スポンサーリンク

「ネバーランド難波パークエアー」3階から中田快音ちゃん(2)が転落して死亡 母親「しつけでベランダに出していた」

スポンサーリンク

2歳児に片付けは無理やろ。

しかも、しつけでベランダに出すって…

そんな事すりゃ、こうなるって事を想像できんかったんかね。

こういう事故のニュースは度々あるのに。

スポンサーリンク

2歳児死亡 3階から誤って転落か 母「しつけで外に」

表示できません - Yahoo!ニュース
大阪府警は5日、大阪市浪速区塩草1丁目のマンション敷地内で、3階に住む男児(2)が頭を強く打って倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡したと発表した。母親(36)は「おもちゃを片付けず、しつけでベランダに出していた」と話しているという。府警は、男児が自宅ベランダから誤って転落したとみて経緯を調べている。

浪速署への母親の説明によると、男児をベランダに連れ出したのは3日午前11時40分ごろ。「家族で遊びに出かける時間になってもおもちゃを散らかしたままだったため、しつけるつもりだった」と話しているという。男児の声が急に聞こえなくなって様子を見たところ、約9メートル下の敷地に倒れていたため、母親が同55分ごろに119番通報。男児は搬送されたが、5日に死亡した。

ベランダの手すり壁は高さ約1・2メートルで、手前に水槽などが置かれていた。署は男児がこれらを踏み台にして転落した可能性が高いとみている。男児は両親と兄(8)との4人暮らし。父親(36)は外出中で、兄は室内にいた。

映像ニュースはコチラ

表示できません - Yahoo!ニュース

転落現場は大阪市浪速区塩草1丁目の「ネバーランド難波パークエアー」

この画像から

【東急リバブル】ネバーランド難波パークエアー
ネバーランド難波パークエアーの概要です(6枚の画像あり)。所在地は大阪府大阪市浪速区塩草1-1-78(関西本線「JR難波」駅 徒歩6分)。ネバーランド難波パークエアー周辺(約1km圏内)のマンションも一緒にチェックできます。ネバーランド難波パークエアーのご購入・ご売却をご検討のお客様は、東急リバブルへおまかせください。...

大阪府大阪市浪速区塩草1丁目1−78の「ネバーランド難波パークエアー」と。

それにしても…

母親(36)「おもちゃを片付けず、しつけでベランダに出していた」

しつけでベランダに出すってなぁ。

しかも、水槽を置いてるのに。

何でこうなる事を想像できんのやろね。

こういう転落事故のニュースも度々あるのに。

そもそも、2歳児に片付けは無理やろ。

第一次反抗期「魔の2歳児」とは?どんな特徴がある?

第一次反抗期「魔の2歳児」とは?どんな特徴がある?どう対応する? - こそだてハック
子供が2歳になった途端に、「お着替えイヤ」「靴履くのイヤ」となんでもかんでもイヤイヤされることがあります。これはまさに「魔の2歳児」と呼ばれる反抗期で、第一次反抗期ともいわれています。この第一次反抗期「魔の2歳児」とは何なのでしょうか?今回は2歳児の反抗期についてご紹介します。 第一次反抗期「魔の2歳児」とは
子供が2歳になった途端に、「お着替えイヤ」「靴履くのイヤ」となんでもかんでもイヤイヤされることがあります。これはまさに「魔の2歳児」と呼ばれる反抗期で、第一次反抗期ともいわれています。この第一次反抗期「魔の2歳児」とは何なのでしょうか?今回は2歳児の反抗期についてご紹介します。

第一次反抗期「魔の2歳児」とは?

反抗期とは子供が心身ともに成長し、自我が芽生えることで反抗的になる時期のことです。

子供は生涯を通して2回反抗期を迎えるとされており、1歳半~2歳ごろから始まり4歳ごろに落ち着く第一次反抗期と、中学生ごろから始まり16歳ごろにおさまる第二次反抗期があります。

第一次反抗期は2歳のときにピークを迎えることが多く、自立心が強くなった子供が何に対しても「イヤ!」と反応することから「魔の2歳児」と呼ばれています。

第一次反抗期「魔の2歳児」の特徴は?

歳になると、ある程度言葉が話せるようになり、自分の感情を言葉で表現しようとします。しかし感情をきちんと伝えられるほど言語能力が発達していないため、上手く親に自分の気持ちを伝えられません。

そうするとそのもどかしさがイライラに変わり、何に対しても拒否したり、抵抗したりするようになるのです。

この第一次反抗期の頃は、自立心が生まれ、自分一人でやりたいという欲求が高まる時期でもあります。しかしなかなか上手くできず、またイラ立ち、周りの大人に対して反抗的な態度をとるようになります。

つまり魔の2歳児の反抗的な態度は、「自分がしたいこと」と「自分ができること」のギャップから生じるフラストレーションによって引き起こされているといえます。

「魔の2歳児」って呼ばれる時期なんやし。

厳しく育てようと思ったんやろうけど、死んでもうたらどうにもならんやん。

ちゅうか、これは「しつけ」やなくて「虐待」になると思うけど。

何にしても、子育ての方針とかストレスとか色々あるとは思うけど、こうなってしまったらどうにもならんので、常に最悪の事を想定して、子供の命を守ってあげて欲しいもんです。

事故・交通違反
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント



テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました