スポンサーリンク

ヤマサチ(ホオリ)の逆襲|日本神話(古事記)25

スポンサーリンク

それでは、前回の続き。

3年の月日が流れ、ヤマサチ(ホオリ)は突然ふさぎ込む。

ヤマサチ
「はぁ~」
トヨタマ
「あんた、どないしたん?」
ヤマサチ
「ふぅ~」

トヨタマが訳を聞いても、ため息ばかりのヤマサチ。

気になったトヨタマは、父ワタツミに相談に行く。

トヨタマ
「お父ちゃん、あの人今までため息なんかついたことないのに、今日はため息ばっかりやねん」
ワタツミ
「何かあったかもしれんな。早速聞きに行くか」

ワタツミが、ふさぎ込んでる理由をヤマサチに聞くと…

ヤマサチ
「実は、かくかくしかじかで、釣り針を探しに…」

今頃思い出したんかい(笑)

3年経って、ようやく何でここに来たかを思い出したヤマサチ。

それを聞いたワタツミは、宮殿の広場にあらゆる魚を集め…

ワタツミ
「お前ら、釣り針知らんか?」

すると…

「そういや、タイが喉になんか引っかかって、物が食えんって言うとりましたが…」

ワタツミがタイを呼び、喉を調べると釣り針が…

その釣り針を取り出し、きれいに洗って、ヤマサチに返す時に、ワタツミは…

ワタツミ
「この釣り針を返しても、あんたの兄貴は、めっちゃ嫉妬深いヤツやから、また難癖つけてきよるで」
ヤマサチ
「でも、探してくるって約束やから…」
ワタツミ
「それやったら、この釣り針を返す時に『この針は、おぼ針(憂鬱になる針)、すす針(心が落ち着かなくなる針)、貧針(貧しくなる針)、うる針(愚かになる針)』って言いながら、手を後に回しながら渡すんやな」

そんなボロクソ言うたら喧嘩になるっちゅうの。

ワタツミ
「それから、兄貴が高い土地に田を作ったら、あんたは低い土地に田を作りや」
ヤマサチ
「何でなん?」
ワタツミ
「ワシは海の神。水を操って、あんたの兄貴を3年間凶作にさせて貧しくするためや」
ヤマサチ
「そんなことしたら…」
ワタツミ
「あんたを恨んで攻めてきよるやろな」
ヤマサチ
「そんな…」
ワタツミ
「でも大丈夫や。

攻めてきたら、潮満玉(しおみつたま:海の満潮を引き起こすことができる玉)を出して、溺れさせたらええねん。

それで兄貴が謝ったら、潮乾玉(しおふるたま:干潮を引き起こすことができる玉)を出して、助けてやれ」

そう言って、潮満玉と潮乾玉を渡す。

嫌がらせで釣り針探しに行かせただけで、そこまでせんでも…

ワタツミは、サメの中で一番速いサメを呼び、そのサメでヤマサチを送らせる。

戻って来た、ヤマサチは、ワタツミに言われた通りに釣り針を返す。

さらに言われた通りに田を作る。

すると、ウミサチ(ホデリ)の田は、ワタツミが水を操ってるから、凶作が続き、次第にウミサチは貧しくなった。

ウミサチ
「何で、俺ばっかりこんな目に合うんや…

そういや、釣り針返す時、あいつなんか呪文唱えとったな。

ひょっとして、あいつ…!!」

怒ったウミサチは、ヤマサチを攻める。

すると、ヤマサチは、潮満玉を使って洪水を起こし、ウミサチを溺れさす。

ヤマサチ
「兄ちゃん。これに懲りたらもう俺にいじわるせんか?」

釣り針探しに行かせただけやがな(笑)

ウミサチ
「分かった。もういじわるせんから許してくれ」

すると、ヤマサチは、潮乾玉を使って、洪水をとめ、ウミサチを助ける。

ウミサチは、土下座をして…

ウミサチ
「これからは、お前に仕えて、一日中お前を守る」

こうして、ウミサチ(ホデリ)の子孫のハヤト(隼人:古代の九州南部に住み、大和朝廷に反抗した部族)は、今でもウミサチ(ホデリ)が溺れた時の仕種を演じて仕えているのであった。

今回はここまで。

次回は、いよいよ古事記上巻の最終回。

神武天皇が橿原に行くまでは書くつもりやったけど、あまりに人気がないので古事記上巻でとりあえず終わりにするわ。

ヤマトタケルの話も書きたかったけど…

要望が多けりゃ、続き書くけど、どっちにしても次回でちょっと休憩やな。

ちゅうか、古事記中巻以降は、実在の人物も出てくるし、物語としてはイマイチやねんなぁ。

そういうわけで、次回でとりあえず日本神話は終わりです。


日本書紀と日本語のユダヤ起源

日本神話
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました