二酸化炭素温暖化説を考える -その1-

二酸化炭素はホンマに悪なんか疑問…な、今日この頃。
/(-_-)\ ウ~ン…

地球温暖化と言えば「二酸化炭素」

温暖化の最大の原因は二酸化炭素って言われてるけど…

ホンマに「二酸化炭素=悪」なんやろか?

という事で、個人的な独断と偏見で検証してみましょう。
(= ̄▽ ̄=)

二酸化炭素がぁ~
温暖化の主因って言ったのはぁ~
どこのどいつだい?

私だよ!!
(byにしおかすみこ)

ってオイラが言うたんやないで。

色々調べてみたけど、誰が言うたんか分からんかった…

で、二酸化炭素が悪いっちゅう説の元は、金星がモデルになってるらしい。

金星の大気の成分の殆どが二酸化炭素で、それが温室効果となって表面温度が上昇してると。

ちなみに金星の表面温度は400度から500度。

太陽に近い水星より温度高い事から、金星の二酸化炭素の温室効果せいとされとるんやな。

金星の二酸化炭素濃度は96%。

地球は1%未満。

同列に語られても…

そもそも二酸化炭素の増加は、産業革命以降の化石燃料の大量使用が原因とされてるけど、温暖化が先なんか、二酸化炭素増加が先なんかは議論の分かれるとこやな。

専門家やないから省くとして…

※この辺の話や、地球のエネルギー収支、熱伝導の話などは、理科の先生にでも聞いて下さい。

まずは、温室効果ガスについて考えてみましょう。
(また学校の先生みたいな入り方やな)

温室効果ガスと呼ばれる物の代表が「二酸化炭素」。

その他にも、メタンやフロン、一酸化炭素なんかも含まれる。

そして、この温室効果の最も高いものが…


水蒸気

温室効果の影響度は二酸化炭素が数%に対して、水蒸気(雲なども含まれる)は90%以上

というより、あらゆる温室効果ガスの中でも二酸化炭素の影響力が1番低い…

なんじゃ、そりゃ。

科学者は知ってるはずやのに、何故か「水蒸気」の話はせん。

何でか?

そりゃ、あんたゼニが絡むからに決まってまんがな。
( ̄ー+ ̄)ニヤリ

何で浪速のあきんど口調やねん。

ようするに分かり易く、カネを引っ張り易いのが「二酸化炭素」やったんやろ。

まぁ、水蒸気は人間が努力して減らせるもんやないけどな。

しかも、この「二酸化炭素」は、大衆が減らした気になれる一番簡単なもんやねん。

省エネだ、リサイクルだ、何だっちゅうと、庶民も参加してる気になるやろ。

だから世論を操り易いねん。

さらに、石油の埋蔵量が残り少ない(実際は枯渇することはないらしいけど)って脅されたら…

「二酸化炭素」は環境にも悪いし、省エネ、リサイクルを推進せんといかん。

ってなるやろ。

しかも効果が分からんでも、自分で毎日出来るから「やってる気」になるやん。

さらに「正しい」と思ってやってるから、やらんヤツは「悪い」ヤツに見える。

誰もちゃんと説明出来んのに、誰も疑う事をせん。

思考停止状態で、何でも受け入れる体制は整った…と。

ここまで来たら、後は「環境保護」だの「エコ」だの言うだけで、庶民は大賛成。

補助金だの、何だの、何ぼでもカネ出せるやん。

まさに「打ち出の小槌」状態やな。

税金やのに…

しかも、反対すれば「悪者」やからのぉ。

最初に提唱して、仕組みを作ったヤツは笑いが止まらんやろな。
ψ(`∇´)ψケケケ

まぁ、省エネやリサイクルの「精神」は否定する気ないけど、二酸化炭素排出権だの、何だの、結局売買の対象になったりして、新たなエネルギーっちゅうてバイオエタノールなんかも出てきて、カネを産むもんになったのは間違いないやん。

エコカーやら、バイオエタノール何か、水蒸気出しまくりやのにな。

そもそも「温暖化」って言うけど、いつの時代と比べて温暖化なんや?

地球上の気温をちゃんと計測し出したんも、ここ100年ぐらいやん。

しかも、ちゃんと記録されてるのは、北半球の都市部だけとちゃうの?

これって「温暖化」っちゅうより、コンクリートやらアスファルトによる放射熱で、ヒートアイランド現象の事ちゃうん。

南半球は寒冷化してるっちゅうデータもあるぐらいやし…

それに「温暖化」で何が困るんやろな。

地球上の生物の種類が一番多いのは赤道付近。

この事からも、人間にとっちゃ「不快」かもしれんけど、生物にとっちゃ寒いよりは熱い方がええんやろな。

北極の氷が溶ける?
南極の氷が溶ける?

