スポンサーリンク

大分県宇佐市安心院町荘の住宅で山名高子さん(79)と山名博之さん(51)が血を流して死亡 無理心中と殺人の両方で捜査

民家に数の刺し傷ある親子の遺体

複数の刺し傷って事やから怨恨の線が濃いと思うんやけど、警察は無理心中の線もあると思ってるんですな。

79歳と51歳やから介護疲れからの無理心中ってパターンもあるけど、近所の人の話では山名高子さんは元気っぽいし、山名博之さんは郵便配達員で定職があるし、無理心中より殺人の可能性が高そうやけど。

スポンサーリンク

民家に複数の刺し傷ある親子の遺体

大分・宇佐市 住宅に首から血を流した男女の遺体(20/02/04)
表示できません - Yahoo!ニュース
大分県宇佐市安心院町荘の住宅で、この家に住む郵便配達員山名博之さん(51)と母の高子さん(79)が血を流して死亡しているのが見つかり、県警は4日、事件に巻き込まれた可能性もあるとみて本格的に捜査を始めた。

 
県警によると、3日午前11時ごろ、出勤しない博之さんを心配して住宅を訪れた同僚が通報。2人はいずれも1階居間であおむけに倒れ、首に刃物による傷があった。近くで血の付いた包丁が見つかった。室内に荒らされた形跡はなく、玄関は施錠されていたが、1階縁側の窓の鍵が開いていた。

捜査関係者によると、屋内で靴の跡が見つかった一方、親子間のトラブルに関する情報はないという。

現場は、東九州自動車道安心院インターチェンジ近くの民家が点在する地域。 

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

民家に数の刺し傷ある親子の遺体

立派な家やからアポ電強盗の線もあるかと思ったけど、室内に荒らされた形跡がないって事やからその線はなさそうですな。

こういう田舎やと防犯カメラもないやろうし、殺人なら捜査は難航するかもしれんな。

現場は大分県宇佐市安心院町荘の山名高子さんの自宅

現場は

現場は大分県宇佐市安心院町荘の山名高子さんの自宅

この画像から

大分県宇佐市安心院町荘1122-6の山名高子さんの自宅と。

ここで山名高子さんと山名博之さんの遺体が見つかったわけやけど、2人の遺体には

2人の遺体には首や上半身に複数の刺し傷

2人の遺体には首や上半身に複数の刺し傷

複数の刺し傷があったと。

無理心中で複数の刺し傷ってあるんやろか?

しかも

住宅の床には複数の足跡

住宅の床には複数の足跡

複数の足跡があったと。

これだけ聞きゃどう考えても殺人事件やと思うんやけど、警察は

警察は無理心中と殺人の両方で捜査

警察は無理心中と殺人の両方で捜査

無理心中と殺人の両方で捜査すると。

まぁ、可能性がゼロじゃない以上決めつけるのよくないんで、無理心中の線も捨てんってのはええ事やと思うけど、状況的に無理心中はないと思うんやけどなぁ。

近所の人「トラブル起こすような人じゃないし、よく働く人、お母さんは」

近所の人「トラブル起こすような人じゃないし、よく働く人、お母さんは」

79歳のお母さんは働き者って事は元気って事やから介護疲れの線はないし、息子は郵便配達員やから寄生虫が宿主を殺す事件になりそうもないしなぁ。

8050問題にも当てはまらんし、無理心中をする動機があるとすると何があるんやろな。

まぁ、「トラブル起こすような人じゃない」とも言うてるんで、そうなると怨恨の線も分からんようになってくるけど。

何にしても、無理心中にしても殺人にしても「帯に短し襷に長し」状態なんで何とも不可解な事件ですな。

とにかく、こういう事件を早期に解決する為にも日本全国津々浦々に防犯カメラを設置して欲しいもんです。

殺人・殺人未遂・通り魔
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました