スポンサーリンク

「柔道男子金メダルゼロ」は、むしろ喜んだ方が良いと思う

スポンサーリンク

「柔道男子金メダルゼロ」は、むしろ喜んだ方が良いと思う…今日この頃。

「喜ぶ」っちゅうと、ちょっと語弊があるけど、「お家芸やから…」とか「発祥国やから…」とかで、「絶対金メダルを取らないといけない」「金メダル以外はメダルじゃない」っちゅうのから、これで解放されるやろ。

ちゅうか、「柔道」が「Judo」になったとはいえ、日本が金メダル取れんって事は、世界がそれだけ強いって事で、それだけ世界に普及してるって事の裏返し。

日本の文化が世界に浸透しとるんやから、それはそれでええ事やがな。

それに、「発祥国」がどうのこうのって言い出したら、イギリスはどうするねん。

卓球にテニス、サッカーにラグビー、ゴルフなどなど、ほとんどのスポーツはイギリス発祥。

発祥国やからってずっと強いわけやないねん。

「発祥国」のプライドを維持したいなら、テニスのウィンブルドンみたいな聖地を日本に作りゃええねん。

武道館でもええし、そこで勝つのが一番の栄誉みたいな場所をな。

ちゅうか、金メダルに拘るなら、北京五輪で石井慧が見本を見せとるがな。

あの時だいぶ批判されとったけど、今の「Judo」で金メダルを取るにゃああいうやり方しかないと思う。

あれを見てて面白いとは思わんけど…

個人的には、負けても負けても日本柔道を貫いて、一本を取りに行く柔道に拘って、それでもチャンピオンに返り咲くっちゅう方が良いと思う。

ちゅうか、今の「Judo」は見るに耐えん。

有効を取りに行って、あとはかけ逃げで時間稼ぎ。

それが勝つ為の最善策とはいえ、見てて面白くない。

個人的には、野村とか女子の谷本みたいな一本背負いでの一本勝ちが見たい。

それがないなら、勝ち負けはどうでも良いです。

まぁ、観客の為にオリンピックがあるわけやないんで、日本柔道界が勝つ為にそれを選択するなら、それはそれでありやし、それは日本柔道界が決める事。

そういう事も含めて、考えるええ機会をもらったって思ったら金メダルゼロも悪い事やない。

あんまりバッシングせんと、暖かく迎えてやって欲しいもんです。

それにしても、金メダルはゼロでもメダル総数はいつもと変わらんのやし、そういう面から見たら、今更批判するのもどうなんやろね。

凋落は今に始まった事やないわけで、むしろ今回もいつもと同じ結果。

ただ、金がなかっただけの事やん。

ちゅうか、柔道は金を取って当たり前って意識が強いから、他のスポーツと違ってメダルを取っても報奨金がない。

「カネの為にやってるわけじゃない」って言うんやろうけど、選手にしても生活もあるし、全てをなげうってやっとるのにメダルを取っても生活の質が変わらんのじゃ、打ち込みたくても打ち込めんやろ。

柔道に限らずスポーツ選手の現役中のサポートやら、引退後のサポートやら、「メダル、メダル」って言うなら、もっと税金の支出も含めて考えてやらんとな。

スポーツしかやった事ないのに、その後の人生は、勝手に生きろって社会に放り出すのって、あまりにも酷い話やで。

マイナーな選手は、現役中も自己資金でやらなあかんしなぁ。

これだけ夢や感動を与えてくれとるんやから、生活保護に3兆円も使うカネがあるなら、スポーツ選手にもう少しあげてやって下さい。


ニッポンはどうすれば勝てるのか?

オリンピック・スポーツ関係
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。