン一つ星の「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴さんが愛猫に噛まれ10日後に亡くなる

猫に噛まれて10日後に亡くなるってのが怖いけど、「パスツレラ症」やら「カプノサイトファーガ感染症」やら死亡例がある感染症があるからねぇ。

それにしても、Twitterで9月14日に猫に噛まれて休業って報告があるけど、そこからこんな早く亡くなる事があるってのが怖い。

スポンサーリンク

「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴さんが急死

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
ミシュランで星を獲得した世界初のラーメン店「Japanese Soba Noodles 蔦」(東京・代々木上原)のオーナーシェフである大西祐貴氏が亡くなったことがわかった。43歳だった。

同店は化学調味料は使用せず素材の味にこだわり、2016年にミシュラン史上初となるラーメン店での一つ星評価を受けた。23日、「Japanese Soba Noodles 蔦オーナーシェフ大西祐貴が享年43歳にて急逝いたしました」と店の公式サイトが発表した。

「Japanese Soba Noodles 蔦 一同」の署名のもと、「大西祐貴は、世界で初めてミシュランの星を獲得したラーメン店『Japanese Soba Noodles 蔦』を創業し、国境を越えて世界的にラーメンの人気を確立させた、才能に満ち溢れたシェフでした。ご親族、ご友人の皆様と喪に服すと共に、世界中のスタッフが一心となり、故大西祐貴の遺志を継げるように努めてまいります」とつづっている。

映像ニュースはコチラ

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

ミシュラン一つ星の「Japanese Soba Noodles 蔦」の大西祐貴さんが愛猫に噛まれ10日後に亡くなる

世界初のミシュ星ラーメン店の店主の大西祐貴さんがこんな形で急死して騒然としてるわけやけど、人間何が起きるか分かりませんな。

スポンサーリンク

大西祐貴さんがオーナーシェフの「Japanese Soba Noodles 蔦」

Japanese Soba Noodles tsuta | Japanese soba noodles 蔦 | 日本
JapaneseSobaNoodles 蔦オフィシャルサイト。自然の食材の本来の美味しさを引き出した日本が誇る日本人らしいラーメンを世界中に伝えています。 「ミシュランガイド東京2016」ラーメン部門にて、世界初のミシュラン一つ星を獲得。
30歳からの挑戦。ラーメン店「蔦」・大西祐貴さんが世界初ミシュラン一つ星を獲得するまで

インスタで

訃報の報告をしてるけど、Twitterでは…

スポンサーリンク

大西祐貴さんがTwitterで経緯をツイートしていた

この時に入院出来んかったんやろか?

コロナの影響?

何ともよく分からんけど、猫に噛まれて10日後に亡くなるってのが怖い。

パスツレラ症とカプノサイトファーガ感染症

犬猫に噛まれて起きる感染症も色々あるけど、代表的なのが

パスツレラ症

パスツレラ症 | 感染症情報 | 小動物獣医療関係者向け情報 バイエル薬品株式会社 動物用薬品事業部
イヌの約75%、ネコのほぼ100%が口腔内常在菌として病原体を保有しています。他の人獣共通感染症(ズーノーシス)とは比較にならないほど高い病原体保有率ですが、この感染症の存在はほとんど知られていませんでした。 これまでは皮膚化膿症が主な症状であるとされてきましたが、最新の調査では、呼吸器系の疾患、骨髄炎や外耳炎などの局...
イヌの約75%、ネコのほぼ100%が口腔内常在菌として病原体を保有しています。他の人獣共通感染症(ズーノーシス)とは比較にならないほど高い病原体保有率ですが、この感染症の存在はほとんど知られていませんでした。
これまでは皮膚化膿症が主な症状であるとされてきましたが、最新の調査では、呼吸器系の疾患、骨髄炎や外耳炎などの局所感染症、敗血症や髄膜炎など全身重症感染症、さらには死亡に至った例も確認されています。

パスツレラ症の致死率は30%程度らしい。

カプノサイトファーガ感染症

カプノサイトファーガ感染症にご注意ください
 犬や猫の咬傷によりカプノサイトファーガ感染症を発症することがあります。 日頃から、動物との過度のふれあいは避け、動物と触れあった後は手洗いなどを確実に実行してください。 カプノサイトファーガ感染症とは  カプノサイトファーガ・カニモルサ..
カプノサイトファーガ・カニモルサス、カプノサイトファーガ・カニス及びカプノサイトファーガ・サイノデグミという細菌を原因とする感染症です。この細菌は犬や猫などの口腔内に常在しており、犬や猫に咬まれたり、引掻かれたりすることで感染します。

症状は、発熱、倦怠感、腹痛、吐き気、頭痛などです。重症化した場合は、敗血症や髄膜炎を起こし、播種性血管内凝固症候群(DIC)や敗血性ショック、多臓器不全に進行して死に至ることがあります。

今までに報告されている患者数は非常に少ないことから、本病は極めて稀にしか発症しないと考えられます。しかし、高齢者など、免疫機能が低下している方は、発症した場合、重症化しやすいと考えられますので注意してください。

カプノサイトファーガ感染症の致死率は25%程度らしい。

どっちも重症化したら怖いな。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、犬猫に噛まれても怖いけど、擦り傷、切り傷を放置すると破傷風になる事もあるんで、傷には、ほんま注意しましょうって事ですな。

謹んでご冥福をお祈り致します。





17LIVE

#17LIVE
#PR







17LIVE

#17LIVE
#PR



時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました