大分県の南石垣支援学校で林郁香さんが給食を喉に詰まらせ死亡 元校長らを業務上過失致死の疑いで書類送検

シェアする




我が子を亡くした悲しみを癒やす為に「怒り」で紛らわすってのはよく分かるんやけど、こういう事が繰り返されると、こういう子供を受け入れる事が難しくなるんやけどなぁ。

まぁ、不起訴になるやろうけど、民事でもややこしい事になりそうですな。

給食中倒れ生徒死亡、元校長ら書類送検 業過致死の疑い

給食中倒れ生徒死亡、元校長ら書類送検 業過致死の疑い(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
大分県別府市の県立南石垣支援学校で2016年9月、高等部の女子生徒(当時17)が - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)
大分県別府市の県立南石垣支援学校で2016年9月、高等部の女子生徒(当時17)が給食中に倒れ、その後死亡した事故で、県警別府署は7日、当時の校長(56)ら4人を業務上過失致死の疑いで書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

ほかに送検されたのはいずれも当時の担任教諭(43)、養護教諭(49)、同(55)。同署によると、4人は16年9月15日、当時高等部生活教養科3年の林郁香(ふみか)さんが給食をのどにつまらせた際、見守りなどの義務を怠り、的確な応急措置をしなかった疑いがある。両親が17年1月に同署に告訴していた。

「見守りなどの義務を怠り、的確な応急措置をしなかった疑い」って言われても、給食時間にそこまで目を光らせてられんやろ。

そこまで求めるなら、自分が付き添いしたらええやん。

それか、喉に詰まらんように考えた弁当を持たすとか。

自分ができる事をしとらんのに、子供が死んだから学校が悪いってのは、あまりにも学校が不憫ですわ。

林郁香さんの画像

我が子が亡くなって、悲しみを怒りに変えて、告発したりするのは分からんでもないんやけど、こういう子供を受け入れてくれて、それまでは無事やったわけで、少なからず解放されてたんやから、そこは感謝するべきやと思うんやけどなぁ。

こうなるまでに、どんな過程があったか知らんのでアレやけど、そもそもが生きる能力が低いんやから、こうなる事も想定に入れておくべきなんとちゃう?

虐待とかがあって「死なせた」んやなくて「殺した」のなら訴えるべきやけど、こういうのは訴えるんやなくて、再発防止をお願いして終わるべきやと思うな。

それでなくても、それに見合った報酬を貰ってないのに、こんな事があるとモチベーションがなくなる。

そうなりゃ、成り手も少なくなって、受け入れ先もなくなるんやで。

結局、回り回って障害者を苦しめる事になるんで、気持ちは分からんでもないけど、こういう事は自重して欲しいもんですな。

何にしても、不起訴になったら、怒りを静めて和解して欲しいもんです。


特別支援学校教員という仕事・生き方―20人のライフヒストリーから学ぶ

『大分県の南石垣支援学校で林郁香さんが給食を喉に詰まらせ死亡 元校長らを業務上過失致死の疑いで書類送検』へのコメント

  1. 名前:名なしさん 投稿日:2018/05/08(火) 08:32:57 ID:71832d6fe 返信

    表面のみをみて安い言葉を並べたくだらない自己満足

  2. 名前:名なしさん 投稿日:2018/05/08(火) 08:33:55 ID:71832d6fe 返信

    人を落とすことでしか己の存在価値を見出せない人もいるからね。