スポンサーリンク

auの解約金訴訟で違法性が認められた

スポンサーリンク

auの解約金訴訟で違法性が認められた…今日この頃。
/(-_-)\ ウ~ン

auの割引きプランで、中途解約すると1万円請求されるのは、消費者契約法に違反して無効っちゅう判決なんやけど、これって「2年縛り」の事やろ?

同じ裁判をドコモもやられてたけど、こっちは「条項は有効」って判決やったのに何が違うんやろな。

どっちも同じ京都地裁やのに。

まぁ、個人的には「中途解約」は、関係ないんでどうでもええんやけど、こういう新規契約者を釣って、2年縛るっちゅうのに力を入れんと、もっと長期契約者にメリットよこせっちゅうの。

コロコロ変えた方が得するようになってるのは、どう考えてもおかしいやろ。

まぁ、「悔しかったら変えたらええがな」って言われて終わりやけど…

とにかく、これが違法になると、これからはこういう戦略は取れんようになるんで、長期契約者に対してメリットが出るようになる事を期待して…

「もっとやれ」って事で(笑)

ここ5年ぐらいキャリアを変えるどころか、機種も変えた事ないねんな。

昔は、新機種が出る度に変えてたんやけど、何か面倒臭いねんなぁ。

別に支障もないし、新機能に興味もないしで、放ったらかしにしてたら5年経ってたって感じなんやけど…

とある事情でiPhoneを買ったけど、それ以外は、携帯環境は全く変わっとらんな。

ツレから、「ようそんな古い携帯使ってるな」って言われたけど…

まぁ、携帯を変える以前にもうちょっと外に出なあかんな(笑)

何にしても、長期契約者にも何か施しをお願いします。


どうにも納得できない値段のカラクリ – たとえば、携帯電話をタダ同然で売っているのはなぜ?

インターネット・スマホ・携帯
スポンサーリンク
ぶんぐをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
ぶんぐのぶろぐ

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました