早稲田大学が上田路子准教授を懲戒処分 男子学生に自宅や研究室で性行為を強要するアカハラ

早稲田大学が上田路子准教授を懲戒処分 男子学生に自宅や研究室で性行為を強要するアカハラ

自殺予防を研究してる上田路子准教授がアカハラで男子学生を死にたくなるまで追い込んで懲戒処分を受けて翌日退職したらしいんやけど、隠す意味が分からんな。

まぁ、セクハラ自体は否定してるみたいやけど。

スポンサーリンク

早稲田大学が教員を懲戒処分 学生へのアカハラ

早稲田大学が教員を懲戒処分、学生へのアカハラ「出張と私的な旅行で同じ部屋に泊まった」(弁護士ドットコムニュース) - Yahoo!ニュース
早稲田大学は6月17日、学生1人にアカデミック・ハラスメントをしたとして、政治経済学術院所属の教員に対する懲戒処分(停職6カ月)を発表した。処分は6月15日付。 2016年9月から2018年3月ま
早稲田大学は6月17日、学生1人にアカデミック・ハラスメントをしたとして、政治経済学術院所属の教員に対する懲戒処分(停職6カ月)を発表した。処分は6月15日付。

2016年9月から2018年3月までの間、多数回にわたり、教育上不適切な言動があったという。具体的なアカハラの内容は以下のもの。

(1)海外への研究出張に学生を同行させ、一緒の部屋に宿泊した行為
(2)教員の自宅や私的な旅先に学生を同行させ、一緒の部屋に宿泊した行為
(3)教員の子どものお迎え、研究室の水やりや研究室に忘れたパソコンの自宅への運搬を依頼し実行させた行為

弁護士ドットコムニュースの取材に対して、早稲田大学は「セクシャルハラスメントは認定していない。性的な関係は、大学の調査では確認できなかった」としている。

この教員は懲戒処分の日以降に一身上の都合で退職したという。

アカハラを認定した大学は「深くお詫び申し上げます」と謝罪し、再発防止にあたるとした。

●裁判との関係については回答を控えた

早稲田大学をめぐっては、今年3月、男子学生が女性准教授と大学を相手取り、性行為を含むハラスメント被害を受けたとして、東京地裁に訴訟を起こしていた。

今回の懲戒処分との関係について、早稲田大学は「教員氏名については、二次ハラスメント発生防止の観点」から答えられないとした。

早稲田側は当初否定してたんやけど、突然、上田路子准教授を懲戒処分したわけですな。

こんな香ばしい話も出て来てるし、色々と闇が深そうですな。

で、上田路子准教授が何をしたかって言うと…

スポンサーリンク

上田路子准教授が男子学生に自宅や研究室で性行為を強要

〈アカハラで停職6カ月〉「自宅や研究室で性行為を…」早稲田大学“女性准教授”が男子学生に訴えられた(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 6月17日、早稲田大学政治経済学術院所属の教員がアカデミックハラスメントをしたとして、停職6カ月の懲戒処分になっていたことが報じられた。当該教員は大学を退職したという。
Aさんは2年時からB准教授の研究助手に就いた。ところが17年3月、台湾大学への出張に誘われたことをきっかけに関係は変容したという。Aさんに事情を聞いた早大教職員が語る。

「台湾の宿泊先に用意されていたのは同じアパートメントでした。A君が昼にベッドで横になっているとB先生が身体をまさぐりはじめ、『もうここまで来たのだから』と……。A君は性行為の経験もなく、拒否できなかったのです」

次第にAさんは恋人のように扱われ始めたという。

「手をつないで神楽坂でデートしたり、B先生の自宅に泊まったり、子供の送迎や夕食の用意をさせられることも。性行為は自宅や研究室でもあり、同泊の海外出張も計4回あったといいます」(同前)

相手は博士課程への進学のために推薦状を書いてもらう指導教員であり、家庭を持つ女性でもある。Aさんは、深く思い悩んだ。

「『こういう関係はやめよう』と何度も話し、性行為の最中に伝えることもあったそうです。しかしB先生は『口外するな』と言うばかりだったと」(別の教職員)

こうした関係は、18年夏頃まで続いたという。

「A君は別の教員の指導を受け、修士課程をトップで修了。その一方でB先生との関係が原因でPTSD状態に陥って、周囲に『死にたい』と頻繁に漏らし、自殺も考えた。B先生に抗議のメールを送ると、『私の過ちだった』と返事があったものの、誠意ある謝罪はなかったそうです」(同前)

そこでAさんは21年3月、早大のハラスメント防止委員会に申し立てをした。ところが同年7月に出たのは「ハラスメントはなかった」という結論だった。

納得ができないAさんは訴訟を検討。すると、大学側は外部の弁護士から構成される「コンプライアンス委員会」を8月に立ち上げ、再調査を開始した。

小誌は調査結果が記載された内部文書を入手。22年3月18日付で田中愛治総長の名義で出された文書は〈性交した事実を認められず(中略)セクシャルハラスメントがあったとは認定できなかった〉とする一方で、こう書かれている。

〈対象者が、大学教員と学生という立場の違いを鑑みず、本件学生と出張先で同室に宿泊したり、本件学生を自宅に宿泊させたりする等、教育研究活動における必要性を超えて親密に接したことは、大学教員として不適切な行動であった〉

事実やとすると何ともエゲツない話ですな。

で、どっちの記事も准教授を匿名にしてるんやけど、これに該当するのは…

スポンサーリンク

上田路子准教授のプロフィール

WASEDA Lab 上田路子准教授
WASEDA Lab 研究者たちの挑戦 さまざまな国で大きな社会的課題となっている自殺。 普遍的な予防策は存在するのでしょうか。 実証政治経済学の視点から自殺予防へのアプローチを紹介します。 実証政治経済学が挑む 自殺予防のメソッド 人身事故に疑問を持ったことが自殺予防に取り組...

上田路子准教授のプロフィール

マサチューセッツ工科大学(MIT)Ph.D.取得後、カリフォルニア工科大学Assistant Professorなどを経て、2016年より現職。著書に『自殺のない社会へ』(共著、2013年、第56回日経・経済図書文化賞受賞)など。2018年度早稲田大学リサーチアワード受賞。

上田路子准教授なんですな。

The page does not exist — Waseda University

早稲田のHPからも削除されてるし、上田路子で確定ですな。

Box | Free Cloud Storage, Secure Content & Online File Sharing

上田路子准教授のプロフィール

ここでは実名を公表してるし。

それにしても…

あなたのいばしょ | 24時間365日無料・匿名のチャット相談
あなたのいばしょ(あなたの居場所)は、24時間365日、年齢や性別を問わず誰でも無料・匿名で利用できるチャット相談窓口です。死にたい、苦しい、つらい、悲しい、DV、虐待、いじめなど様々な相談に応じています。厚生労働省支援情報検索サイト登録窓口。

こんなNPOの理事をやってて

“あなたをひとりにしない” ~顔も知らないあなたへ|NHK
【NHK事件記者取材note】大切な命をつなぎとめたい。みずから死を選ぼうとする人をつなぎ止めるにはどうすればいいか。24時間365日寄り添う活動に密着した。

NHKの取材にも答えてて

#生きるのがつらいあなたへ:若い女性の生きづらさ 非正規労働者の解雇や休校が要因に 上田路子・早大准教授 | 毎日新聞
 減少傾向が続いていた自殺者数が増え始めている。今年7月以降、前年同月より2~39%多い状況が続き、男性より女性の増加率が高くなっている。芸能人の自殺も相次ぎ、それによる影響の広がりも懸念されている。自殺の背景を研究する上田路子・早稲田大准教授は「40歳未満の若い女性」の増加に注目する。詳しく聞いた

「生きるのがつらいあなたへ」なんて言うてる研究者が男子学生を死にたくなるまで追い込むんやからねぇ。

何の研究してるんやろね。

スポンサーリンク

Twitterの反応

何にしても、現在係争中って事らしいけど、男子学生は頑張って欲しいもんです。




Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました