禁止薬物を混入させた鈴木康大選手(32)を8年間資格停止 小松正治選手(25)選手の暫定的資格停止処分は解除

シェアする




ライバルに禁止薬物を飲ませて、自分が東京五輪の代表になろうと思うってなぁ。

よう、そんな事やるわ。

そんな汚い奴は8年間の資格停止やなくて、永久資格停止でええんちゃう?

ドーピング成分飲ませたカヌー鈴木康大に8年間の資格停止処分「計画的かつ極めて悪質」

ドーピング成分飲ませたカヌー鈴木康大に8年間の資格停止処分「計画的かつ極めて悪質」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、昨年9月の日本カヌースプリント選手 - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)
日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は9日、昨年9月の日本カヌースプリント選手権でライバル選手のドリンクボトルに禁止成分を含むステロイドを混入させ、飲ませた鈴木康大(32)に対して、12月13日から8年間の資格停止処分を下したことを発表した。

ドーピングの入ったドリンクを飲んだ小松正治(25)=愛媛県国体競技力向上対策本部=は同大会で優勝したものの、同レース後のドーピング検査で、禁止成分のメタンジエノンの代謝物が検出され、暫定的資格停止処分を受けていたが、鈴木による混入が発覚し、処分は解除された。これは日本において、他者からの禁止物質の混入により、ドーピング違反が発覚した初めての事例となるという。

小松と鈴木はともに昨年8月の世界選手権代表で、20年東京五輪を目指すライバル関係だった。

JADAによると、鈴木は小松がドーピング検査で陽性となった場合、自分が東京五輪代表に選出される可能性が高まると考え、小松を陥れる意図を持って、禁止成分を含むステロイドを購入。競技会前に小松がドリンクボトルから離れた時間を利用し、同物質を混入させた。鈴木は小松の暫定的資格停止処分を聞き、良心の呵責(かしゃく)から関係者に事実関係を伝え、事態が発覚。今回の調査についても資料提出などに協力したという。ただ、JADAは「チームメートに対する計画的かつ極めて悪質な行為」と判断。8年間の資格停止処分を下した。

映像ニュースはコチラ↓

ライバル飲料に禁止薬物混入 資格停止8年(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
2020年の東京オリンピックを目指すカヌーの鈴木康大選手が、競技中にライバル選手 - Yahoo!ニュース(日本テレビ系(NNN))

8年じゃ短いような気もするけど32歳やし、8年後は40歳やから、どっちにしても引退してるか。

事実上の永久資格停止って事なんやろうけど、これやとカヌー関係には関わっていけるんやろ?

スポーツジムをオープンしたアスリート夫婦をリサーチせよ | 福島県 REPORTS | Honda Smile Mission|ホンダ スマイル ミッション|TOKYO FM / JFN
TOKYO FMをはじめとする全国FM36局で放送中のラジオ番組「Honda Smile Mission」。毎週月曜日-金曜日8:10-8:17オンエア!

鈴木 康大さん、綾香さん
福島県 二本松市

福島県をリサーチしている今週のスマイルミッション。火曜日の今朝、ルーシーとプチェコが向かったのが、二本松市にあるSPORTS CLUB DREAM。お話を伺ったのは、代表の鈴木康大さん、綾香さん夫婦です。

代表の康大さんは、カヌー・スプリント ワールドカップ6位の実績を持つ現役選手。妻の綾香さんは、北京五輪カヌー・スプリント6位入賞という実績を持っています。そんな2人が先月にオープンしたばかりの「DREAM」。現在すでに150人位の会員の方がいるそうです。
2階建てのスポーツクラブで、1階にはルームランナーが4台、バイクが5台、ウォーカーやベンチプレスなど日本代表選手などが使う最新式の機具が揃っています。2階にはキッズスペースがあり、子供専用のボルダリングスペースもあります。そのすぐ横にはエクササイズマシーンがあるので、子供の様子を見ながらお母さんがエクササイズをすることができます。これは綾香さん自身が子供を産んで、なかなか体を動かすことができない経験をしたことで作られたもの。綾香さんは、お母さんにも体を動かしてもらいたいとの思いと、小さいうちから運動をすることで将来有望なスポーツ選手になる可能性が広がるとの考えからです。
そして、予定よりも機器を揃えすぎて現在外にあるのが、カヌー競技者向けの機器「エルゴマシン」。この機器は、時間・時速・距離・ライバルなどを設定してトレーニングすることができる最新鋭。2人がやっているスポーツクラブならではの機器。そんな影響もあってか、カヌーをやっている会員は、中高生を中心に約30人。二本松市に合併される前の東和町(現在、DREAMがある辺り)は、20年前位にあった福島国体の影響もあって、カヌーが盛んな地域とのこと。普通よりも多いと思いますが、綾香さんいわくカヌー人口は減っているそうです。そんな事実を踏まえ、2人がやることでカヌー人口を増やしたいとの思いからカヌー連盟に登録している選手は、クラブの入会金、月学が半額というサービスをしています。

こんなジムをオープンさせて、カヌー教えとるけど、こういうのは許すんやろか?

ここに通ってる中高生をドーピング漬けにしとらんやろな。

そもそも、これって「傷害」で刑事事件になるんちゃう?

ドーピングさせられた小松選手が…

こんなツィートをしてるけど、薬物混入だけやなくて窃盗もやっとるやん。

カヌー薬物混入 鈴木康大選手が禁止薬物をライバルに混入 連盟は除名処分へ 道具盗む妨害行為も(産経新聞) - Yahoo!ニュース
日本カヌー連盟は9日、昨年9月のカヌー・スプリントの日本選手権(石川県小松市)で - Yahoo!ニュース(産経新聞)
日本カヌー連盟による調査では、鈴木選手は他のライバル選手に対しても、練習や競技で使用する道具などを盗むといった妨害行為を繰り返していたことも判明した。

8年間の資格停止やなくて、ちゃんと罰を与えるべきですな。

何にしても、こんな恥ずかしい選手を二度と出さん為にも、見せしめとして、厳しい罰を与えて欲しいもんです。


うっかりドーピング防止マニュアル 改訂版