樋田淳也容疑者の逃走ルートの概要が明らかに 「48日8府県1000キロ」 「日本一周」を装って自転車旅行

日本一周は達成できんかったけど、淡路島一周に四国一周は達成してるのな(笑)

完全に自転車旅行を楽しんでるやん。

スポンサーリンク

富田林逃走 自転車の旅「48日8府県1000キロ」判明

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181005-00000005-mai-soci
大阪府警富田林署から逃げたとして加重逃走容疑で逮捕された樋田淳也(ひだ・じゅんや)容疑者(30)の逃走ルートの概要が、各地の住民らへの取材で明らかになった。大阪をスポーツタイプの自転車で出た樋田容疑者は、兵庫県の淡路島を周遊後、広島からしまなみ海道で四国入りしたとされ、再び本州に戻って山口県で窃盗容疑で現行犯逮捕された。この間、「日本一周」を装って自転車旅行を続け、計8府県の走行距離は1000キロを超えるとみられる。府警は48日間にわたる逃走の経緯を調べている。

樋田容疑者は8月12日夜、署で弁護士と接見後に逃走。9月29日、山口県周南市での万引きで現行犯逮捕され、府警が翌30日、加重逃走の疑いで再逮捕した。

各地の住民らによると、樋田容疑者は8月24日、松山市の愛媛県庁を訪れ、サイクリングロードを記した地図をもらい、「日本一周中」と書かれたプレートを作ってもらった。同日、市内の自転車店を訪れ、男性店長(37)に「兵庫から淡路島を一周し、広島県尾道市からしまなみ海道で愛媛県に来た。これから四国を一周する」と話したという。樋田容疑者は自転車に荷物を積むための荷台設置を店に依頼し、逃走の長期化を見越して準備をしていたとみられる。

その後、樋田容疑者は香川県三豊市や高知県田野町の道の駅で、お遍路のような姿で旅しているのを住民らに目撃されている。8月30日夜には、高知県須崎市の道の駅で警察官から職務質問を受けたが、偽名を使用。警察官は自転車の防犯登録番号を照会せず、樋田容疑者と気付かなかった。

一方、この頃、樋田容疑者は自転車旅行中の男(44)=占有離脱物横領容疑で逮捕=と知り合い、行動をともにするようになった。

9月に入ると、愛媛県庁や自転車店を再訪して謝意を伝え、再びしまなみ海道で本州へ。広島市の原爆ドームや山口県岩国市の錦帯橋など観光地周辺で野宿していたという。

同県周防大島町では9月18日以降、9日間にわたって道の駅で宿泊し、住民から食事の提供を受けたり、素顔で記念撮影に応じたりするなど地元との交流も深めた。

樋田容疑者はブランド品のスポーツウエアに身を包み、高級なリュックサックも使用。大量の生活必需品を自転車に積んでおり、府警は逃走中に盗みを繰り返して手に入れたとみている。

だが同月29日、樋田容疑者は山口県周南市の道の駅で菓子パンなどを万引きしているのを警備員に見つかり、窃盗容疑で逮捕された。所持金はわずか280円だった。

淡路島一周は自転車で淡路島から四国に渡るルートがなかったから引き返したってのも考えられるけど、お遍路を装って四国一周してるし、愛媛県庁には2回行ってるし、どうにも逃走してるって自覚がなかったのような感じですな。

スポンサーリンク

樋田淳也は逃走中に各地で写真撮影に応じていた

こんな感じで写真撮影に応じてるし…

樋田淳也容疑者 周防大島町の道の駅「サザンセトとうわ」でピースサインで記念撮影に応じていた
逃走中やのにピースサインで記念撮影に応じてたって、見つからんようにコソコソしてるんかと思ってたら、こんなに堂々としてたんやな。 逃走犯がこんなに楽しく逃走できるって、ほんま警察ってのは何の役にも立たんのな。

ここでも取り上げたけど…

こんな写真も撮らせてる。

更に…

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181004-00000048-asahi-soci
撃したのは、高知県大川村の50代の女性。8月26日午後4時ごろ、寺の境内で日焼けした丸刈りの男と出会った。これが樋田容疑者とみられている。

男は白いTシャツにレギンス姿。女性もお遍路をしていたところだったといい、「お遍路に熱心な、今時の若者かな」と思ったという。

女性は2人と境内の休憩所で談笑した。2人は「和歌山出身で、今日偶然知り合った」と説明。樋田容疑者とみられる男は、「日本一周している。愛媛の方に向かう」などと話していたという。

女性が2人の写真を撮って、自身のフェイスブックに投稿していいかとたずねると、2人は「いいですよ」と承諾したという。

Facebookへの投稿も許してる。

断ると怪しまれるってのもあるんやろうけど、逃走犯やったら写真撮られるのって嫌なはずなんやけどなぁ。

よっぽど自信があったんか、よっぽどのアホなんか。

高知県警の警官に職質されても気づかれんぐらいやから、堂々としてたらバレへんもんなんかもな。

ちゅうか、そもそも大阪府警が樋田淳也が自転車で逃走してる可能性がある事を一言も言うてへんのが大問題ですな。

情報出すのがいちいち遅かったし。

「情報を出すと逆手に取られる恐れがある」ってな事を言うてるようやけど、警察間でも情報共有されとらんのに、そんな言い訳が通用するわけないがな。

意地でも大阪府警で捕まえる為に知ってる情報を出さんかったって見るのが自然ですな。

無能の大阪府警じゃ無理やったみたいやけど。

結果、こうやって樋田淳也に自転車旅行を満喫させたと。

何にしても、庶民いじめの交通違反の取り締まりはアホ必死にやるのに、犯罪者に対する対応がこれじゃ警察の存在意義なんかないんで、解体も含めてゼロから警察組織を作り変えて欲しいもんです。

関連記事

樋田淳也が持っていた「日本一周中」と印刷された紙は愛媛県庁の職員が作製していた 職員は本人と気づかず
高知県警が職質しても気づかんのやから、愛媛県庁の職員が気づかんのも無理ないか。 それにしても、樋田淳也のコミュ力には驚かされる。 これだけのコミュ力があって、これだけの行動力があるのに、何で犯罪者としてしか生きられんのか...
Amazon.co.jp 一般
Amazon.co.jp 一般
時事問題
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
ぶんぐのぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました