日本初の結婚| 日本神話(古事記)2

シェアする

日本史、世界史を学校でやらんのやったらココでやろうかと思う…今日この頃。
(= ̄▽ ̄=)
登場人物が全員大阪弁になるけど…
(;^_^Aフキフキ
ヘタな小説読むよりおもろいと思うねんけどなぁ。

興味を持ってもらわん事には始まらんか。

それでは前回の続き。
イザナギ、イザナミの名前はさすがに知ってるやろ。

このイザナギとイザナミが、日本で最初にエッチをした神さまなんやな。
(*^o^*)
で、どういう風にプロポーズしたかっちゅうと…

イザナギ
「イザナミ、お前の身体ってどうなっとる?」
イザナミ
「ウチの身体?だいたい出来てんねんけど、チョット足りんとこがあんねん」
イザナギ
「そりゃ奇遇やな。オレの身体もだいたい出来とるんやけど、チョット余分なもんがあるんや」
イザナミ
「へぇ、そりゃ奇遇やん」
イザナギ
「そうや!!オレの余分なとこを、オマエの足りんとこに刺して、塞いで、国作ろうや!!」
イザナミ
「それ、ええなぁ」

ええんかいっ!!
~\(>。<)ドナイヤネン

もうちょっと悩めっちゅうに…

こんなすんなりいったら、少子化問題なんか起きんやろな。
(= ̄▽ ̄=)

現代でこんな事言うたらセクハラで訴えられるか、張り倒されるけど…
( ̄ー+ ̄)ニヤリ

何にしても、古事記の時代の赤ちゃんは「コウノトリが運んで来る」もんやなかったようですわ。

それで…

イザナギ
「そしたら、この天の御柱(あめのみはしら)を回って、出会ったとこで交わろうや。オレは右から回るから、オマエは左から回ってな」

何でエッチの前に、こんな面倒くさい儀式するんか分からんけど、とにかく回ってイザナミが…

イザナミ
「あら、むっちゃええ男やん」
イザナギ
「オマエこそ、めっちゃベッピンやん」

褒め殺し合戦かいな…

で、合体して子供を作ったんやけど、どうにも変な子供しか出来んのやな。

ちゅうことで、前回出て来た神さま達に聞きに行くねん。

イザナギ
「かくかく、しかじかで、変な子供しか出来んのですけど、何が悪いんですか?」

相談を聞いた神さまは…

神様
「そら、あかんわ」

即答かいっ。

何があかんのか分かる?
(・。・)?

長なったから、今日はここまで。
( ̄ー+ ̄)ニヤリ


にほんブログ村 ニュースブログへ

シェアする

フォローする