スポンサーリンク

池谷伸也被告(43)を再逮捕 幼稚園児に性的暴行後に動画を撮影し「写真をばらまく」と脅していた 今回で5回目の逮捕

スポンサーリンク

池谷伸也が前回逮捕された時に「3年前から10件近くやった」って言うてたから、こういうのがまだまだあるんやろな。

それにしても、幼稚園児に性的暴行ってだけでも考えられへんのに、それを撮影して、「写真をばらまく」って言うて脅すって…

こんなの生かしておく意味あるんやろか?

スポンサーリンク

幼稚園児に暴行、撮影し口止め 小学校入学後も続く 池谷伸也被告(43)を再逮捕

表示できません - Yahoo!ニュース
女児に性的暴行を加えたとして、警視庁は29日、住所不定、建設作業員池谷伸也被告(43)(強制わいせつ罪で起訴)を強制性交と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の容疑で再逮捕した。池谷被告の逮捕は5回目。

発表によると、池谷被告は今年3月に東京都内で、幼稚園に通う女児をアパートの階段に連れ込んで乱暴し、5月には小学生になった同じ女児に同じ場所で乱暴した上、携帯電話で女児へのわいせつ行為を動画撮影した疑い。容疑を認めているという。

池谷被告は女児の帰宅時間に待ち伏せをし、動画撮影後、「写真をばらまく」と脅して口止めしていたという。今年9月、別の保育園児に対する強制わいせつ容疑で池谷被告が逮捕され、携帯電話から女児の動画が見つかったことから被害が判明した。女児以外に少女約20人のわいせつ動画があり、警視庁が余罪を調べる。

前回の逮捕の時も取り上げたけど…

「猫がいたよ」と声をかけ保育園児にわいせつ行為をした池谷伸也容疑者(43)を逮捕 「10件くらいやった」
会社員やのに、保育園児を狙える時間に家におるってのがよう分からんな。 そもそも、保育園児が1人で帰ってるってのもよう分からんけど。

東京都西多摩郡日の出町の不審者情報

不審者・東京都・西多摩郡日の出町から探す|ガッコム安全ナビ
不審者の情報や治安情報を条件で指定して検索するページです。事件種別、エリア、不審者の特徴、キーワード、報告日時などから検索できます。
声かけ等(西多摩郡日の出町大字平井)

9月5日(月)、午後9時00分ころ、西多摩郡日の出町大字平井の路上で、生徒(女)が帰宅途中、男に体を触られました。(不審者の特徴については、犯人は年齢30歳くらいの男で、身長165センチメートルくらい、髪薄く短め、黒色サングラス・黒色半袖Tシャツ・黒色ハーフパンツを着用。
被害者の女性に対し、「お金こまっていない?」と声をかけ、逃げる被害者を追いかけスカートを掴んだため転倒した被害者のスカートをめくり臀部を1度触り、駆け足で永田橋方向に逃走したもの。)

報告日時
2016年09月06日 11:00

子ども(声かけ等)(西多摩郡日の出町大字平井)

9月7日(水)、午後5時30分ころ、西多摩郡日の出町大字平井の路上で、児童(女)が帰宅途中、男につきまとわれました。

■声かけ等の内容
・「子供だ、今だ」

(不審者の特徴については、年齢30から40歳くらいの男、白色マスク、サングラス着装、コンビニの袋所持)

報告日時
2016年09月09日 14:05

子ども(声かけ等)(西多摩郡日の出町大字平井)

10月1日(土)、午後3時30分ころ、西多摩郡日の出町大字平井の店舗内で、児童(女)が遊んでいたところ、男に体を触られました。

■声かけ等の内容
・ごめんね

(不審者の特徴については、身長160センチくらい、髪長め、グレーの長袖Tシャツ、年齢40歳から50歳くらい)

報告日時
2016年10月01日 19:45

子ども(声かけ等)(西多摩郡日の出町大字平井)

7月11日(火)、午後4時40分ころ、西多摩郡日の出町大字平井の公園内で、児童(女)が遊んでいたところ、男に声をかけられました。

■声かけ等の内容
・すごいね
・おうちどこ

(不審者の特徴については、男は、年齢40歳代から50歳代くらい、身長170センチくらい体格中肉、めがね無し、短髪で頭に白いタオルを巻き、白色半そでTシャツ、黒色半ズボン)

報告日時
2017年07月11日 20:30

ざっと調べただけでもこれだけあったわけで、今回の逮捕で5回目って事やけど、これは司法の責任もあるんちゃう?

軽い罰ですぐに釈放するからこういう事になるし、更生プログラムとやらも機能してないって事の証。

現状の法体系で再犯を防がれへん以上、新たな法律をつくる必要がある。

何度も書いてるけど、日本も…

ミーガン法

ミーガン法 - Wikipedia
ミーガン法(Megan’s Law)(ミーガンほう)は、本来1994年にアメリカのニュージャージー州で成立した性犯罪者情報公開法[1]の俗称である。被害者女児の名を由来としている。その後他州や連邦レベルでも類似の法律が制定されるようになり、現在ではこれらを含めアメリカの性犯罪者情報公開法を一般的にミーガン法と呼ぶことが多い。一般に性犯罪者とよばれる人々をさまざまなメディア、場合によってはインターネット上に公開して身元を特定することを司法権力に要求するものである。

概要
性犯罪で有罪になった者が刑期を終えた後もその情報を登録し、一般に公開する制度を規定している。

内容は各州によって差があるが、出所(仮釈放)時や転入・転出に際して、住居周辺の住民への告知が行われる。住居に性犯罪歴があることを示すしるしを掲げるよう求めている州や、累犯者に対してホルモン療法を強制する州もある。

犯罪者の社会復帰を妨げているとの批判もあるが、ミーガン法の存在によって再犯が促されるというような事実はない。その一方でミーガン法が性犯罪の抑止や再犯防止に役立っているという事実もない。憎悪から住民が出所者に危害を加えうるのではないかという指摘があり、実際に性犯罪の前科を持つ者が暴行を受けたりしている被害については、世論として自己責任の範囲内であり犯罪抑止力であるととらえられている。

目的
この法の特徴とは、釈放された性犯罪者たちのあらゆる住所を地方の警察組織に知らせることである。この要求は犯罪者たちに一生にわたって課されることもあれば、最低10年ほどの期間であることもあり、州や罪の重さによって異なる。

このような法律を持ついくつかの州においては、被害者が子供であろうとなかろうとあらゆる性的暴行の加害者が住所を申告しなくてはならない。またいくつかの州では特定のタイプの性的暴行に限られる。カンザス州では法的要求を同性愛あるいは同意に基づく同性愛に拡大し、2003年6月にそのような法律は違憲であるという判決が連邦最高裁によって下された。

こういう法律を導入してGPSで居場所を特定できるようにするべきやし、場合によっては物理的、化学的な去勢も検討するべき。

個人的には女児に対しての性犯罪で5回も逮捕されてるような奴は生かしておく必要はないと思うけど。

何にしても、「犯罪者の人権」よりも地域住民の安全の方が優先されるべきで、特に子供を性犯罪者から守るってのは絶対的に優先されるべき。

こんなのを何度も繰り返させてるのは、国会議員が仕事をしてない表れなんで、ちゃんと仕事して、再犯防止の為の対策をして欲しいもんです。

性犯罪・わいせつ関連
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました