スポンサーリンク

同性パートナーを殺害された内山靖英さん(45)が「犯罪被害者給付金」を申請するも不支給 名古屋地裁に提訴するも棄却

同性パートナーを殺害された内山靖英さん(45)が「犯罪被害者給付金」を申請するも不支給 名古屋地裁に提訴するも棄却

内縁の妻で貰える「犯罪被害者給付金」やけど、同性同士の事実婚は社会通念が形成されてないから棄却と。

内縁の妻も「社会通念」は微妙やと思うんやけど、異性の内縁関係は認めて同性の内縁関係を認めんってのはおかしな話ですな。

異性間の内縁関係が認められるなら、それを基準に当てはめりゃええだけの事やん。

異性間の内縁関係も法的な証拠は何一つないんやし。

スポンサーリンク

同性パートナーを殺害された内山靖英さんに「犯罪被害者給付金」を認めず

同性パートナー殺害された男性に“犯罪被害者給付金”認めず…“事実婚”には支給も「社会通念形成されていない」(東海テレビ) - Yahoo!ニュース
 6年前、名古屋市中村区で同性のパートナーを殺害された男性が、事実婚の配偶者には認められる犯罪被害者給付金の支給を求めて裁判を起こしていました。  名古屋地裁は4日、男性の訴えを棄却しました。
6年前、名古屋市中村区で同性のパートナーを殺害された男性が、事実婚の配偶者には認められる犯罪被害者給付金の支給を求めて裁判を起こしていました。

名古屋地裁は4日、男性の訴えを棄却しました。

2014年、中村区で男性のパートナーを殺害された内山靖英さん(45)は、犯罪被害者遺族への給付金を愛知県公安委員会に申請しました。

しかし、同性のカップルを理由に支給が認められなかったため、内山さんは決定取り消しを求め名古屋地裁に提訴。

規定では支給の対象となる配偶者には「事実婚」も含まれるため、裁判では「同性パートナーが事実婚と認められるか」が争点となっていました。

4日の判決裁判で、名古屋地裁の角谷昌毅裁判長は「今の日本において、同性の共同生活関係を婚姻関係とみる社会通念は形成されておらず、事実婚と認めることはできない」として請求を棄却しました。

内山さんは判決後、「今回の判決で支給が認められなかったことが非常に残念です。同性パートナーを犯罪で失うつらさは男女間のパートナーを失うつらさと変わらないと思います」とコメントしました。

弁護側は今後、控訴する方針です。

「事実婚」やと婚姻届が出されてないから行政が「被害者遺族」として認定するのが難しいし、何の関係もない人間が「事実婚やった」って言い出して、「犯罪被害者給付金」を騙し取るって事も可能やから、一定の制限は必要なんやろうけど、異性間の「事実婚」が認定出来るなら、それを同性間でも当てはめればええだけの事やからなぁ。

何で同性間は拒否する?

しかも、実名まで出してるのに。

訴えた流れを詳しく書いてる記事があるんやけど

スポンサーリンク

内山靖英さんが犯罪被害遺族給付金の支給を認めなかった愛知県公安委員会を訴える

同性パートナーを殺害された方が、犯罪被害遺族給付金の支給を認めなかった愛知県公安委員会を訴えました
昨年末のニュース「愛知県公安委員会が、同性パートナーを殺害された方に対し、遺族給付金の支給を認めない決定を下しました」でもお伝えしましたが、パートナーを殺害された名古屋市在住のゲイの方が、犯罪被害者給付金を申請して愛知県公安委員会から支給を拒否されました。この方が、名古屋地裁に訴えを起こしました。弁護団は「同性パートナーへの支給は聞いたことがなく、全国で初めての訴訟ではないか」としています。
 
2014年12月、名古屋市中村区の水野英明さん(当時52)が自宅で刺殺されました(犯人は懲役14年の刑が確定しています)。内山靖英さん(43)は水野さんと約20年間同居し、生計を共にしてきました。2010年からは要介護の母親も含めて3人で暮らしていました。夫婦同然で生活しており、支給対象となる事実婚の関係に該当するとして、2016年12月、内縁関係でも支給される犯罪被害者給付金※の支給を申請しました。しかし、2017年12月、愛知県公安委員会は不支給の裁定を下しました。内山さんは裁定を不服として国家公安委員会に審査を申し立てるとともに、7月9日、裁定取り消しを求める訴訟を名古屋地裁に起こしました。

※犯罪被害給付制度:犯罪で亡くなった被害者の遺族や負傷した被害者本人を支援するため、国が一時金を支給する制度。申請者が犯罪を知った時から2年以内か、犯罪の発生から7年以内に申請する必要があり、各都道府県の公安委員会が支給の可否や額を決めます。遺族給付金の場合、死亡者の第一遺族=配偶者(事実婚や内縁関係を含む)と子、父母、孫、祖父母、きょうだいが対象で、年齢や収入、遺族との関係などによって320万~2964万円が支払われます。2015年度の申請は256件で、支給決定は242件(過年度申請分含む)、平均給付額は510万円です。

内山さんと代理人弁護士は提訴後に記者会見し、弁護士は「二人は内縁関係。支給法に性別に関する文言は一切なく、差別に基づく裁定だとしたら許されない。訴訟は年金など別の問題にも影響を与えるだろう」「なぜ、男女の(夫婦)関係では支給されるのに、ゲイとレズビアンには認められないのか。大切な人の命を突然奪われるつらさに、性別は関係ないはず」と述べました。
 
内山さんは「同じ境遇の同性愛者にも大きな影響がある」として実名で記者会見をしました。「大切な人が突然、命を奪われるつらさは性別に関係ないはず。夫を殺されたつらさを差別しないで」と訴えました。

実名での記者会見、本当に頭が下がります。内山さんの勇気が報われることを望みます。

20年同居して生計を共にしてるなら内縁関係を認めてもええと思うんやけど。

スポンサーリンク

犯罪被害給付制度

犯罪被害給付制度|警察による犯罪被害者支援ホームページ - 警察庁犯罪被害者支援室
各都道府県警察の被害相談窓口や犯罪被害給付制度を始めとする警察による犯罪被害者支援の取組など、犯罪被害に遭われた方に役立てていただきたい情報を掲載しています。

犯罪被害給付制度

わざわざ「配偶者(事実上婚姻関係と 同様の事情にあった人を含む。)」って「事実上婚姻関係と 同様の事情にあった人を含む」って明記しとるんやから、これは認めるべきやろ。

このかっこがなくて配偶者だけならどうしようもないけど。

内山靖英さんのFacebook

内山靖英
内山靖英さんはFacebookを利用しています。Facebookに登録して、内山靖英さんや他の知り合いと交流しましょう。Facebookは、人々が簡単に情報をシェアできる、オープンでつながりのある世界の構築をお手伝いします。
自己紹介
今日から、新しく入りました。 僕はLGBTです。差別しないで下さい。 宜しく御願い致します。

名古屋市在住
独身

Facebookでも「LGBT」って公言してるのに。

これはどう考えても「差別」ですな。

行政が同性婚を婚姻関係として認めんのは憲法に「両性の合意」ってのがあるから、結婚って制度から弾くのはしゃあないにしても、「事実婚」を認めるなら、それには当てはめるべきやろ。

結婚は異性やないとあかんにしても、内縁関係は異性だろうが同性だろうが関係ないがな。

「事実婚も認めない」って言うなら納得するけど。

Twitterの反応

何にしても、個人的には「同性婚」ってのは違和感しかないんやけど、当人同士がそれで幸せならそれはそれで良いし、外野がとやかく言う話でもないと思ってるし、「事実婚」でも「犯罪被害者給付金」が貰えるならこのケースは貰えんとおかしいと思う。

中途半端に事実婚を認めるからこういう事になってるわけで、こういうケースで払いたくないなら「配偶者」のみに変更するべきですな。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

  1. 高校生の私に何か出来ることは、変えれることは出来ますか。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました