逆ナンはあかん?| 日本神話(古事記)3

シェアする




意外に正解が多かった…今日この頃。
(*^-^*)

「読者をナメるなよ」ちゅうメールも…
(;^_^Aフキフキ

日本人やったら知ってて当然やな。

それでは前回の続き。

神様

「そら、あかんわ」
神様

「そんなん、女の方から声かけたらあかんがな。そういうもんはな、男の方から声かけるって決まっとるねん」

※古事記じゃ、鹿の骨を焼いて占った答えを言うとるんやけど、神さまやねんから何でも知っとかなあかんやろ…

ちゅう事でアレンジしてみました。
(= ̄▽ ̄=)

まぁ、日本で最初にエッチしたんがイザナギとイザナミなんやから、なんぼエライ神さまでも知らんか。

遠まわしに「逆ナン」はいかんちゅう教えなんやろな。

平安時代は逆ナンが盛んやったって言うから、その前の奈良時代も逆ナンが主流やったんやろ。

そんなこんなで、神さまに教えてもらったイザナギとイザナミはオノゴロ島に戻って、また天の御柱をグルっと回って…

イザナギ
「おぉ。めっちゃええ女やん」
イザナミ
「いやん。あんたの方こそめっちゃイケてるで」

そもそも、そんなナンパ自体がおかしいっちゅうねん。

いきなり「ホテル行かへん」ちゅうナンパが成立したら、あんた…
( ̄ー+ ̄)ニヤリ

一言目は「茶しばきに行かへん」にしとけっちゅうに。

で、言い終わった後にエッチして次々と島を産むんやな。

産んだ順は…


1.淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま)
今の淡路島


2.伊予之二名島(いよのふたなのしま)

身体が1つで顔が4つある島。顔の名前はそれぞれ


愛比売(えひめ): 伊予国
飯依比古(いひよりひこ): 讃岐国
大宣都比売(おほげつひめ): 阿波国
建依別(たけよりわけ): 土佐国

今の四国


3.隠伎之三子島(おきのみつごのしま)

今の島根県隠岐諸島


4.筑紫島(つくしのしま)

これも身体が1つで顔が4つある島。顔の名前はそれぞれ


白日別(しらひわけ): 筑紫国
豊日別(とよひわけ): 豊国
建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよじひねわけ): 肥国
建日別(たけひわけ): 熊曽国

今の九州


5.伊伎島(いきのしま)

今の長崎県壱岐島


6.津島(つしま)

今の長崎県対馬島


7.佐度島(さどのしま)

今の新潟県佐渡島(さどがしま)


8.大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま)

今の本州

最初にこの8つの島を産んだから、日本は大八島国(おおやしまのくに)って言うんやな。

続けて…


1.吉備児島(きびのこじま)

今の岡山県児島半島


2.小豆島(あづきじま)

今の香川県小豆島(しょうどしま)


3.大島(おほしま)

今の山口県周防大島


4.女島(ひめじま)

今の大分県姫島


5.知訶島(ちかのしま)

今の長崎県五島列島


6.両児島(ふたごのしま)

今の長崎県男女群島

と、次々と国を産んでいったとさ。

「国産み」の話はここまで。

次回は「神産み」の話。


ゆるゆる古事記(1)イザナギ・スサノオ編: 新解釈・現代語訳

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
ぶんぐのぶろぐの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!