で、海水面が上昇する?

北極の氷はアルキメデスの原理で証明出来るように、仮に溶けても海水面が上がる事はない。

コップの氷が溶けても水位は変わらんやろ。それと一緒。

南極の氷は南極大陸だけが温度上昇すれば、当然南極の氷が溶けて海水面は上がるやろうけど、そんな現象は起こるはずはないわな。

南極の氷が溶けるほどの温度になってるっちゅう事は、当然海面もそれに伴って温度は上昇しとる。

となると、氷が存在する分、南極大陸の方が温度が低い。

と、どうなるか。

海水が気化して、冷やされて霜がつくわな。

そうなると氷が増えて、海水面が下がる。

となると、北極の氷が溶けても、南極の氷が溶けても海水面が上昇する事はない。

海水面が上がるっちゅうのは潮位の影響の方が大きいねん。

温暖化とは関係ないと思う。

それに地球の歴史上、潮位の変動によって島が浮かび上がったり、沈んだりは何度も繰り返されとるがな。


さて「温暖化」で何が困るんでしょう?

熱中症で死人が出る?

温暖化して寒冷地で助かる人も増えるから、プラマイゼロなんちゃうか。

南米の人間と、アラスカの人間を比べたら、どっちが楽しそうや?

寒い国の人間より、暖かい国の人間の方が生き生きしてると思わん?

多分、温暖化のデメリットよりも、メリットの方が多い気がするわ。

誰も「メリット」の話はせんけど…

物事は表裏一体。

デメリットがあれば、メリットもあるはずやのにな。

そもそも「温暖化」も怪しいねん。

ここ100年ぐらいの温度上昇だけで話されとるけど、地球の何億年っちゅう歴史から見たら、寒いぐらいやろ。

それに化石燃料の燃焼のせいにして、二酸化炭素のせいにしとるけど、そもそも気温の上昇の最大の原因は…


太陽の活動と地熱の上昇

とちゃうんかいな。

太陽熱と地熱の熱量が増えてるのが原因やん。

けど、これが主因やっちゅうと解決する策はない。

イコール…カネにならんっちゅう事やな。

ようするに「温暖化」で人類が困るんやなくて、「温暖化」が否定される事によって困る人が出てくるっちゅうのが真相やろ。

結局、二酸化炭素で「金儲け」が出来る事に気が付いた「錬金術師」がおるっちゅうこっちゃ。

何で、こんな確証のない「科学」で世界中が大騒ぎしとるんか理解に苦しむ。

「温暖化論争」が正しいか、間違ってるかは、置いといて、大衆は与えられた情報を鵜呑みにし過ぎやと思う。

大衆がアホやと、得すんのは、為政者や金儲け企むヤツらだけやねんで。

もうちょっと大衆は、「疑問」を持って「考える」事が必要ですな。

それにしても、昔はエコだの、何だの、言わんでもちゃんとリサイクルしとったのに、欧米の大量生産、大量消費文化が根付いて、何でも使い捨て…

今更、エコって言われてもなぁ。

ビン何かでも酒屋に持って行きゃ5円くれたし、買い物カゴ何か当たり前のようにみんな持ってたしな。

で、楽で便利でってドンドン欧米化して行って、大体行き渡ったから、新たな「金儲け」のネタを探したら「エコ」っちゅうだけやろ。

バイオマスだの、バイオエタノールなんかも、裏側はめっちゃ怪しいしな。

そもそも、世界にはまだまだ食うのに困ってる人がおるのに、食い物をエネルギーとして使うのってどうなんやろな。

さとうきびだの、とうもろこしを増産したおかげで、大豆だの小麦だの減産されて値上がり…

何かが間違ってませんかね。

二酸化炭素削減よりも、他にやる事がようけあると思うけど…

何にしても、エコの背後にあるエゴに気をつけましょうって事で。

スポンサーリンク

追記

二酸化炭素温暖化説を考える -その2-
二酸化炭素温暖化説をもうちょっと考えてみた…今日この頃 (=∩_∩=) 前回… 二酸化炭素温暖化説を否定したら結構な反響があったので、引き続き考えてみます。 賛成、反対、色々あったけど、賛成の方が...


二酸化炭素温暖化説の崩壊



Amazon.co.jp 一般


Amazon.co.jp 一般

地球温暖化・寒冷化環境問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました