スポンサーリンク

「100日後に死ぬワニ」 「電通案件」ではないと作者のきくちゆうき氏といきものがかり水野良樹が否定

『100日後に死ぬワニ』“電通案件”ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定

きくちゆうき氏といきものがかり水野良樹がTwitterで生配信して、「電通案件」を否定してるんやけど、電通案件やないにしても書籍化、映画化、グッズ化に追悼ショップって手際の良さを見せつけたら、もう誰も信用せんやろね。

どっちにしても、いきものがかりの水野良樹は電通とズブズブのようやし。

スポンサーリンク

『100日後に死ぬワニ』“電通案件”ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定

『100日後に死ぬワニ』“電通案件”ではない きくちゆうき氏&いきもの水野がうわさ否定(オリコン) - Yahoo!ニュース
きのう最終回を迎えた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の作者・きくちゆうき氏と、3人組ユニット・いきものがかりの水野良樹が21日、ツイッターで生配信を実施。作品の完結直後、書籍化、映画化など一気にメ - Yahoo!ニュース(オリコン)
きのう最終回を迎えた4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』の作者・きくちゆうき氏と、3人組ユニット・いきものがかりの水野良樹が21日、ツイッターで生配信を実施。作品の完結直後、書籍化、映画化など一気にメディアミックスが発表され、広告大手の電通が関わっているのではとネットで憶測が広がっていた件について、同社の関与を否定した。

もともとSNS発信で話題を呼びファンを獲得していった作品だけに、完結から間髪入れず大規模なプロジェクトが発表されたことに反感を覚える声も多かった。一夜明け、ネット上にはプロジェクト全体に電通が絡んでいるとうわさが立ち、“電通案件”がツイッタートレンド1位になっていた。

この日の生放送は水野のツイッターアカウントで実施。きのう、いきものがかりの新曲「生きる」と同作のコラボムービーが完結直後に公開されており、水野が同曲を書き下ろしている。

水野は冒頭、「(最終回に描かれた)桜吹雪の向こうで電通のビルが燃えてる…」と苦笑しつつ、「仕組まれてると思うのは本意ではない。ここに(きくち氏に)来てもらったほうが誤解が解けるかなと思って」と2人で生放送に臨んだ理由を告白。

その上で、「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない。プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、何ヶ月も前から巨大組織や色んな人が集まって…、みたいな、そういうプロジェクトではなかった。だから電通さんは入ってないです」ときっぱり否定した。

きくち氏も「本当に僕が個人的に始めたことに色んな人が共感してくれて、仲間もできて、盛り上げてくれて。僕は感謝しか無いですし。それだけに悲しい」と心境を語っていた。

このTwitterの生配信が

100日死ぬワニのきくちさんといきものがかりの水野さんのtwitterライブ

これで、電通案件ではないけど、PVは電通が絡んでると。

個人的には

「100日後に死ぬワニ」が電通案件だった事がバレて炎上 書籍化、映画化、グッズ化など続々決定
電通案件でもええけど、電通案件なら「入社100日後に過労死(過労自殺)するワニ」にしときゃ良かったのにな。 それで、100日後に過労死しない為にどうするかを考えさせるものになってりゃ「炎上」やなくて「称賛」されたと思うんやけど。 「100日後に死ぬワニ」最終回直後の「映画化決定」発表に違和感の声 昨年12月からSNSで...

ここでも書いたように電通案件だろうが何だろうが「死生観」を考えさせるものなんで、商品化されてもそれでこういう考えが深まるならそれはそれでええと思ってるんやけど、世間はどうにも電通がお嫌いなんですな。

高橋まつりさんの件が大きいのもあるやろうし、そもそも「ステマ」に敏感ってのもあるんやろな。

ただ、成功したって言うてええんかどうか分からんけど、現実は

「100日後に死ぬワニ」のグッズを求めてロフトに行列 メルカリで高値転売

ロフトの追悼ショップには行列が出来て、メルカリでは

高値で転売が始まってると。

ロフトの行列も仕込みで、メルカリも仕込みやったらさすがに引くけど、どうやら炎上してる層だけやなくて、上手く乗せられてる層もおるようですな。

Twitterの反応

何にしても、電通案件かどうかは置いといて、人はいつか必ず死ぬし、それが明日かもしれんし、大事な人が明日突然亡くなる事もある。

そういう事を意識して「今日」を生きると色々と変わると思うんで、「100日後に死ぬワニ」が問いかけたテーマは大事にして欲しいもんです。

スポンサーリンク
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました