スポンサーリンク

日テレが「イッテQ!」の「橋祭り」やらせ疑惑を否定 「企画は、現地からの提案を受けて成立したもの」

TV・マスコミ・漫画・芸能関係
スポンサーリンク

「やらせ疑惑」を否定しても「企画は、現地からの提案を受けて成立したもの」って言うたら、日めくりカレンダーから無作為に選んでるってのが嘘になるんですけど(笑)

もう、素直に認めて、「これがバラエティだ」ぐらい言うた方がええんちゃう?(笑)

日テレ 「イッテQ!」“祭りでっちあげ疑惑”否定も「誤解招く表現あった」 祭り企画は存続

「イッテQでっち上げ」文春報道に日テレがコメント(18/11/08)
日テレ 「イッテQ!」“祭りでっちあげ疑惑”否定も「誤解招く表現あった」 祭り企画は存続(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
日本テレビが8日、同局の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後8・00)に - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)
日本テレビが8日、同局の人気番組「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後8・00)にでっち上げ疑惑が報じられた件について見解を発表した。番組がラオスの「橋祭り」のセットを設置したことなどは否定した上で、番組演出上「誤解を招く表現があった」とした。また、「今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します」と説明しており、企画自体は存続する。

同番組では、お笑いタレント宮川大輔(46)がラオスで「橋祭り」に参加した姿が5月20日に放送されたが、現地では「そんな祭りは存在しない」との疑問の声が上がっているときょう8日発売の週刊文春が報じている。

「橋祭り」として番組で紹介されたのは全長25メートルの細い板を自転車で回転する玉をよけながら渡る催し。ただ、週刊文春によると、日本人駐在員や駐日ラオス大使館は「橋祭り」を「聞いたことがない」という。同誌はコーヒーフェスティバルの片隅で行われた自転車アクティビティーにすぎないとし、タイ人スタッフが日本の番組に頼まれてセットを作ったという話も掲載している。

同局は「今回の企画は、現地からの提案を受けて成立したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はなく、また、番組から参加者に賞金を渡した事実もございません」と報道を否定。「現地コーディネート会社からの提案では、水の上の一本橋を自転車で渡る催しは、東南アジアのテレビ局でも取り上げられるなど各地で人気となっている催しとの事で、番組サイドでも資料映像等を確認した上で、企画決定に至りました」と説明した。

一方で「この催しについて、コーディネート会社から、ラオスでは村単位で開催されているという説明はあったものの、今回放送した会場での開催実績を十分に確認しないまま作業を進めてしまいました。結果、この会場で初めての開催であった『橋祭り』を、放送では毎年行われているかのような、誤解を招く表現となりました」とし、「この点については、番組として真摯に反省すべき点があったと考えております」と反省した。

情報・制作局長の加藤幸二郎氏は「イッテQ!はロケの失敗や不成立に関しても、隠さず見せることで、番組をより楽しんでいただけるという姿勢で制作にのぞんでいます。番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く表現があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております。今後の『祭り』企画については十分に確認の上、誤解を招く事が無いような形で放送致します。これからも視聴者のみなさまにご支持いただける番組作りに邁進する所存です」とコメントしている。


【お知らせ】 週刊文春(11月15日号)に掲載の記事について 日本テレビ pdf

事の発端は…

日テレ「イッテQ!」にラオス「橋祭り」やらせ疑惑

日テレ「イッテQ!」にラオス「橋祭り」やらせ疑惑(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きって - Yahoo!ニュース(文春オンライン)
2007年に放送を開始した日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」。番組きっての人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが「週刊文春」の取材でわかった。

同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。

だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ!」が参加したのか。それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。

《予告編》日テレ「イッテQ!」にラオス「橋祭り」やらせ疑惑

この文春砲なんやけど、ここでも「セットなどを設置した事実はありません」って否定してるけど、番組を見ると…

イッテQ❗️お祭り男宮川、橋祭りinラオス!宮川さんナイスイン後無言

どう見てもセットやん(笑)

裏の取りようがないと思って否定し続けるんやろうけど、否定すれば否定するほど矛盾点が出てくるで。

ここは、素直に認めて、「これがバラエティだ」って言い切った方がええと思うんやけどねぇ。

そういう祭りがなくても、これはこれでおもろいんやし。

何にしても、視聴者もバラエティにそこまでちゃんとしたもんを求めてないと思うし、説明で嘘をつくよりは開き直った方が良いと思います。

それで炎上しても責任は持てんけど。

TV・マスコミ・漫画・芸能関係
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント